- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ドディグが地元でツアー初優勝◇PBZザグレブ・インドア

男子テニスツアーのPBZザグレブ・インドア(クロアチア/ザグレブ、賞金総額39万8250ユーロ、ハード)は日曜日に決勝戦を行い、ノーシードから勝ち上がった地元期待のI・ドディグ(クロアチア)が第8シードのM・ベレー(ドイツ)を6-3, 6-4のストレートで下し、見事、ATPツアー初優勝を飾った。同時にドディグは優勝賞金7万2600ユーロを獲得した。

これまでツアーで準々決勝以上に進んだことがなかったドディグは、第1セットの第1ゲームでいきなりベレーのサービスをブレークして波に乗ると、3−0と大きくリードし、そのまま同セットを先取する。

第2セットでも好調を維持したドディグは、第7ゲームでブレークに成功すると、そのまま同セットも奪って優勝を決め、応援に駆け付けた地元観客の前でトロフィーを手にした。ドディグはリターンが好調で、手にしたブレークポイントは7本にも及んだ。

試合後、ドディグは「いい試合でした。戦略的ないいプレーをすることができました。この1週間はすばらしいものでした。」と振り返った。

クロアチア勢は地元のこの大会で2006年以降、必ず決勝に進んでおり、そのうち2006年にはI・リュビチッチ(クロアチア)が優勝、一昨年と昨年はM・チリッチ(クロアチア)が優勝していた。

一方、敗れたベレーは、昨年の決勝でもチリッチに敗れて準優勝に終わっていた。今回の決勝ではブレークポイントを4本手にしたものの、いずれもブレークに結び付けることはできなかった。

決勝ではちょっとしたハプニングがあった。ドディグは第2セットの5−4から自らのサービスゲームでマッチポイントを手にし、そこでサービスエースを決めたかに思えた。

しかし主審はオーバールールし、「フォルト」とコール。オーバールールに気が付かなかったドディグは優勝を決めたと思い、ラケットを観客席に投げて喜びを爆発させていた。

その後、フォルトであったことに気付いたドディグは試合を続行、その後の2ポイントはリズムを失ってベレーに奪われたものの、最後はドディグがしっかりとキープし、優勝を決めた。

試合後、ベレーは「いいプレーができませんでした。今週で一番ひどいプレーでした。決勝でこんなプレーをしてはいけないのですが。」と肩を落としていた。

(2011年2月7日10時13分)
その他のニュース

1月21日

【速報中】大坂vsセバストバ (10時30分)

「いい気分」GS初8強入り (10時22分)

フェデラー撃破「純粋に幸せ」 (8時54分)

フェデラー敗退「ひどく後悔」 (7時22分)

1月20日

フェデラー 全豪8強ならず (21時04分)

【告知】錦織vsカレノ=ブスタ (21時03分)

【1ポイント速報】フェデラーvsチチパス (20時04分)

シャラポワ「チャンスあった」 (19時43分)

21歳の誕生日 四大大会初8強 (16時10分)

ナダル8強 ベルディヒ撃破 (16時03分)

ダンロップ 四大大会初の公式球 (14時15分)

錦織 全豪4回戦へ向け調整 (11時08分)

松岡氏、錦織と大坂を労う (7時50分)

1月19日

錦織ら全豪OP16強出揃う (22時49分)

錦織、全豪OP3回戦の詳細 (21時41分)

錦織 次戦は「簡単に勝てない」 (18時54分)

「圧倒された」大坂が逆転勝利 (18時24分)

錦織圭、大坂なおみに冗談 (16時51分)

ジョコ 苦戦も12度目16強 (16時47分)

錦織 全豪4回戦は世界23位 (15時26分)

錦織 快勝で全豪7度目16強 (13時40分)

【1ポイント速報】ジョコvsシャポバロフ (13時39分)

【1ポイント速報】錦織vsソウサ (11時21分)

大坂なおみ 全豪2年連続16強 (11時13分)

1月18日

「シャラポワは選手と話しない」 (20時20分)

ナダル 19歳に快勝で16強 (19時40分)

【1ポイント速報】ナダルvsデ ミナー (17時07分)

シャラポワ 前年女王破り16強 (16時19分)

チチパス 全豪初の4回戦へ (16時12分)

ベルディヒ 逆転で2年連続16強 (14時31分)

深夜3時に惜敗のコンタ苦言 (13時03分)

完勝フェデラー 4年連続16強 (12時55分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!