- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ドロウィー/パエス組が逆転で優勝◇USオープン

テニスのグランドスラムであるUSオープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は大会14日目の13日、男子ダブルス決勝が行われ、第4シードのL・ドロウィー(チェコ共和国) /L・パエス(インド)組が、第3シードのM・ブパティ(インド)/M・ノウルズ(バハマ)組を3-6, 6-3, 6-2の逆転で下し、見事タイトルを獲得した。

雨による影響で2日遅れでスタートした決勝戦は、ブパティ/ノウルズ組が2度のブレークに成功し第1セットを先取する。しかし、準決勝で今大会第1シードのB・ブライアン(アメリカ)/M・ブライアン(アメリカ)組を破っているドロウィーとパエスが第2セットで巻き返し、試合はファイナルセットに突入する。

第3セット序盤でブレークに成功したドロウィー/パエス組は、このセットで再度ブレークに成功すると、このセット3本あったブレークピンチを全て守りきり、2時間3分で栄冠を手に入れた。

試合後、36歳のパエスは木曜日に行われたミックスダブルス決勝で肘を負傷していたことを明かした。「今朝起きたとき、プレーできるかどうか分からなかった。正直に言うと、ボールを打つたびに痛みが走って、試合終了まで耐えられるか分からなかった。今日の僕の仕事は痛みに耐えてミスをしないことで、後はルーカスのマジックに任せていた。上手く行って本当に良かったよ。」

今年で3年連続となる今大会決勝の舞台に臨んでいた、26歳のドロウィーは「ここではすでに2度の決勝進出をしていますが、今日は特別な試合でした。今日の僕らはチームとして良いプレーをしました。僕が良いプレーしたとか、彼が良いプレーをしたとかは問題ではなく、チームとして勝ちました。今年2度目のグランドスラム優勝なんて、素晴らしい気分です。」と、チームでの勝利を強調すると共に、喜びを語った。

今回の優勝で、パエスは通算5度目、ドロウィーは通算2度目となるメジャータイトル獲得となった。

(2009年9月14日9時33分)
その他のニュース

10月18日

【速報中】西岡vsクライノビッチ (20時56分)

大坂のイベントが開催決定 (19時50分)

第1シードスイトリナ 初戦敗退 (18時17分)

チリッチ 通算500勝達成 (17時23分)

マレー8強「気分良い」 (14時28分)

杉田祐一8強「戻ってきた」 (11時35分)

シード勢の敗退が相次ぐ (8時02分)

10月17日

杉田祐一 ストックホルム8強へ (22時42分)

【1ポイント速報】杉田vsトラヴァグリア (20時08分)

新感覚のテニスイベント開催 (19時48分)

大坂 9月のWTA最優秀選手に (17時00分)

前週Vの15歳ガウフ 初戦敗退 (15時33分)

ワウリンカ 熱戦制し初戦突破 (13時37分)

ディミトロフ敗退 西岡は8強 (12時47分)

5本MPしのぎ死闘制す (11時22分)

土居美咲 第2シードに逆転負け (10時50分)

10月16日

西岡良仁8強 第3シード撃破 (22時10分)

【1ポイント速報】西岡vsフリッツ (22時05分)

昨年覇者カサトキナ初戦敗退 (20時30分)

西岡「錦織は示してくれた」 (17時40分)

マレーやシュトルフが初戦突破 (16時02分)

メドヴェデフ 疲労で棄権 (10時40分)

杉田祐一と西岡良仁が初戦突破 (10時29分)

錦織 次週ウィーン大会を欠場 (1時17分)

10月15日

ペラ辛勝 熱戦制し初戦突破 (17時52分)

錦織9位 日本勢の世界ランク (16時57分)

第5シードのガリン初戦敗退 (16時17分)

ティプサレビッチが初戦突破 (15時49分)

錦織 9年間のコーチ関係解消へ (12時26分)

フェデラー 東京五輪「出たい」 (10時57分)

錦織 最終戦ランク12位へ後退 (10時23分)

杉田祐一 LLで本戦入り (10時01分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!