- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ドロウィー/パエス組が逆転で優勝◇USオープン

テニスのグランドスラムであるUSオープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は大会14日目の13日、男子ダブルス決勝が行われ、第4シードのL・ドロウィー(チェコ共和国) /L・パエス(インド)組が、第3シードのM・ブパティ(インド)/M・ノウルズ(バハマ)組を3-6, 6-3, 6-2の逆転で下し、見事タイトルを獲得した。

雨による影響で2日遅れでスタートした決勝戦は、ブパティ/ノウルズ組が2度のブレークに成功し第1セットを先取する。しかし、準決勝で今大会第1シードのB・ブライアン(アメリカ)/M・ブライアン(アメリカ)組を破っているドロウィーとパエスが第2セットで巻き返し、試合はファイナルセットに突入する。

第3セット序盤でブレークに成功したドロウィー/パエス組は、このセットで再度ブレークに成功すると、このセット3本あったブレークピンチを全て守りきり、2時間3分で栄冠を手に入れた。

試合後、36歳のパエスは木曜日に行われたミックスダブルス決勝で肘を負傷していたことを明かした。「今朝起きたとき、プレーできるかどうか分からなかった。正直に言うと、ボールを打つたびに痛みが走って、試合終了まで耐えられるか分からなかった。今日の僕の仕事は痛みに耐えてミスをしないことで、後はルーカスのマジックに任せていた。上手く行って本当に良かったよ。」

今年で3年連続となる今大会決勝の舞台に臨んでいた、26歳のドロウィーは「ここではすでに2度の決勝進出をしていますが、今日は特別な試合でした。今日の僕らはチームとして良いプレーをしました。僕が良いプレーしたとか、彼が良いプレーをしたとかは問題ではなく、チームとして勝ちました。今年2度目のグランドスラム優勝なんて、素晴らしい気分です。」と、チームでの勝利を強調すると共に、喜びを語った。

今回の優勝で、パエスは通算5度目、ドロウィーは通算2度目となるメジャータイトル獲得となった。

(2009年9月14日9時33分)
その他のニュース

6月16日

添田豪、快勝でCH4強へ (14時01分)

マレー 復帰戦のドロー決定 (12時04分)

フェデラー 初戦は世界56位に (10時55分)

棄権ラオニッチ「申し訳ない」 (10時05分)

6月15日

大坂らバーミンガム組み合わせ (21時41分)

アンダーソンら芝前哨戦出場一覧 (18時30分)

サーフェス変更も逆転勝ち (18時08分)

内山靖崇「残念」CH4強ならず (17時39分)

チョリッチMPしのぎ逆転4強 (16時58分)

ベルテンス 2試合制し4強 (15時52分)

添田豪 11本エースでCH8強 (14時51分)

MPしのぎ4強入り 激闘制す (13時51分)

フェデラーら レーバー杯参戦 (12時02分)

快勝ラオニッチ「良かった」 (11時22分)

ガスケ 1日2試合制し4強へ (10時52分)

6月14日

錦織に続きティームもハレ欠場 (20時09分)

好調ガリン 今季4度目8強 (19時10分)

モンフィス 激闘の末に敗れる (18時01分)

ズべレフ撃破 復活の兆し (17時09分)

完勝「全てがうまくいった」 (15時00分)

ハチャノフ 完敗で初戦敗退 (13時35分)

ズべレフ 今季初の芝は黒星 (12時02分)

チチパス 風に苦戦で初戦敗退 (11時29分)

錦織 ハレ大会を欠場 (10時33分)

6月13日

クヴィトバ けが癒えず欠場 (19時11分)

マクドナルド 手術成功を報告 (18時45分)

デ ミノー初戦突破で8強へ (16時48分)

ラオニッチ 激闘制し8強入り (13時19分)

サーフェス変更もシード撃破 (12時04分)

圧巻29秒キープも初戦敗退 (11時12分)

マレー、シングルス復帰へ希望 (10時44分)

マレー 復帰へ向け会場で練習 (7時35分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!