- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

西岡良仁 1回戦で完敗

男子テニスツアーの下部大会、OECカオシュン・チャレンジャー(台湾/ カオシュン、賞金総額12万5千ドル、ハード)は15日、シングルス1回戦が行われ、西岡良仁(日本)は第5シードのA・クドリャフツェフ(ロシア)に0-6, 4-6のストレートで敗れ、初戦敗退となった。

この試合、西岡良仁はクドリャフツェフに14度のサービスエースを決められ、5度のブレークを許し56分で敗れた。

西岡良仁は6月に行われた札幌国際オープンテニスで内山靖崇(日本)を破り優勝した後の大会出場だった。

《西岡良仁優勝の記事はこちら》

また同日行われたシングルス1回戦で日本人選手は第4シードの杉田祐一(日本)ナム・ジソン(韓国)を6-4, 6-2で下し、仁木拓人(日本)がI・クレック(スロバキア)を2-6, 7-6 (9-7), 6-4で下し、近藤大生(日本)がC・ホー(台湾)を3-6, 6-1, 6-2で下し、竹内研人(日本)がI・アレナス=ガルダ(スペイン)を6-1, 6-0で下し2回戦進出を決めた。

2回戦で近藤大生は第6シードのM・キウディネッリ(スイス)、仁木拓人はクドリャフツェフ、竹内研人は第8シードのD・モルチャノフ(ウクライナ)、杉田祐一はL・ファン(台湾)と対戦する。

松井俊英(日本)関口周一(日本)井藤祐一(日本)は1回戦敗退となっている。


■関連記事■ 

・添田 豪 2回戦は日本人対決
・錦織 圭「メンタル強くない」
・錦織 チャンと練習再開
・錦織 変わらずトップ10までわずか
・伊藤 竜馬 1回戦は第5シード


■関連動画■ 

・"戦争をやめてテニスをしよう"慈善活動を行うクレシを特集!
・フェデラーが得意の芝で連覇達成!
(2014年7月15日21時31分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!