- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織圭 敗因は心の問題

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は26日、男子シングルス1回戦が行われ、第9シードの錦織圭(日本)が世界ランク59位のM・クリザン(スロバキア)に6-7 (4-7), 1-6, 2-6のストレートで敗れ、2回戦進出を逃した。

両者は今回が初めての対戦となり、錦織とクリザンの対戦成績は錦織からみて0勝1敗となった。

この試合、錦織は試合を通して10本のダブルフォルトを犯し、ファーストサービスが入った確率が50パーセントとなっていた。また、クリザンのサービスゲームを2度ブレークするも、それを上回る6度のブレークを許して1時間57分で敗退した。

・錦織、1回戦敗退

試合前のインタビューでは、怪我について「100パーセントの状態ではないけれど、頑張ります」とコメントしていた。

今大会の解説を務める松岡修造(日本)は、錦織の1回戦について「今日の試合は絶対に勝たなきゃいけなかった。第1セットをクリザンに取られても、錦織選手のテニスをしていれば問題ないと思っていた。第2セットの第2ゲーム目、これがすべてだったと思う。急にミスが出始めたが、そのミスも集中力をなくしたミスだった。」

「第1セットを先取されても、錦織選手の方が有利だった。圭がグランドスラムで勝ちたければ、変わらなきゃダメです。タフにならなきゃダメです。」

「今回の敗退は心の問題。それを言えるのはM・チャン(アメリカ)だけ。今回あったことを一つ一つ積み上げていって、全て積み上がった時に世界のトップ、グランドスラム優勝できる選手になる。」とコメントした。

昨年の同大会で錦織は、4回戦でナダルに敗れるも、日本人男子で75年ぶりの全仏オープンベスト16入りを果たしており、今回1回戦で敗れているため、大会後に発表される世界ランキングは下がる可能性がある。

錦織に勝利した24歳のクリザンは、2回戦でR・ハーセ(オランダ)N・ダビデンコ(ロシア)の勝者と対戦する。

(コメントはWOWOWから抜粋)


■関連記事■ 

・錦織「100%ではない」
・錦織「最高に最高に悔しい」
・錦織、7度目の挑戦も敵わず悔しい準優勝
・錦織圭「苦手意識がなくなってきている」


■関連動画■ 

・錦織を破ったクリザンが優勝!
・トップ選手が太鼓判を押すジュニア王者!

(2014年5月26日23時15分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!