- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

女王の座を逃したセリーナ「何本のミスを犯した事か」◇全豪オープン女子デイセッション総括

女子テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は大会10日目の23日、第3シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)と第29シードのS・スティーブンス(アメリカ)の準々決勝は、19歳のスティーブンスが3-6, 7-5, 6-4の逆転でセリーナを下す番狂わせを起こした。

【セリーナ vs スティーブンス】

これまで今大会でセリーナは、3回戦の森田あゆみ(日本)に1度しか自身のサービスゲームをブレークされていなかったが、この日はスティーブンスに5度のブレークを許すなど、これまでの試合とは何かが違っていた。

今季開幕戦のブリスベン大会準々決勝で対戦していた両者、その時はセリーナがストレートでスティーブンスを下していたが、この日の試合前にスティーブンスは、セリーナに対しておじけづかず、全力でぶつかっていくと語っており、実際その通りのプレーを披露した。

スティーブンスは「セリーナという世界でも最高のファイターの一人と対戦していたの。彼女がラケットを叩きつけたのかもしれないけど、それでも彼女はしっかりと戦ってきた。でもそれで“OK、これからもっとハードに戦わなければならないわ。だって、彼女に火がついたから”って思えたの。」と試合中に、さらに気持ちを高めていた事を明かした。

セリーナ相手に積極的にネットへ詰めて、18回ネット際でポイントを獲得する事に成功したスティーブンスは「確実に上達していると思う。昨年は全てが新しいもので、何もかもが新しい経験だった。ブリスベンでは彼女と初めて対戦したけど、とてもタフな相手だと感じたの。最初の対戦では何をしても用心しなければならなかった。でも、今回はしっかり準備も出来ていたの。」と、自身のテニス自体が向上している実感を持ちつつ、セリーナとの対戦へ心構えも出来ていた。

一方、セリーナは「終わってちょっとホッとしているの。だって、やらなければならない事がたくさんあったから。でも、ちょっと難しいわね。この2週間は本当にたくさんのボールを打っていたから。」と、この大会が終わってしまった今の気持ちを語っていた。

セリーナは1回戦の試合中に右足首を捻挫し、2回戦ではラケットが顔に当たり唇を切るアクシデントに見舞われており、加えて数日前から腰に違和感も感じていた。そして、この日の第2セット途中では、ネット際のボールを拾うためにダッシュしてボールを追いかけ、止まった時に腰をさらに痛めてしまい、トレーナーを呼び、手当てを受ける災難に見舞わた。

「叫び声をあげそうになったわ。腰が固まってしまった感じなの。痛みも出てしまった。でも、起きてしまった事は仕方ないって思うようにしていたの。」とセリーナは、腰を痛めてしまった時の事を振り返っていた。

またセリーナは「今日の自分のレベルは高いものではなかった。何本のミスを犯した事か。これまで、この大会中に犯したミスの数以上に、今日の試合の1セット中にミスを犯してしまったんじゃない?彼女のレベルは高かった。でも自分サイドの問題ね。見ていた皆がわかると思うけど、ここ数ヶ月で今日の試合は明らかにベストのプレーではなかったわ。」と、自分自身のプレーの不甲斐無さを語っていた。

加えて「彼女は良いテニスをしていたわ。とても良い選手だし、動きも早くどんなボールでも返球してくる。それは、テニス人生にとてもプラスになる事ね。」と、スティーブンスのプレーを称賛していた。

セリーナは今大会で決勝進出を果たすと、他の選手の成績に関わらず世界ランク1位が確実になるところだった。これで全豪オープン明けのランキングでの1位の座は、V・アザレンカ(ベラルーシ)M・シャラポワ(ロシア)の結果次第となった。

《セリーナ 試合詳細はこちら》

(翻訳・記事/弓削忠則)

(2013年1月23日19時27分)

その他のニュース

1月22日

永久停止選手の控訴を棄却 (16時44分)

バーティも参戦発表「楽しみ」 (15時46分)

YouTube 土居美咲への質問募集 (13時19分)

3度目手術「誕生日に松葉杖」 (13時14分)

豪で隔離中、コロナに感染 (11時41分)

大坂 米企業のアンバサダーに (11時00分)

錦織ら ATP杯組み合わせ発表 (10時38分)

1月21日

YouTube 日比野菜緒バッグの中を全部公開 (20時14分)

元複女王 コロナ陽性「怖い」 (16時41分)

シンガポールで新大会開催へ (15時00分)

クレー大会が2年連続中止へ (14時31分)

ジョコビッチ専用カラーのブラックモデル「SPEED Black」発売 (13時30分)

いよいよNEW RADICALシリーズ発売 (13時29分)

「フェデラーがテニス」と回答 (12時33分)

添田豪 今季初CHで8強入り (12時32分)

ダニエル太郎 隔離現状を報告 (11時29分)

西岡、内山ら コートで練習再開 (9時30分)

ジョコ 全豪OPへ「感謝」 (9時04分)

1月20日

ナダル 12年ぶり出場「楽しみ」 (16時00分)

ヨネックス 新シューズ発売 (14時34分)

ティアフォー コロナ影響語る (13時22分)

大会への不満動画流出を釈明 (11時04分)

メド 昨季序盤の不調理由明かす (9時12分)

大坂 THのアンバサダー就任 (7時26分)

1月19日

アザレンカ 選手に向け声明 (18時17分)

故マラドーナ氏の教え明かす (16時36分)

躍進後の変化「慣れるしか」 (15時05分)

全豪欠場へ「5セットは危険」 (13時55分)

内山「72時間缶詰め」から外出 (11時48分)

父の母国へ支援「基本のこと」 (9時24分)

錦織、隔離措置の現状を報告 (7時52分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!