- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「最高の選手ではない」セリーナ、生涯獲得賞金50億円超える<チャイナ・オープン女子>

女子テニスで世界ランク1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)が、今シーズンを世界1位で終了する事が決まるも、自分はまだ史上最高の選手ではないと自身について語った。

先週の木曜日に32歳の誕生日を迎えたセリーナは、今季この大会まで67勝4敗と他を圧倒する成績を収め、全仏オープンと全米オープンを含む自己最高となる9大会で優勝を飾ると同時に、910万ドル(約9億1,000万円)の賞金を獲得している。

今年2月に行われたドーハ大会での準優勝後には、2009年以来となる世界ランク1位への返り咲きに成功。その時31歳だったセリーナは、コンピューター・ランキング・システムが始まった1975年以降最年長での世界1位の選手となっていた。

現在、中国の北京で行われているチャイナ・オープン女子に第1シードで出場しているセリーナは、先週金曜日の記者会見で年末の1位の座が確実になった事を聞かれたものの、自分は史上最高の選手ではないと答えていた。

「私は最高の選手ではない。まだ現役を続けているし、記録に挑戦しているところ。S・グラフ(ドイツ)C・エバート(アメリカ)M・ナブラチロワ(アメリカ)M・コート(オーストラリア)のような選手が最高の選手だと思う。」

「多分、トップ5には入るかもしれない。でも、絶対に1番ではない。自分としては、その素晴らしい選手達のリストに名前を入れてもらえるだけでも光栄な事。」と謙虚に語るセリーナは、年間獲得賞金も自身初となる900万ドルを超え、生涯獲得賞金も5,000万ドル(約50億円)を突破した。

現地日曜日に行われたチャイナ・オープン女子1回戦で、セリーナはE・ヴェスニナ(ロシア)を6-4, 6-2のストレートで下し、幸先の良いスタートを切った。

試合後にセリーナは「目標を持っていたいと強く思うし、常に目標は持っている。自分が世界1位だろうと10位だろうと、対戦相手はいつもレベルを上げて向かってくる。でも、それは良い事。毎年自分のプレーを向上させられている1つの理由でもあると思うから。」

「それに先を見ないようにしてる。常に目の前の試合だけを考えている。だから、次の対戦相手が誰であろうとも、その選手を警戒している。だって、勝つかもしれないけど、負けるかもしれないからね。そういう思いで、いつも試合に臨んでいるわ。」

そして、再び史上最高の選手について問われると「プロとしてキャリアを始めた時は、最高の選手は誰かという話題に自分の名前があがるなんて考えてもいなかった。」

「もちろん、世界1位になりたいと思って戦ってきたけど、そんな事はほとんど考えていなかった。ただ、その瞬間をエンジョイしようとしていただけ。」と、自身のテニス人生を振り返っていた。

続けて「グランドスラムで優勝するたびに、同時に楽しんでもいた。どうしてこんなに勝てるかっていうと、そんなにプレッシャーを自分自身にかけないでいるからだと思う。でも、もっと勝てるようにベストは尽くす。ただただベストを尽くすのみ。」と、どの試合にも本気で臨もうとしている事を明かした。

現地火曜日に行われた2回戦でも主催者推薦のF・スキアボーネ(イタリア)を6-4, 7-5のストレートで下したセリーナは、来月行われるツアー最終戦のBNPパリバWTAチャンピオンシップスの大会期間中に、今シーズンを世界ランク1位で終える事を称えるトロフィーの授与式が催される。

これでセリーナは、2002・2009年のシーズンに続いて、世界1位でシーズンを終える3度目のシーズンとなった。

これまで17度のグランドスラム優勝を含むキャリア55度のツアー優勝を誇るセリーナ。この成績もまだまだ更新して、世界のトップの座をどこまで維持するかに注目が集まる。


■関連記事■

《女王セリーナ2連覇達成「愛を感じてプレーした」、準Vアザレンカ「厳しい敗北」<全米オープン>》

《セリーナ、11年ぶりの優勝「信じられない、もう1度優勝したいわ」<全仏オープン>》

《クルム伊達は世界1位セリーナに脱帽「格が違う」<ウィンブルドン>》

《若手ブシャール、シャラポワと比べられ「認められるようになりたい」<東レPPO>》


■関連動画■

《歴代のスター選手が集結、WTA女子ツアー設立40周年パーティー(前編)!WTA女子ツアーマガジン Vol.7》

(翻訳・記事/弓削忠則)
(2013年10月2日11時16分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

7月23日

ズベレフ 初戦は前週Vジャリー (18時52分)

ディミトロフ 亡き恩師へ感謝 (15時21分)

ヴェセリ、ガルビス撃破 (14時43分)

19歳ポピリンが初戦突破 (12時45分)

ガリン 4大会連続の初戦敗退 (12時02分)

「期待されていない」とソック (11時26分)

錦織 最終戦ランクは6位 (10時33分)

7月22日

四大大会複3勝マクナマラ死去 (19時32分)

錦織7位 22日付日本勢ランク (17時08分)

ジャリーが初V「うれしい」 (16時02分)

大坂2位 22日付のランク (14時25分)

20歳新鋭、圧勝で初V (13時01分)

錦織7位 22日付世界ランク (10時57分)

悲願の初V「記憶に残る」 (9時03分)

イズナー 2年ぶり4度目V達成 (7時49分)

7月21日

MP2本しのぎ激闘の末V (18時00分)

元世界2位 最終戦について語る (17時06分)

キャリア7度目Vへ王手 (14時35分)

けがと出産乗り越え決勝進出 (14時07分)

イズナー 4度目Vへ王手 (13時03分)

ハンブルグ ドロー発表 (12時04分)

元引退選手に敗れ決勝ならず (11時02分)

ジャリー 快勝で決勝進出 (10時15分)

7月20日

BIG3がトップでいる理由 (18時03分)

20歳新星に敗退で4強逃す (16時29分)

「今大会でベストな試合」 (14時26分)

元女王 コーチ関係解消を発表 (13時35分)

祖父の記録目指し4強入り (12時21分)

ジェレ 辛勝で初の4強入り (11時37分)

ガスケ 激闘の末に4強ならず (10時48分)

イズナー 逆転で5度目の4強 (10時08分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!