- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クヴィトバがシャラポワ破り初優勝◇ウィンブルドン=差替え

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(英国/ロンドン、賞金総額1460万ポンド、芝)は2日、女子シングルス決勝が行われ、第8シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)が第5シードのM・シャラポワ(ロシア)に6-3, 6-4で勝利、自身初となるグランドスラム優勝を成し遂げた。

今大会でチェコ勢がタイトルを獲得するのは、13年前のJ・ノボトナ以来となる。また女子シングルスを左利きの先取が制したのは、1990年のM・ナブラチロワ(アメリカ)以来となる。

そのノボトナとナブラチロワが観客席で見守るセンターコートに登場したクヴィトバは、今回がキャリア初となるグランドスラム決勝にも関わらず堂々としたプレーでシャラポワと渡り合った。


今大会を2004年に制しているシャラポワは、2006年のUSオープン、2008年の全豪オープンでもタイトルを獲得しており、戦前の予想ではシャラポワ有利とされていた。

さらに今大会でシャラポワは、1セットも失うことなく決勝に進出していた。しかし、シャラポワは準決勝でS・リシキ(ドイツ)と対戦した際には13本ものダブルフォルトを犯すなど、自らのサーブに苦しめられていた。

試合前のトスでレシーブを選択していたシャラポワは、オープニングゲームでブレークに成功したものの、直後の第2ゲームでクヴィトバにブレークバックを許してしまう。

そして第1セット第6ゲーム、30−30からシャラポワが痛恨のダブルフォルトを連続で犯し、クヴィトバがゲームカウント4−2とリードを奪う。

そのままサービスキープを続け第1セットを先取したクヴィトバは、第2セットのオープニングゲームでブレークに成功すると、中盤でのブレーク合戦を切り抜けると、試合開始から1時間25分で歓喜の瞬間を迎えた

(2011年7月2日23時41分)

その他のニュース

6月27日

ペール 大会側へ怒り表明 (17時09分)

「負ける気がしなかった」 (15時56分)

上位2シードが共に初戦敗退 (12時49分)

トロイキ、ペール破り8強 (12時28分)

フリッツ 第1シード破り8強 (11時09分)

錦織 亡き恩師の柏井氏へ感謝 (9時07分)

錦織「右腕ほぼ大丈夫」 (7時27分)

綿貫陽介 添田豪破り本戦王手 (6時34分)

錦織勝利 ウィンブルドンへ弾み (2時04分)

6月26日

錦織らウィンブルドン シード順 (20時25分)

大坂らウィンブルドン シード順 (20時04分)

キリオス SNSコメントで炎上 (17時41分)

ケルバーらシード勢 初戦突破 (16時36分)

ハレプ 今季芝の単初戦は完勝 (13時08分)

MP2本乗り越え激闘制す (12時00分)

好調シモン 初戦突破 (11時33分)

8強入りで連覇へ前進 (10時50分)

マレー 復帰2戦目は初戦敗退 (6時17分)

土居美咲 激闘制し予選2回戦へ (4時52分)

6月25日

ウィンブルドン予選 女子が開始 (19時25分)

楽天OP 錦織、ジョコら出場へ (18時38分)

YONEXジュニアキャンプが開催 (17時57分)

マレー「何があるかわからない」 (17時20分)

前年女王2回戦へ「ここが好き」 (16時10分)

東レPPO 大坂ら出場へ (14時46分)

ベルダスコ 逆転勝ちで初戦突破 (13時00分)

前年覇者ズムル 快勝で2回戦へ (11時45分)

錦織7位へ 6/24最終戦ランク (10時25分)

日本勢男子 予選1回戦の結果 (7時02分)

6月24日

ウィンブルドンを最後に引退 (21時24分)

ウィンブルドン予選 24日開始 (19時35分)

20歳ケニン 今季2勝目「満足」 (18時57分)

錦織7位 日本勢世界ランク (16時52分)

ロペス 37歳で単複2冠を達成 (14時55分)

錦織7位 24日付世界ランク (12時34分)

石黒賢と伊達公子が特別対談 (11時23分)

大坂2位へ 24日付世界ランク (10時24分)

フェデラー10度目V「重要」 (7時10分)

大坂なおみから世界1位奪取 (6時45分)

マレー 復帰戦のダブルスでV (5時46分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!