- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

世界3位マレー、21歳新星に力尽きる◇BNPパリバ・マスターズ

男子テニスのマスターズ・シリーズであるBNPパリバ・マスターズ(フランス/パリ、賞金総額242万7975ユーロ、インドアハード)は1日、シングルス3回戦全7試合が行われ、第3シードのA・マレー(英国)が前日の第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に続いて敗退する波乱に見舞われた。その波乱の立役者は予選を勝ち上がったJ・ヤノヴィッツ(ポーランド)で、マレーを5-7, 7-6 (7-4), 6-2の逆転で下した。

世界ランク69位のヤノヴィッツは、今季221位でスタートした21歳。今年のウィンブルドンでグランドスラムの本戦デビューを飾り3回戦進出を果たした。先々週のモスクワ大会では自身初となるATPツアーでの準々決勝進出、直後の世界ランクでは自己最高位の64位を記録していた。

ヤノヴィッツは今季の快進撃の要因をこう語っていた。

「今季の序盤で変化があった。まずはラケットを変えたこと。今使っているラケットは、とても助けになっている。結果を残せなかった週もあったけど、それでもこのラケットが好転させてくれた。次に新しいフィットネス・トレーナーを迎えたんだ。彼の助けで良いトレーニングもたくさんできているし、実家にいる時はテニスをする時間よりトレーニングする時間の方が多くなった。」

加えて「コートでの姿勢も変えた。諦めずにプレーを続け、目の前のボールだけに集中するようにしたんだ。」と、ヤノヴィッツ。

203cmのヤノヴィッツは、両親ともバレーボールのプロ選手だったが、父が現役を引退後に始めたテニスをヤノヴィッツは子供の頃に一緒に始め、その才能を発揮し始めプロの道を選んでいた。

第2セット、ゲームカウント5−4とリードしていたマレーは、自身のサービング・フォー・ザ・マッチでマッチポイントを握りながらもブレークされると、そこからリズムを崩してしまった。

「もっと自分のサーブに集中するべきだった。それまではしっかりできていたんだ。サービング・フォー・ザ・マッチの時にそれができなかった。そこから彼(ヤノヴィッツ)は自信をつけて、タイブレークも攻撃的なプレーをしてきた。ハードヒットしたショットがどんどん入り始めたんだ。」とマレーは、試合の展開が変わってしまった瞬間を振り返っていた。

ヤノヴィッツは準々決勝で、第8シードのJ・ティプサレビッチ(セルビア)と対戦する。この日ティプサレビッチは、第9シードのJ・モナコ(アルゼンチン)を6-3, 3-6, 6-3で下しての勝ち上がり。

来週イギリスはロンドンで開催されるツアー最終戦への残る2枚の切符を争っていたティプサレビッチは、この日の勝利で2年連続となる出場権を獲得することとなった。

「昨年の最終戦は自分のテニス人生でも最も素晴らしい経験の1つだった。プロになってからずっと最終戦への出場を夢に見てきた。その舞台へこうして今年も出場できることに興奮している。」とティプサレビッチは、喜びを語っていた。

その最終戦は今季獲得ポイントの上位8選手しか出場できない大会。しかし今季獲得ポイントのポイントレースの4位にいたR・ナダル(スペイン)が膝の怪我を理由に欠場を表明したため、同レース9位のティプサレビッチまでが出場することとなった。

この日行われた試合結果は以下の通り。

J・ヤノヴィッツ ○-× A・マレー (3), 5-7, 7-6 (7-4), 6-2
D・フェレール(スペイン) (4) ○-× S・ワウリンカ(スイス) (16), 6-2, 4-6, 6-2
T・ベルディフ(チェコ共和国) (5) ○-× K・アンダーソン(南アフリカ), 1-6, 6-3, 6-4
JW・ツォンガ(フランス) (6) ○-× N・アルマグロ(スペイン) (11), 7-6 (7-4), 7-6 (7-3)
M・ロドラ(フランス) ○-× J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン) (7), 6-4, 6-3
J・ティプサレビッチ (8) ○-× J・モナコ (9), 6-3, 3-6, 6-3
S・クエリー(アメリカ) ○-× M・ラオニチ(カナダ) (14), 6-3, 7-6 (7-1)
G・シモン(フランス) ○-× 錦織圭(日本) (15), (不戦勝)

今大会の優勝賞金は47万9000ユーロ。

(翻訳/弓削忠則)

(2012年11月2日13時52分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

5月23日

全仏OP 賞金総額は52億円 (17時04分)

ツォンガ ピンチ切り抜け8強 (14時41分)

【告知】ダニエル太郎vsジャリー (13時28分)

全仏欠場 ベルディヒ「残念」 (12時05分)

ワウリンカらシード初戦敗退 (10時45分)

添田豪、全仏OP本戦へ王手 (7時39分)

5月22日

ダニエル太郎 今季2度目8強 (22時43分)

錦織 ベルダスコと打ち合う (20時55分)

大坂 全仏へ向け初練習 (18時45分)

錦織0-15からブレーク率3位 (17時03分)

サーシャ・バイン氏 ナダル称賛 (16時10分)

オジェ アリアシム「気分いい」 (13時53分)

予選からのディミトロフは敗退 (12時32分)

ATPカップ詳細 2020年開催 (11時51分)

ズベレフ、ガルビス破る (7時19分)

全仏OP予選 日比野らが勝利 (6時39分)

5月21日

マレー「複プレーできるだろう」 (20時27分)

全仏予選2日目、日本勢男子結果 (20時26分)

錦織、全仏へ向け現地初練習 (19時07分)

錦織7位 日本勢の世界ランク (17時05分)

ティプサレビッチ 2回戦へ (16時24分)

騒動キリオス 次はクレー批判 (13時41分)

MP2本しのぎ世界199位撃破 (11時44分)

錦織8位 20日付最終戦ランク (10時34分)

5月20日

「やっと優勝」ナダルが復活 (22時04分)

西岡「不愉快な試合でした」 (21時53分)

全仏予選1日目、日本勢結果 (21時51分)

ダニエル太郎 世界238位破る (21時09分)

ジョコ脱帽「強すぎた」 (16時52分)

西岡 元10位ガルビスに屈する (16時06分)

大坂1位 5/20世界ランク (13時19分)

ラケット破壊ジョコ精彩欠く (11時44分)

錦織7位後退 チチパス6位へ (8時22分)

ナダル復活V 全仏OPへ弾み (2時21分)

ナダル、ローマ2連覇9度目V (1時40分)

【1ポイント速報】ジョコvsナダル (1時38分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!