- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

エース“バリー”が30歳の若さで亡くなる

女子テニスで元イギリスのエースで“バリー”の愛称で親しまれていたE・バルタチャ(英国)が3日の早朝、祖国イギリスで肝臓ガンのため30歳の若さでこの世を去った事が、女子プロテニス協会の公式サイトで伝えられた。

ウクライナの首都であるキエフ生まれのバルタチャは、家族や友人が見守る中、安らかに永眠した。

バルタチャは地元で開催された2012年ロンドン五輪にはイギリス代表として出場したものの、昨シーズンは怪我に泣かされシーズン終了の11月に現役引退を表明した。

その数週間後には、コーチでもあり長年交際を続けていたニノ・セヴェリーノ氏と結婚式を挙げていた。そんな彼女が肝臓ガンの宣告を受けたのはその直後、今年の1月だった。

「美しく才能溢れ、聡明なバリーを失った事に言葉もなく悲しみに打ちひしがれています。彼女は素晴らしい女性で、その感動を与えるような精神と、温かさ、そして優しさで多くの人々へ感銘を与えていました。」と、パートナーのセヴェリーノ氏は悲しみに暮れた気持ちを語っていた。

バルタチャは一流のスポーツ一家に生まれた。父のセルゲイ氏はウクライナとイギリスでサッカー選手として活躍。1980年のモスクワ五輪にはソビエト連邦代表として出場し銅メダルを獲得していた。母のオルガも5種競技の選手としてソビエト連邦代表選手として活躍していた。

バルタチャは19歳の時に肝臓疾患であると診断され、その後は投薬治療と血液検査を受けながらプロとしてツアーを回っていた。

「エレーナ(バルタチャ)の生涯は簡単なものではありませんでした。そして彼女は常にその強さを見せてくれていましたし、ユーモアのセンスや不屈の精神を常に持っていた女性でした。」と、女子プロテニス協会のステイシー・アラスター会長はコメントした。

彼女の自己最高ランキングは2010年9月に記録した49位で、2002年のウィンブルドン、2005年と2010年の全豪オープンで3回戦進出がグランドスラムでの最高成績だった。昨年は足首の怪我のため満足にツアーを回れず、その結果11月に現役生活にピリオドを打った。その後は若手育成に力を注いでいた。

「私達はイギリス・テニス会の中心から明るい光を失ってしまいました。」と語るのはイギリス女子フェドカップ監督のイアイン・ベイツ氏。「これからも心に留めておきたいたくさんの思い出があります。しかしこの出来事はイギリス・テニス界と世界の女子テニス界の間に大きな溝を築く事になりました。このニュースがどれほどの悲しみかを言葉では表す事が出来ません。」

バルタチャはすでに6月にテニスのチャリティ・イベントの開催を予定していた。そのイベントは『ラリー・フォー・バリー』と称するもので、ガンを専門に治療している病院とバルタチャ自身のテニス・アカデミーへの基金を募るもの。それには子供の頃から親交のあるA・マレー(英国)や、M・ナブラチロワ(アメリカ)T・ヘンマン(英国)らも参加を予定している。

「バリーは非常に思いやりのある人間で、常に他人を優先にしていて、温かく楽しい女性でした。彼女が去りながらも後世へ残してくれた素晴らしい実績は、『エレーナ・バルタチャ・アカデミー・オブ・テニス』と言う、彼女が心から愛したテニスを貧しい子供達にも教えたいと思い創設したアカデミーです。」とアラスター会長は、バルタチャの生前の意思を代弁していた。

また現在開催中のムチュア・マドリッド・オープンでは5日、バルタチャへの追悼式を行った。

(2014年5月7日2時04分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

10月28日

マレー 敗退も「もっと勝てる」 (12時26分)

ベレッティーニ 逆転勝ちで8強 (11時30分)

ダニエルと伊藤 CHで対戦へ (10時43分)

ルブレフ 3週間ぶり白星で8強 (9時15分)

日本勢対決制した穂積ペアが4強 (8時09分)

マレー 18歳にリベンジ許し敗退 (7時24分)

10月27日

シャポバロフ逆転で8強へ (21時48分)

カリーニナ 完勝で8強入り (20時28分)

西岡良仁「今年は難しい年」 (18時18分)

ルブレフ/ハチャノフ 8強入り (18時08分)

フリッツ 快勝で初戦突破 (17時23分)

わずか47分で勝利し初戦突破 (16時53分)

ブブリクがエース数首位 25日付 (16時13分)

加藤未唯組 熱戦制し8強入り (15時48分)

今季シングルス50勝目を達成 (14時09分)

マレーとアルカラスが激突 (14時02分)

マクドナルド 2回戦進出 (12時11分)

YouTube 伸縮式シングルスポールとは (12時06分)

全米OP女王 激闘制し逆転勝ち (11時41分)

ズベレフ 12本エースで快勝 (9時57分)

錦織圭 手に入れた新車を公開 (8時48分)

5ゲーム連取で快勝し初戦突破 (7時58分)

チチパス、ディミとの熱戦制す (7時25分)

10月26日

西岡、予選突破も1回戦敗退 (22時12分)

【1ポイント速報】西岡vsファン・デ・ザンスフルプ (21時06分)

イヴァシカ 快勝で初戦突破 (20時35分)

デ ミノー 元5位にストレート (19時24分)

世界43位 熱戦制し初戦突破 (18時44分)

18歳アルカラス勝利 マレー戦ヘ (18時01分)

日本勢獲得賞金 錦織と大坂首位 (15時55分)

ムグルサら3選手が最終戦出場へ (14時01分)

21歳コルダ 快勝で初戦突破 (12時20分)

シナー 今季獲得賞金が約2億円に (11時27分)

最終戦ランク混戦、残りは2枠 (10時32分)

ベレッティーニ 最終戦出場確定 (8時40分)

マレー 世界10位との激闘制す (7時29分)

10月25日

西岡、1回戦は世界69位と (23時10分)

西岡良仁、接戦制し本戦出場 (21時00分)

大坂なおみ、変わらず10位 (20時50分)

【1ポイント速報】西岡vsキツマノビッチ (17時00分)

錦織ら日本勢 25日付世界ランク (16時23分)

チチパス、ズべレフら 複参戦 (15時54分)

ティアフォー 逆転勝ちで本戦へ (15時17分)

完勝でツアー初V「うれしい」 (15時02分)

大逆転で優勝「諦めなかった」 (14時06分)

錦織 1つ上げて48位に浮上 (13時24分)

復帰マレー「誇りに思う」 (13時10分)

19歳ムセッティ 初の最終戦へ (11時32分)

地元Vでツアー2勝目「夢」 (10時40分)

西岡良仁「感覚掴めてきた」 (8時10分)

20歳シナーが今季4勝目達成 (7時18分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!