- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

地元勢のベネトーがフェデラー破る金星◇BNPパリバ・マスターズ

男子テニスツアーのマスターズ・シリーズであるBNPパリバ・マスターズ(フランス/パリ、賞金総額275万ユーロ、ハード)は11日、シングルス2回戦12試合が行われ、地元勢のJ・ベネトー(フランス)が、第1シードのR・フェデラー(スイス)を3-6, 7-6 (7-4), 6-4の逆転で下す大番狂わせが起きた。

今大会には7度目の出場ながらも、3度のベスト8進出が最高成績であるフェデラーは「彼は終盤で信じられないプレーをしていたよ。ジュリアンが勝利を手にしたんだ。僕にもチャンスがあったはずだけど、僕はそれを逃してしまった。体調も良かったし、精神的にも良く出来ると思ったんだけどね。」と、敗戦に対し言い訳をしなかった。

この試合でフェデラーが第1セットこそ先取したものの、第2セット以降は息を吹き返したベネトーが世界王者に対し互角の戦いを展開、タイブレークの末にセットオールに追いつくと、ファイナルセット第4ゲームでブレークに成功したベネトーが王者の追撃を振り切り、1時間55分で大金星をあげた。

劇的な逆転勝利を収めたベネトーは「まるで魔法のようだ。この記憶は一生忘れないよ。応援してくれる歓声を聞いていると、その音がすごいんだ。こんな経験ができるなんて、全く信じていなかったよ。」と、興奮した様子で勝利の喜びを語った。

今大会では早期敗退を喫したフェデラーではあるが、裏を返せば、ロンドンで行われるツアー最終戦に向けて、他の選手よりも長い準備期間を得ることができた。「ロンドンでは良い結果を残せるようにしたいね。もう少し良いテニスが出来るような感じはしているんだ。」と語ったフェデラーは、「この大会の後に首をつったりはしないよ。」とジョークを言う余裕すら見せていた。

現役選手として最後のツアー大会に臨んでいたM・サフィン(ロシア)は、かつてのようにベースラインからのウィナー、ネットでの繊細なタッチ、そして強烈なファーストサーブをパリの観客の前に披露したものの、試合は第5シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)が6-4, 5-7, 6-4で勝利、サフィンがその12年のキャリアに幕を下ろした。

試合後に行われた引退セレモニーでサフィンは「彼を倒すチャンスは多くないことは分かっていた。だけど、とても良いプレーが出来たし、スコアも競っているし、チャンスもあったよ。」と満足気に語った。

今季のUSオープンで初のグランドスラム制覇を達成しているデル=ポトロは、3回戦で第10シードのF・ゴンサレス(チリ)と対戦する。ゴンサレスは、J・アイズナー(アメリカ)を7-5, 7-6 (7-3)のストレートで下し、3回戦に進出している。

第2シードのR・ナダル(スペイン)は、同胞のN・アルマグロ(スペイン)と対戦。第2セットでは5本のマッチポイントをアルマグロに握られたナダルだったが、それを全てしのぐと3-6, 7-6 (7-2), 7-5の逆転で勝利、3回戦に進出した。

試合後の会見でナダルは「次のラウンドに進めてとてもラッキーだね。悪いプレーだったけど勝てた。それが僕のキャリアにあるポジティブなことだし、良いプレーでなくても試合に勝つ能力を失わないのは大切なことだよ。」とコメントを残した。

ナダルは3回戦で、第14シードで同胞のT・ロブレド(スペイン)と対戦する。ロブレドは、T・ベルディフ(チェコ共和国)を6-4, 6-4のストレートで下し、3回戦に進出している。

この他の試合の結果は以下の通り。

N・ジョコビッチ(セルビア) (3) ○-× J・モナコ(アルゼンチン), 6-3, 7-5
A・マレー(英国) (4) ○-× J・ブレーク(アメリカ), 6-3, 6-7 (5-7), 7-6 (7-4)
R・ソデルリング(スウェーデン) (9) ○-× I・カルロビッチ(クロアチア), 6-4, 7-6 (8-6)
M・チリッチ(クロアチア) (12) ○-× L・クボット(ポーランド), 6-7 (3-7), 6-4, 6-2
R・シュティエパネック(チェコ共和国) (13) ○-× V・トロイキ(セルビア), 6-4, 6-0
G・モンフィス(フランス) (15) ○-× D・グエス(フランス), 6-4, 7-5
A・クレマン(フランス) ○-× T・ハース(ドイツ) (16), 5-7, 6-3, 7-6 (10-8)

今大会の優勝賞金は45万ユーロ。

(2009年11月12日11時42分)
その他のニュース

5月23日

ドルゴポロフ 復帰の可能性 (18時59分)

全仏OP 賞金総額は52億円 (17時04分)

ツォンガ ピンチ切り抜け8強 (14時41分)

【告知】ダニエル太郎vsジャリー (13時28分)

全仏欠場 ベルディヒ「残念」 (12時05分)

ワウリンカらシード初戦敗退 (10時45分)

添田豪、全仏OP本戦へ王手 (7時39分)

5月22日

ダニエル太郎 今季2度目8強 (22時43分)

錦織 ベルダスコと打ち合う (20時55分)

大坂 全仏へ向け初練習 (18時45分)

錦織0-15からブレーク率3位 (17時03分)

サーシャ・バイン氏 ナダル称賛 (16時10分)

オジェ アリアシム「気分いい」 (13時53分)

予選からのディミトロフは敗退 (12時32分)

ATPカップ詳細 2020年開催 (11時51分)

ズベレフ、ガルビス破る (7時19分)

全仏OP予選 日比野らが勝利 (6時39分)

5月21日

マレー「複プレーできるだろう」 (20時27分)

全仏予選2日目、日本勢男子結果 (20時26分)

錦織、全仏へ向け現地初練習 (19時07分)

錦織7位 日本勢の世界ランク (17時05分)

ティプサレビッチ 2回戦へ (16時24分)

騒動キリオス 次はクレー批判 (13時41分)

MP2本しのぎ世界199位撃破 (11時44分)

錦織8位 20日付最終戦ランク (10時34分)

5月20日

「やっと優勝」ナダルが復活 (22時04分)

西岡「不愉快な試合でした」 (21時53分)

全仏予選1日目、日本勢結果 (21時51分)

ダニエル太郎 世界238位破る (21時09分)

ジョコ脱帽「強すぎた」 (16時52分)

西岡 元10位ガルビスに屈する (16時06分)

大坂1位 5/20世界ランク (13時19分)

ラケット破壊ジョコ精彩欠く (11時44分)

錦織7位後退 チチパス6位へ (8時22分)

ナダル復活V 全仏OPへ弾み (2時21分)

ナダル、ローマ2連覇9度目V (1時40分)

【1ポイント速報】ジョコvsナダル (1時38分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!