国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル 全仏OPへ「問題あるけど」

ラファエル・ナダル
会場を後にするナダル
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は11日、シングルス2回戦が行われ、元世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)は第7シードのH・フルカチュ(ポーランド)に1-6, 3-6のストレートで敗れ、2回戦敗退となった。試合後の会見でナダルは26日に開幕する全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)への出場について「身体的にはいくつかの問題を抱えているけど出場できないほどではない」と言及した。

>>【動画】ナダルvsフルカチュ 熱戦のハイライト!<<

>>ジョコビッチ、メドベージェフらBNLイタリア国際組合せ<<

同大会で過去10度の優勝を誇る37歳のナダルは今大会にプロテクトランキング(負傷などによる長期離脱選手の救済措置)を使用し出場。1回戦では予選勝者で世界ランク108位のZ・ベルグス(ベルギー)を下し2回戦に進出した。

世界ランク9位のフルカチュとの顔合わせとなった2回戦の第1セット、序盤は一進一退の攻防が続くと最初の2ゲームだけで25分以上が経過し、互いに1ゲームずつキープした。しかしその後、徐々にミスが増え始めたナダルはフルカチュに2度のブレークを許し先行される。

続く第2セット、ナダルはフルカチュにストローク戦で主導権を握られ2度のブレークを奪われると、リターンゲームでは相手のサービスを崩すことができず、1時間33分で力尽きた。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトにナダルのコメントを掲載し「いつも言っているけど世界中で受けている愛とサポートにはどれだけ感謝してもしきれない。ここローマでの大会は僕のテニスキャリアの中で最も重要な大会の1つであり、非常に多くの理由から私の心に残るものの1つだよ」と語った。

「ここでは最も重要な試合、美しい試合、感情的な試合をいくつかプレーした。僕はここローマでのプレーで苦しかった時期から立ち直ることができた。特に過去8年間は、多少の迷いを抱えながらここに来て、そこから良いプレーをし始めた。もちろん、今日はそうではなかったけど、過去には本当にあったこと。このコートでのプレーはとても楽しかったよ」

試合内容については「厳しい試合だったと思う。試合の入り方が良かったのは明らかだ。最初の2ゲームは30分近くあったけど何度かチャンスがあり、良いプレーをした。それからブレークされ、僕は彼を押し返す方法、彼から大きなチャンスを作る方法を少し失ってしまった。第1セットはスコアが試合の内容を少し裏付けていたと思う。第2セットでは彼の方が僕よりずっと良かった。第1セットではそんな感じはなかったけど、第2セットではそうだね。彼を押し返すことができなかった」と明かした。

最後に26日に開幕する全仏オープンに向けて次のように言及した。

「今は2通りがある。1つは“まだ準備が整っていない、十分なプレーができていない”ということ。ローランギャロスに出場しないという決断を下すこと。そして、もう1つは今の自分を受け入れて2週間後には違う形でプレーできるよう適切な方法で努力することだ」

「想像のとおり、この決定は今日の僕の頭の中で明確ではない。でも、もし自分の気持ちを言わなければならないとしたら、そして自分の気持ちがどちらに傾いているか言うのなら、ローランギャロスに行ってベストを尽くすと言うつもり」

「身体的にはいくつかの問題を抱えているけど僕のテニスキャリアの中で最も重要なトーナメントに出場できないほどではないだろう。明日、明後日、そして1週間後に何が起こっているのか、精神的にどのように感じるかを見てみる。準備ができていると感じたら、たとえ今は不可能に見えても、私はそこに行って、過去15年間戦ってきたもののためにベストを尽くすつもり」

なお、勝利したフルカチュは3回戦で第25シードのT・M・エチェベリー(アルゼンチン)と対戦する。エチェベリーは2回戦で世界ランク61位のT・セイボスワイルド(ブラジル)を6-3, 7-5のストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第2シードのD・メドベージェフ、第4シードのA・ルブレフ、第6シードのS・チチパス(ギリシャ)、第9シードのA・デ ミノー(オーストラリア)、第10シードのH・ルーネ(デンマーク)らが3回戦に駒を進めた。


