マレー 復帰戦のダブルスでV

ゲッティ イメージズ
ロペスと喜びを分かち合うマレー
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのフィーバー・ツリー・チャンピオンシップス(イギリス/ロンドン、芝、 ATP500)は23日、ダブルス決勝が行われ、A・マレー(イギリス)/ F・ロペス(スペイン)組がR・ラム(アメリカ)/ J・ソールズベリー(イギリス)組を7-6 (7-5), 5-7, [10-5]のフルセットで破り、優勝を果たした。

復帰戦のダブルスで優勝を飾ったマレーは、今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)前に行った会見で2年間も股関節の痛みに苦しめられていたこと、さらに今後どこまでテニスを続けられるか分からないと涙ながらにコメントしていた。

その後は手術を受け、5カ月の休養を経て今大会に臨んでいた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはマレーのコメントが掲載されており「週の始めはリラックスしていたけど、緊張していった。僕の闘争心が動き始めたと思った」と語った。

また、マレーとペアを組んだロペスはシングルス決勝でG・シモン(フランス)を6-2, 6-7 (4-7), 7-6 (7-2)のフルセットで振り切り、単複2冠を成し遂げた。

「ウィンブルドンテニス」
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。錦織圭大坂なおみの試合も連日生中継!

【放送予定】
7月1日(月)~14日(日)WOWOWにて連日生中継※7月7日(日)除く[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織 マレーは「僕の中で1番」
・錦織 芝は「ダメージ。不安」
・ルール違反に怒りのマレー

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年6月24日5時46分)
その他のニュース