- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

シャラポワが第8シード下し、通算28勝目飾る◇BNPパリバ・オープン女子

女子テニスツアーのBNPパリバ・オープン女子(アメリカ/カリフォルニア州インディアンウェルズ、ハード)は、シングルス決勝戦が行われ、第2シードのM・シャラポワ(ロシア)が第8シードのC・ウォズニアキ(デンマーク)を6-2, 6-2のストレートで下し、今季初優勝すると同時に、通算28勝目を決めた。

トロフィー贈呈の場で、シャラポワは「このような瞬間があるからテニスをしている。このスポーツをする機会に恵まれて、私たちは幸運ね。アスリートとして最も大切なのは、健康でいる事。皆さんからのサポート、そしてチャンピオンになれる事、これがテニスを特別なものにしていると思う。」と、話した。

また、シャラポワは「キャロリーン(ウォズニアキ)におめでとうと言いたい。今大会では素晴らしいプレーをしていた。彼女がいいプレーをしている事は嬉しいわ。」と話し、対戦相手を称えた。

現在の世界ランキングを3位としているシャラポワは、準決勝での勝利により、最新の世界ランキングでは2位にランクを戻す。

一方、決勝ではシャラポワの勢いに手も足も出なかったウォズニアキは「私にとって素晴らしい大会になった。この大会で決勝に進んだのは3度目。2年前には優勝している。この大会の雰囲気はとてもリラックスしているから、いつも楽しくプレーが出来る。また観客の皆さんも素晴らしく、私たちを常にサポートしてくれる。」と、語った。

加えて、ウォズニアキは「今日のマリアは本当に素晴らしかった。私よりもいいテニスをしていた。だから、祝福の言葉を贈りたいわ。来週のマイアミ大会ではリベンジ出来たらと思う。共に決勝まで進めたらいいわね。」と、コメント。

2006年の今大会で優勝しているシャラポワは、25年の歴史を誇るこの大会で2勝目を飾った8人目の選手となった。他の7人にはM・ナブラチロワ(アメリカ)、M・J・フェルナンデス、S・グラフ(ドイツ)L・ダベンポート(アメリカ)S・ウィリアムズ(アメリカ)D・ハンチュコバ(スロバキア)K・クレイステルス(ベルギー)がいる。

この決勝戦、シャラポワは得意とするストローク戦で、1ゲーム当たり2本のウィナーを決める猛攻をみせ、ウォズニアキを圧倒。シャラポワは第1セットの第1ゲームでいきなりウォズニアキのサービスゲームをラブゲームでブレークし勢いに乗ると、このセットをゲームカウント6−2で先取する。

第2セットでも好調を勢いを維持したシャラポワは、ウォズニアキに隙を与えず、1時間21分で試合に終止符を打った。

シャラポワの凡ミスの数は25本を記録するも、ウィナーの数ではウォズニアキの15倍を超える33本を記録した。ウォズニアキのウィナー数は、わずか2本だった。

《BNPパリバ・オープン男女シングルス対戦表》


■関連記事■

《同胞『マリア』対決制し、シャラポワが決勝へ◇BNPパリバ・オープン女子》

《ウォズニアキが崖っぷちから1ポイント差の勝利つかむ◇BNPパリバ・オープン女子》

《大接戦のクルム伊達、ペア初の敗退で優勝逃す◇BNPパリバ・オープン女子》

《2人のトップ10選手下したキリレンコ「何も怖いものがない」◇BNPパリバ・オープン女子》


■関連動画■

《シャラポワ・ハンチュコバら美女達の妖艶な姿◇WTAテニスマガジン Vol.1》

(2013年3月18日8時19分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!