- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ダビデンコがナダル破り優勝◇上海マスターズ

男子テニスツアーのマスターズ・シリーズである上海マスターズ(中国/上海、賞金総額525万ドル、ハード)は18日、シングルス決勝が行なわれ、第6シードのN・ダビデンコ(ロシア)が第1シードのR・ナダル(スペイン)を7-6 (7-3), 6-3のストレートで下し、今季4勝目、通算18度目となるツアー優勝を果たした。

「少しだけラッキーだったと思うけど、今日はとても良いプレーが出来た。このアジアでの3週間は良い仕事が出来たよ。」と語るダビデンコは、2週間前のクアラルンプール大会でもタイトルを獲得していた。

USオープンで腹筋を痛め、先週の大会でおよそ1ヶ月ぶりのツアー復帰を果たしていたナダルは、今大会では準々決勝でI・リュビチッチ(クロアチア)、準決勝でF・ロペス(スペイン)が試合途中で棄権するという幸運にも助けられ決勝に進出していた。

復帰戦となった先週の中国オープンでベスト4入りを果たしていたナダルは、今季の全仏オープン後も膝の治療のために2ヶ月ほどツアーを離脱しており、ディフェンディング・チャンピオンとして出場するはずだったウィンブルドンも欠場していた。

「第1セットではチャンスもあったし、今回が怪我から復帰してからトップ選手との初めての試合だったことに満足しているよ。本当に勝てるチャンスがある感覚がしたんだ。」と語ったナダルは続けて「それが一番大切なことで、前向きな姿勢で戦い抜けたし、身体にも問題がなかった。僕にとっては、とても良いニュースだね。」と、ツアー最終戦に向けて前向きな姿勢を見せた。

ナダルはこの日の敗戦で、今季の決勝での戦績を5勝3敗とするとともに、ダビデンコとの通算成績を4勝3敗としている。

この試合のマッチポイントでは、ちょっとしたドラマが起きた。ダビデンコのサービスゲームとして迎えた第10ゲーム、ダビデンコのマッチポイントで両者激しいラリーの応酬が続く中、ナダルが放ったフォアハンドが少し遅れてアウトの判定に。

しかし、ここでナダルはこの判定に対し画像判定によるチャレンジを実施する。両者が固唾を飲んでCGリプレイを見守ると、ボールはわずかにベースラインを超えアウトの判定は覆らず、この瞬間ダビデンコの勝利が確定、お互いにネットに駆け寄り健闘を称えあった。

また第1セットでは決勝にふさわしい接戦が繰り広げられ、第3ゲームでダビデンコがブレークに成功しリードを奪うも、第8ゲームでナダルがブレークバックに成功し試合を振り出しに戻す。

ダビデンコはこのときのことを「第1セットで4−4になったとき、彼にブレークバックされて第1セットを取るチャンスを失ったと思っていたよ。タイブレークで良いプレーが出来て、第1セットを先取することが出来た。その時にチャンスがあると思ったんだ。」と振り返っている。

第1セット第8ゲームでブレークバックに成功したナダルは、第10ゲームで再びチャンスを迎えたが、ここはダビデンコが何とか踏みとどまりタイブレークに持ち込むと、ミニブレークを重ねたダビデンコがこのセットを先取する。

第2セットに入ると、第6ゲームでこの試合2度目のブレークに成功したダビデンコがリード、そのリードを守りきったダビデンコが2時間3分で勝利を収めた。

世界ランク8位のダビデンコは、優勝賞金61万6500ドルと通算3個目となるマスターズ・タイトルと共に、1000のランキング・ポイントを獲得、ツアー最終戦の出場に向けて大きな前進となった。

(2009年10月19日10時52分)
その他のニュース

2月25日

【1ポイント速報】チョンvsティアフォー (4時16分)

2月24日

慶應CH 予選1回戦結果一覧 (23時24分)

フェデラー 最優秀男子なるか (21時08分)

添田/内山組 京都CH2度目の準V (19時56分)

大阪初オープン テニスラウンジ (18時57分)

シャポバロフ 2度目の4強入り (17時31分)

プイユらマルセイユ4強出揃う (16時06分)

大坂下したスイトリナ V王手 (14時59分)

昨年覇者のティームは完敗 (11時45分)

HEADテニスセンサー発売 (11時00分)

錦織のアカプルコ入りを歓迎 (8時51分)

シード下しツアー初の4強 (7時30分)

2月23日

キリオス、アカプルコも欠場 (22時35分)

錦織らツアー 限定ライブ配信 (20時48分)

添田豪/ 内山靖崇組が決勝進出 (19時40分)

錦織のツアー初優勝をATP特集 (18時36分)

シャラポワ 五輪メダルを祝福 (16時26分)

世界91位がデル=ポトロ撃破 (14時28分)

【1ポイント速報】デルポvsティアフォー (13時32分)

モンフィス 2日間の接戦制す (11時35分)

マクラクラン デルレイ複4強 (8時49分)

ワウリンカ 膝の痛みで棄権 (8時00分)

2月22日

添田/内山組4強 内田は接戦制す (22時09分)

大坂 世界4位に屈し4強逃す (20時37分)

【1ポイント速報】大坂 準々決勝 (20時35分)

錦織ら アカプルコ出場者一覧 (15時43分)

モンフィス 勝利目前で順延 (15時06分)

トップ20から初勝利でリオ8強 (13時32分)

マクラクラン勉 デルレイ複8強 (12時44分)

ソックらシード勢敗退相次ぐ (11時42分)

約3時間の激闘制し8強 (9時01分)

ラオニッチ 2年連続8強ならず (7時50分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!