“三度目の正直”で初V 22歳が英国勢トップへ

ゲッティイメージズ
優勝を果たしたドレイパー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのボス・オープン(ドイツ/シュトゥットガルト、芝、ATP250)は16日、シングルス決勝が行われ、第6シードで世界ランク40位のJ・ドレイパー(イギリス)がプロテクトランキング(負傷などで長期離脱した選手の救済措置)を使用し出場した同95位のM・ベレッティーニ(イタリア)を3-6, 7-6 (7-5), 6-4の逆転で破り、キャリア初のツアー優勝を成し遂げた。ドレイパーは17日更新の世界ランキングでイギリス勢男子のトップに立つ。

>>【動画】22歳ドレイパーがベレッティーニ撃破、初のツアー優勝決めた瞬間<<

>>大坂 なおみ、ガウフらエコトランス レディースOP組合せ<<

22歳のドレイパーは今大会、1回戦で世界ランク52位のS・オフナー(オーストリア)、2回戦で同54位のM・ギロン(アメリカ)、準々決勝で第4シードでのF・ティアフォー(アメリカ)、準決勝で同70位のB・ナカシマ(アメリカ)を下し決勝に駒を進めた。

決勝戦、第1セットではブレークチャンスを1度も手にできずに落としたドレイパーだったが、第2セットでは接戦の末にセットカウント1-1に追いつくと、ファイナルセットではファーストサービスが入ったときに89パーセントの高い確率でポイントを獲得。2時間4分で逆転勝ちをおさめた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはドレイパーのコメントが掲載されている。

「信じられないよ。応援してくれて本当にありがとう。本当に、本当にタフな試合だった。でも、初タイトルを獲得できて本当にうれしい。僕にとってとても意味のあることなんだ。ハードワークの賜物だと思う。ここ1年ぐらいは、たくさんのタフな瞬間があった。アップダウンはあったけれど、自分のプレーができたことは本当にうれしい」

ドレイパーは2023年11月のソフィア・オープン(ブルガリア/ソフィア、室内ハード、ATP250)、そして今年1月のアデレード国際(オーストラリア/アデレード、ハード、ATP250)と過去に2度ツアー大会決勝に進出するもいずれも準優勝。今回、“三度目の正直”でタイトルを掲げることとなった。


【ニューエラ】最新テニスキャップ・Tシャツ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・コレあの素材で出来てます テニスクラファン実施中
・ウィンブルドン賞金 10年で2倍に
・大坂 なおみ 芝大会3週連続出場へ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年6月17日11時38分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


テニスショップ テニスショップ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】diadora キャップ


次へ 次へ

【3】diadora トルネオ2   【4】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【5】diadora ICONシャツ   【6】NEWERA 半袖TEE


次へ 次へ

【7】diadora ロゴTEE   【8】NEWERA 半袖TEE


>>   テニスショップを見る

ディアドラセール

その他のニュース