【ディアドラ】この夏「必ず」手に入れたいアイテム登場!
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・ナダル 世界9位に屈し2回戦敗退
・ナダルに惜敗も敬意「光栄です」
・ナダル「限界まで追い込むことができるか」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年5月12日11時15分)

その他のニュース

5月24日

【告知】ジョコビッチvsマハーチ (15時29分)

14ペアで唯一 マレーとエヴァンスにWC (13時28分)

世界5位 回復間に合わず全仏OP欠場 (12時04分)

ルード4強 全仏OP前に弾み (10時34分)

マレーvsワウリンカ 全仏OP1回戦で実現 (8時44分)

ジョコ「素晴らしい勝利」全仏に向け復調? (7時21分)

齋藤咲良 全仏OP予選決勝で敗退 (0時09分)

5月23日

ナダル 全仏OP初戦はズベレフに (23時42分)

【1ポイント速報中】全仏オープン予選決勝 (23時08分)

内島萌夏 全仏OP初の本戦入り (23時02分)

錦織圭 全仏OP初戦は予選勝者 (21時41分)

大坂なおみ 全仏OP初戦は世界48位 (21時15分)

第3シードの秋田史帆らが8強 (20時27分)

元世界6位 3年連続で全仏OP欠場 (19時48分)

望月慎太郎 全仏OP初の本戦へ (19時15分)

1100勝ジョコ 歴代3番目の記録 (17時02分)

シュワルツマン「特別な場所。一生忘れない」 (15時35分)

“本当に今季で引退?”勢い止まらず8強へ (14時17分)

17歳の齋藤咲良、全仏OP本戦に王手 (12時06分)

ティーム「とても素晴らしい別れ」 (10時45分)

前週Vの17歳 西村佳世ら初戦突破 (9時54分)

ジョコビッチ 37歳を1100勝で祝う (7時59分)

大坂なおみ ウィンブルドンは予選からか (6時48分)

最後の全仏OP 死闘の末敗退 (2時34分)

内山靖崇 全仏OP予選敗退 (1時23分)

5月22日

【1ポイント速報】全仏OP予選2回戦 (23時59分)

内島萌夏 17連勝で全仏OP本戦王手 (23時58分)

錦織圭らウィンブルドン出場選手一覧 (23時21分)

ティーム 最後の全仏OP 予選敗退 (21時25分)

錦織圭 全仏OP会場で世界2位と練習 (20時15分)

望月慎太郎 快勝で全仏OP本戦王手 (18時42分)

西岡良仁が棄権「体調がおかしい」 (17時55分)

【中止】西岡良仁 リヨン2回戦 (15時44分)

【YouTube】賛否!ズベレフ・チチパスが反対派?!/マレー自らスポーツショップでラケット10本購入!第2回「テニス Weekly News」 (15時30分)

連敗脱出、全仏前にクレーで勝利 (13時08分)

ジョコビッチ 37歳に、生涯獲得賞金は280億円超え (11時33分)

マレー敗北 ジョコ戦ならず (10時25分)

ジョコ全仏制覇へ「試合が必要」 (8時38分)

本玉真唯 マッチポイント7本凌ぎ初戦突破 (7時32分)

5月21日

ダニエル太郎 接戦の末に初戦敗退 (22時56分)

西岡良仁 圧勝で初戦突破 (22時41分)

【1ポイント速報】西岡良仁、ダニエル太郎1回戦 (21時00分)

第1シード虫賀心央ら初戦突破 (20時54分)

内山靖崇 激闘制し全仏予選2回戦へ (19時54分)

【1ポイント速報】内山靖崇 全仏オープン予選1回戦 (18時50分)

シュワルツマン 全仏OP予選2回戦へ (18時38分)

内島萌夏 快勝で全仏予選2回戦へ (18時05分)

足でボール扱うトリックショット (15時02分)

ズベレフ2位ジョコは14位 最終戦ランク (10時41分)

19歳でトップ100へ 中国史上最年少記録樹立 (9時00分)

ナダル 大歓声の中全仏センターコートで練習 (7時33分)

ティーム「もうあのレベルには戻れない」 (6時25分)

坂詰姫野 全仏OP予選敗退 (5時18分)

島袋将 全仏OP予選1回戦で敗退 (0時22分)

【1ポイント速報】全仏オープン予選1回戦 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!