- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

プロ転向の志賀が初優勝<筑波大学国際テニストーナメント>

男子テニスツアーの下部大会であるITFフューチャーズの筑波大学国際テニストーナメント(茨城/筑波、賞金総額1万ドル、ハード)は大会最終日の5日、単複の決勝が行われノーシードの志賀正人(日本)が第5シードの仁木拓人(日本)に3-6, 7-6(7-4), 6-3の逆転で勝利し優勝をおさめた。

今月プロ転向をした志賀は、準々決勝で昨年準優勝の岡村一成、準決勝では第3シードの吉備雄也(日本)を下して勝ち上がり、決勝では前週の甲府国際オープンで優勝をおさめた仁木を破ってフューチャーズ大会でのシングルス初タイトルを手にした。
志賀はダブルスでは昨年の同大会で近藤大基(日本)と組み初優勝を挙げている。

一方の仁木は、3月から4週連続で開催されている大学主催のフューチャーズ大会のうち、甲府国際で優勝、亜細亜大国際と筑波大国際で準優勝と、計3度ファイナリストになった。

また今大会では、筑波大学2年生の豊野潤也が第2シードの松井俊英(日本)を破り8強入りをする活躍をみせ、筑波大学生として大会史上初のATPポイントを獲得している。


志賀はツアー下部大会で単初優勝
画像提供:筑波大学国際テニストーナメント


同日に行われたダブルス決勝では、第1シードの片山翔(日本)/佐藤文平(日本)組が第4シードのD・リー(韓国)/F・ティアニー(ニュージーランド)組を6-4, 6-4で下し、今大会を1セットも失わずに優勝を決めた。
片山/佐藤組は、前々週の早稲田フューチャーズに続き今年2度目のタイトル獲得となった。


■関連記事■

《大学生豊野、4強入りならず<筑波大学国際テニストーナメント>》

《片山/佐藤組が連覇達成<早稲田大学フューチャーズ>》

《仁木拓人は3年ぶり優勝ならず<亜細亜大学国際オープン>》

《第8シードの井藤がシングルスを制す◇筑波大学国際テニストーナメント》
(2014年4月6日10時44分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!