- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

アザレンカとジョルジュが4強入り◇ジェネラリー女子

女子テニスツアーのジェネラーリ女子(オーストリア/ リンツ、賞金総額22万ドル、ハード)は12日、シングルス準々決勝4試合が行われ、第5シードのJ・ジョルジュがS・アービッドソン(スウェーデン)を6-1, 6-4で下し準決勝進出を果たした。

「スコアだけ見ると簡単な試合に見えるかもしれないけど、セカンドセットは本当にレベルの高い内容だった。彼女(アービッドソン)がセカンドセットになってプレーのレベルを上げてきたから、とてもタフな試合になった。」と、ジョルジュ。

また「だけど、今日はとても積極的にプレーができたし、サーブも良かった。自分からポイントを取りにいくこともできた。今日の自分のプレーにはとても満足している。素早く動けているし、チャンスが来るまで待って、それから攻撃へ展開することができている。今週のここまでのプレーには本当に満足。」と、コメント。

ジョルジュは現在世界ランク19位で、ドイツでは世界ランク6位のA・ケルバー(ドイツ)に次ぐ位置にいるが、地元ドイツに近いオーストリアの大会ということもあり、「ここでは、大会スタッフともドイツ語で話すことができるし、本当に楽しく過ごせている。オーストリアではいつも快適に過ごすことができているから、最後までこの大会に残っていたいと思う。」と、語っている。

決勝進出に向けてジョルジュは、K・フリッペンス(ベルギー)と対戦する。予選からの勝ち上がりであるフリッペンスは、第2シードのA・イバノビッチ(セルビア)に勝利しての準決勝進出を決めていた。

「アナは世界ランクも12位で、本当に素晴らしい選手だから、試合は本当にタフな内容だった。けど、私には失うものはなかった。アナと試合をするには、サーブやリターンといったファーストタッチからプレッシャーをかけていく必要があった。」

また「今日は彼女のリズムを狂わせるために、多くスライスを使った。今週は予選からの出場だけど、今日の試合が今大会で一番良かった。まだ体調も良くフィジカル面でも問題ない。」と、フリッペンス。

敗れたイバノビッチは「試合の序盤は良いスタートを切ることができた。でも、その後試合のリズムを失ってしまった。彼女(フリッペンス)は今日素晴らしいプレーをしていた。今日私はライン際を狙って打っていたけど、多くのミスを犯してしまったし、サーブも良くなかった。サーブは試合が進むにつれて更に悪くなってしまった。」と、コメント。

フリッペンスはこれまで、A・レザイ(フランス)(当時ランク15位)、S・ストザー(オーストラリア)(当時ランク5位)、D・チブルコワ(スロバキア)(当時ランク13位)の3人のトップ20プレーヤーから勝利をおさめており、今日の勝利が4度目の勝利となった。

ジョルジュとフリッペンスは過去2度対戦しており、対戦成績は1勝1敗となっている。

「ジョルジュは優秀な選手で、素晴らしい対戦相手。彼女のことは昔から知っているから、私は何をすべきかをわかっている。明日も良い試合ができるといいですね。」と、フリッペンス。

一方、もう一つの準決勝である世界ランク1位のV・アザレンカ(ベラルーシ)とラッキールーザーから勝ち上がったI・C・ベグ(ルーマニア)が対戦する。

アザレンカはこの日、今季のWTA大会での勝利数トップとなる65勝目をP・マーティクから6-2, 6-2であげている。

また、ベグも最近好調を維持し、9月の全米オープンでは自身初となるトップ10プレーヤーからの勝利をC・ウォズニアキ(デンマーク)からあげ、その後のタシケントオープンでもツアー初となるタイトルを獲得しており、今日も予戦勝者のB・マッテクを 6-4, 1-6, 6-2のフルセットで下している。

アザレンカとベグは過去3度対戦しており、その全てでアザレンカが勝利している。

この日行われた試合結果は以下の通り。

V・アザレンカ (1) ○-× P・マーティク, 6-2, 6-2
I・C・ベグ ○-× B・マッテク, 6-4, 1-6, 6-2
J・ジョルジュ (5) ○-× S・アービッドソン, 6-1, 6-4
K・フリッペンス ○-× A・イバノビッチ(2), 6-4, 6-0

今大会の優勝賞金は3万7000ドル。

(翻訳/大木茂敬)

(2012年10月13日13時40分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

2月27日

ナダルが称賛「危険な選手」 (18時10分)

錦織 シャラポワへコメント (17時30分)

ナダル戦へ、韓国クォン8強 (17時06分)

【告知】アカプルコ準々決勝 (16時44分)

MP2本しのぎ逆転で8強へ (16時04分)

ナダル 3年ぶりの8強に進出 (15時48分)

【1ポイント速報】ナダルvsキツマノビッチ (13時53分)

世界3位撃破で8強入り (12時49分)

22歳ポール ズベレフ破り8強 (12時36分)

引退シャラポワ「準備できた」 (11時48分)

日比野菜緒 完敗で8強ならず (11時39分)

ジョコ 8強で今季15連勝 (10時47分)

内山 モンフィスに敗れ8強ならず (5時14分)

シャラポワが現役引退へ (0時55分)

2月26日

新SPEED 発売間近 (18時11分)

270位が 第1シード破る金星 (17時58分)

MP7本凌ぎ元世界1位撃破 (15時02分)

昨年Vキリオスが途中棄権 (14時21分)

ナダル 快勝で5度目の初戦突破 (13時16分)

ジョコ BIG3は「仲がいい」 (12時34分)

デ杯 無観客試合で開催へ (11時35分)

【1ポイント速報】ナダル、キリオスら (11時31分)

チリッチ破り2回戦へ MP4本凌ぐ (10時51分)

ダニエル太郎 熱戦の末に敗退 (9時16分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsクォン (7時07分)

エース35本決め激闘制す (7時01分)

西岡良仁 ドバイ初戦敗退 (0時04分)

2月25日

【1ポイント速報】内山、西岡 (22時45分)

内山靖崇が勝利 モンフィス戦へ (20時59分)

15歳ガウフ 自己最高49位を記録 (17時29分)

18歳が世界7位を撃破 (17時27分)

初戦突破で今季10連勝 (17時20分)

日本限定モデルが発売へ (14時21分)

ダニエル太郎 LLで本戦入り (12時36分)

錦織31位 西岡は最高位を更新 (12時15分)

日比野 アカプルコ初戦突破 (11時52分)

大坂10位 24日付世界ランク (11時30分)

ジョコビッチ 完勝で初戦突破 (11時08分)

2月24日

西岡良仁「少し見失った」 (17時43分)

ガリン 予選勝者に苦戦もV (17時26分)

チチパス連覇「とても満足」 (17時12分)

錦織 世界ランク31位へ後退 (10時19分)

西岡良仁 自己最高48位へ (10時03分)

西岡 デルレイビーチVならず (7時48分)

【1ポイント速報】西岡vsオペルカ (7時45分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!