- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

昨年覇者モンフィスが世界436位に敗れる◇イフ・ストックホルムOP

男子テニスツアーのイフ・ストックホルム・オープン(スウェーデン/ストックホルム、賞金総額48万6750ユーロ、ハード)は16日、シングルス1回戦残り10試合が行われ、前年度チャンピオンのG・モンフィス(フランス)が地元からの主催者推薦で出場のP・ロセンホルムの前に3-6, 6-1, 3-6で敗れる波乱に見舞われ早くも大会を去った。同じく主催者推薦で出場の元世界ランク1位のL・ヒューイット(オーストラリア)は203cmと長身のK・アンダーソン(南アフリカ)を6-4, 4-6, 6-4のフルセットで退けた。

世界ランク436位、地元ストックホルム在住で24歳のロセンホルムは第1セットで1度ブレークを許すも2度のブレークに成功し、このセットを先取する。

しかし、第2セットは1度もブレークポイントを握らせないサービスゲームを披露したモンフィスに2度のブレークを奪われ試合は第3セットへ。

勝敗を決める第3セットでは再び集中を増したロセンホルムがモンフィスに1度もブレークポイントを握らせず、このセット唯一のブレークをモンフィスから奪うと1時間18分でATPツアーのデビュー戦を勝利で飾った。

モンフィスは昨年、今大会に初出場で優勝を飾っていたが、今年は初戦で姿を消す形となった。モンフィスは今年中盤は膝の怪我でツアー離脱。全仏オープン、ウィンブルドン、ロンドンオリンピック、全米オープンなどを欠場。先月復帰を果たしたばかりだった。

一方、元世界ランク1位のヒューイットは近年、数々の怪我泣かされ現在は102位までランキングを落としているが、この日は同38位のアンダーソンに12回握られたブレークピンチを10回も退けると、11本のサービスエースを放ったアンダーソンから3度のブレークを奪い、2時間27分のフルセットで下し全米オープン以来となる初戦突破を決めた。

ロセンホルムは第6シードのM・ヨージニ(ロシア)と、ヒューイットは第8シードのJ・ニエミネン(フィンランド)と、それぞれ2回戦で対戦する。

この日行われた試合結果は以下の通り。

F・ロペス(スペイン) (5) ○-× P・H・マチュー(フランス), 7-6 (7-5), 6-7 (4-7), 6-2
M・バグダティス(キプロス) (7) ○-× D・ゴファン(ベルギー), 6-4, 6-2
S・スタコフスキ(ウクライナ) ○-× Y・メルテンス, 6-3, 6-4
添田豪(日本) ○-× M・テイシェイラ(フランス), 6-3, 3-6, 6-3
M・コピル ○-× F・デルボニス(アルゼンチン), 6-1, 7-5
L・ヒューイット ○-× K・アンダーソン, 6-4, 4-6, 6-4
P・ロセンホルム ○-× G・モンフィス, 6-3, 1-6, 6-3
A・ファリャ(コロンビア) ○-× J・ハジェク, 6-3, 3-6, 7-6 (9-7)
J・ゾップ(エストニア) ○-× P・アンジャー, 6-4, 6-4
R・ベランキス(リトアニア) ○-× A・ラモス(スペイン), 4-6, 6-4, 6-1

今大会の優勝賞金は8万7870ユーロ。

(翻訳/弓削忠則)

(2012年10月17日10時47分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!