- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

添田豪と伊藤竜馬が本戦に王手、添田は202位と<全米オープン>

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は22日、予選第17シードの添田豪(日本)伊藤竜馬(日本)が予選2回戦に勝利し、予選最終となる3回戦に駒を進めた。

添田豪と伊藤竜馬はあと1試合勝利すると、3年連続となる全米オープン本戦出場が決まる。

予選1回戦でA・クライチェック(アメリカ)をストレートで下し初戦突破を果たしていた添田豪は、M・メシール(スロバキア)に対して1度のブレークポイントも与えず、7-5, 6-3の完勝を果たした。

勢いに乗る添田豪は予選3回戦で、世界ランク202位のJ・ヘルニチ(チェコ共和国)と対戦する。

一方、伊藤竜馬はこの日の予選2回戦で、L・ロシェット(フランス)からブレークをなかなか奪えず苦戦するも、6-3, 7-6 (7-0)のストレート勝ちを収めて予選最終に駒を進めた。

予選3回戦で伊藤竜馬は、世界ランク153位のF・ダンチェビッチ(カナダ)と同214位のPH・ハーバート(フランス)の勝者と対戦する。

また、守屋宏紀(日本)は世界ランク213位のM・テイシェイラ(フランス)に対して1度もブレークを成功出来ず0-6, 4-6のストレートで完敗し、予選2回戦敗退となった。今年2度目の全米オープンとなっていた守屋宏紀だったが、昨年と同様に予選を勝ち抜いての本戦入りとはならなかった。

全米オープンのシングルス本戦では対戦表が発表され、錦織圭(日本)は大会自己最高となる第11シードでの出場で、1回戦は予選勝者と対戦することが決まっている。

《全米オープン 対戦表》


■関連記事■

《錦織、フェデラーと対戦する可能性も<全米オープン>》

《添田豪、本戦へ向け好スタート<全米オープン>》

《伊藤竜馬と杉田 祐一の日本勢対決ならず<全米オープン>》

《守屋宏紀が初戦突破、添田らは明日初戦<全米オープン>》

(2013年8月23日11時13分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!