- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラーがオープン化史上初の5連覇◇USオープン

USオープンテニス大会第15日目の8日、男子シングルス決勝が行われ、第2シードのR・フェデラー(スイス)が、第6シードのA・マレー(英国)を6-2, 7-5, 6-2のストレートで破り、オープン化史上初の大会5連覇を成し遂げた。

今季初となる、グランドスラム優勝を果たしたフェデラーは、これでグランドスラム通算13勝目となり、P・サンプラス(アメリカ)が持つ、歴代最多勝記録の14にあと1勝に迫った。

7度のサービスブレークに成功し、今大会の連勝記録を34に伸ばし、サンプラスとJ・コナーズ(アメリカ)に並ぶ、大会5勝目を挙げたフェデラーは、「とても嬉しい。自分のキャリアでも間違いなく特別な瞬間だ。今年はタフなグランドスラムがあった、だからこの勝利は信じられない。かけがえのないものです。」と、喜びを語った。

またフェデラーは、2つのグランドスラム大会で5連覇を達成した最初の選手にもなった。昨年にウィンブルドン5連覇を達成していたフェデラーは、今年は6連覇達成の期待がかかっていたものの、決勝でR・ナダル(スペイン)に歴史に残るフルセットマッチの末に敗れていた。

2004年の全豪オープン以来に、第1シードとしてはなく今大会に出場していたフェデラーは、第3セットで3度のブレークに成功し試合に勝利した。最後のブレークポイントは、チャンピオンシップ・ポイントとして第8ゲームに訪れ、フェデラーのオーバーヘッドスマッシュを返そうとした、マレーのショットがネットにかかり、試合終了となった。

21歳のマレーは、準決勝で第1シードのナダルを下し、1997年のG・ルゼッドスキ(英国)以来、オープン化以降2人目の英国人として全米オープン決勝の舞台に登場したが、1936年のF・ペリー以来となる優勝はならなかった。しかし、表彰式でのインタビューでマレーは、「素晴らしい大会だったけど、今日は史上最高の選手と対戦することになってしまった。」と、勝者を称えた。

今年最後のグランドスラムまで、ハードコートでのタイトル獲得がなかったフェデラーだが、今季は賞賛に値する成績を残してきた。全豪オープン準決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)に敗れた後、全仏とウィンブルドンの両大会で決勝に進出、またこの全米オープン直前の北京五輪では、S・ワウリンカ(スイス)とのダブルスで金メダルを獲得している。

この日の試合でフェデラーは、序盤から自信に満ちたプレーを見せ、世界で最も美しいと言われるフォアハンドとフットワークで、マレーのサービスをブレークし4−2とリードすると、その勢いは衰えずわずか27分で第1セットを先取した。

対するマレーは、今大会の3回戦でJ・メルツァー(オーストリア)を相手に、2セットダウンからの逆転勝利を演じていたが、1992年のS・エドバーグ(スウェーデン)以来、誰も第1セットダウンから決勝で勝利したものはいない。

第2セットに入ってもフェデラーの勢いは衰えず、第1セットから連続6ゲーム連取し、2−0とリードするが、第3ゲームでマレーがブレークバックに成功、続くサービスゲームもキープして2−2とゲームカウントが並んだ。続く第5ゲームで、マレーはトリプルブレークポイントを得るが、ミスジャッジの助けもありフェデラーがキープに成功する。

両者サービスキープで迎えた第12ゲームのマレーのサービスゲームで、フェデラーがトリプルセットポイントを得ると、ダウンザラインにウィナーを決め、2セットアップとした。

第3セットでもフェデラーは攻め続け、一気にゲームカウント4−0とリードする。続く第5ゲーム、観客の声援に応え、マレーがサービスキープに成功すると、第6ゲームでは、マレーがブレークバックに成功し、観客の興奮は最高潮に達した。しかし、その後もフェデラーはプレッシャーをかけ続け、最初のチャンピオンシップ・ポイントは逃したものの、2本目では数本のスマッシュの末に、今年最後のビッグタイトルと優勝賞金150万ドルを手に入れた。

(2008年9月9日11時55分)
その他のニュース

6月19日

芝前哨戦 雨のため順延に (10時07分)

フェデラー 快勝で初戦突破 (8時45分)

6月18日

大坂なおみ 今季芝初戦は白星 (23時47分)

【1ポイント速報】大坂vsサッカリ (22時46分)

奈良 惜しくも本戦出場逃す (19時16分)

約2カ月ぶりの初戦突破 (17時05分)

約3カ月ぶり復帰戦は白星 (16時53分)

錦織6位 6/17最終戦ランク (11時44分)

大坂、初戦は「最も難しい」 (10時50分)

「結果出したい」ズベレフ勝利 (7時47分)

6月17日

「今は続けたい」とマレー (19時08分)

錦織7位 17日付日本勢ランク (17時22分)

ガルシア 1日2試合を制し初V (16時24分)

「感謝」7度目挑戦で悲願の初V (14時54分)

添田豪 CH決勝進出ならず (13時46分)

大坂 1位キープで次戦へ (11時52分)

チリッチ 芝へ向けコーチ招へい (10時55分)

快勝で今季2度目V 「満足」 (10時07分)

錦織7位 6/17世界ランク (8時19分)

6月16日

チチパス 初戦は世界29位と (18時34分)

地元V狙い決勝へ「うれしい」 (17時31分)

日比野 ストレート負けで4強逃す (16時47分)

今季2度目Vへ「ベスト尽くす」 (15時29分)

添田豪、快勝でCH4強へ (14時01分)

マレー 復帰戦のドロー決定 (12時04分)

フェデラー 初戦は世界56位に (10時55分)

棄権ラオニッチ「申し訳ない」 (10時05分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!