- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

パロット/ガリクソンの急造ペアが優勝◇USオープン

テニスのグランドスラムであるUSオープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は大会11日目の10日、ミックスダブルス決勝が行われ、主催者推薦で出場のT・パロット/C・ガリクソン(アメリカ)組が、第2シードのC・ブラック(ジンバブエ)/L・パエス(インド)組を6-2, 6-4のストレートで下し、見事ビッグタイトルを獲得した。

パロットとガリクソンは、今大会が始まるわずか2日前に出場することを決定し、締切りが過ぎていたのにもかかわらずワイルドカードでの出場権を手にしていた。

「コートでは何もプレッシャーを感じなかったし、本当にリラックスしていたわ。ただ楽しいだけでした。」と優勝後のガリクソンはコメントしている。

実はパロットは今大会のミックスダブルスに、A・スピアズ(アメリカ)とのペアで出場する予定であった。しかしスピアズが、すでにワイルドカードの権利を得ていたR・ケンドリック(アメリカ)と出場することに。またガリクソンは、R・ラム(アメリカ)とのペアで出場する予定であったが、ラムのランキングが低かったために本戦の出場権を得られなかった。

スピアズとのペアを解消したパロットは、時を同じくしてガリクソンがチームメイトを探していることを耳にし、テキストメッセージをガリクソンに送った。これが今大会のチャンピオン・チームが生まれた瞬間だった。

「今日こんなことを話していたんだ。”試合を見に誰が戻ってくるんだい?”ってね。」と、語ったパロット。この日の決勝には、ガリクソンの父である元メジャーリーガーのビル・ガリクソンのほか、パロットの妻であるクリスティンさんも観戦に訪れている。「彼女は1回戦を勝った後に帰ってしまったんだけど冗談で”決勝に進出したら戻ってくるわ”って言っていたんだ。」

試合後の会見で、もう1度ペアを組むことがあるのかと聞くと、パロットが「もし彼女が僕とプレーしてくれれば」と答えると同時に「もちろん」とガリクソンが答え、最後まで完璧なチームワークを披露していた。

(2009年9月11日10時46分)
その他のニュース

10月18日

杉田祐一8強「戻ってきた」 (11時35分)

シード勢の敗退が相次ぐ (8時02分)

10月17日

杉田祐一 ストックホルム8強へ (22時42分)

【1ポイント速報】杉田vsトラヴァグリア (20時08分)

新感覚のテニスイベント開催 (19時48分)

大坂 9月のWTA最優秀選手に (17時00分)

前週Vの15歳ガウフ 初戦敗退 (15時33分)

ワウリンカ 熱戦制し初戦突破 (13時37分)

ディミトロフ敗退 西岡は8強 (12時47分)

5本MPしのぎ死闘制す (11時22分)

土居美咲 第2シードに逆転負け (10時50分)

10月16日

西岡良仁8強 第3シード撃破 (22時10分)

【1ポイント速報】西岡vsフリッツ (22時05分)

昨年覇者カサトキナ初戦敗退 (20時30分)

西岡「錦織は示してくれた」 (17時40分)

マレーやシュトルフが初戦突破 (16時02分)

メドヴェデフ 疲労で棄権 (10時40分)

杉田祐一と西岡良仁が初戦突破 (10時29分)

錦織 次週ウィーン大会を欠場 (1時17分)

10月15日

ペラ辛勝 熱戦制し初戦突破 (17時52分)

錦織9位 日本勢の世界ランク (16時57分)

第5シードのガリン初戦敗退 (16時17分)

ティプサレビッチが初戦突破 (15時49分)

錦織 9年間のコーチ関係解消へ (12時26分)

フェデラー 東京五輪「出たい」 (10時57分)

錦織 最終戦ランク12位へ後退 (10時23分)

杉田祐一 LLで本戦入り (10時01分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!