国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョココーチ「優勝すると分かっていた」

ノヴァーク・ジョコビッチ、ゴラン・イバニセビッチ
(左から)イバニセビッチとジョコビッチ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスの最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)は19日、シングルス決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第4シードのJ・シナー(イタリア)を6-3, 6-3のストレートで破って優勝を飾るとともに、同大会最多となる通算7度目のタイトル獲得を果たした。コーチを務める元世界ランク2位のG・イバニセビッチ(クロアチア)は今回の優勝について試合後に感想を語った。

>>【動画】ジョコビッチ優勝の瞬間<<

Nitto ATPファイナルズは今季の獲得ポイント上位8選手が出場するシーズン最後の大会。8選手が4名ずつに分かれ予選ラウンドロビンを戦い、各グループの上位2名が準決勝に駒を進める。

予選ラウンドロビンで同じグループで、そのときはシナーが7-5, 6-7 (5-7), 7-6 (7-2)のフルセットの末に勝利していたこのカード。5日ぶりの再戦となったが、この日はジョコビッチが試合を支配することとなった。

決勝戦、ジョコビッチは13本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに91パーセントの高い確率でポイントを獲得。2度のブレークチャンスをシナーに与えたものの、これを凌いだ。リターンゲームでは8度のブレークポイントのうち3度でブレークに成功、1時間43分で予選ラウンドロビンでのリベンジを果たした。

ジョコビッチは予選ラウンドロビンで敗退の危機に瀕していたものの、H・ルーネ(デンマーク)がシナーに敗れたことで2位通過して決勝トーナメント進出を決めていた。

イバニセビッチは決勝トーナメント進出までの流れについて「僕らに助けを与え準決勝進出を後押ししてくれたヤニック(シナー)に感謝しなければいけない。でも、決勝トーナメントに進出が決まった瞬間から彼(ジョコビッチ)が優勝することは分かっていたよ」とコメント。

その理由として「メンタリティが変わったんだ。新しいノヴァーク・ジョコビッチが土曜日(準決勝)からコートに登場した。 本物がコートに到着すると、その瞬間には彼と一緒にプレーできる人は誰もいないだろうね」と明かしている。

「彼がロッカールームに来るとき、練習コートに来るとき、彼の目やアプローチを見ることができる。ウォーミングアップから違ったんだ。アルカラス戦でコートに入ったとき、彼は最初のポイントから自分自身を鼓舞し、拳を突き上げていた。 彼はある意味とてもポジティブだったんだ」

「彼の目には色々なものが見えていたはずだ。同じトーナメントで1週間に2回勝つのは非常に難しい。今日は全く違う、全く違う試合だった。戦術的には、前回対戦とは全く違ったプレーをしたんだ」

しかし、予選ラウンドロビンでシナーに敗れた際は一時連絡がつかず音信不通になっていたことも明かした。

「彼が試合に負けているときに対処するのは簡単ではないんだ。火曜日(前回のシナー戦)の夜、彼は遅くに試合を終えた。水曜日、僕らは彼をまったく見かけなかったんだ。 正直に言うと、木曜日まで何が起こっているのか分からなかった。僕らは部屋にいた。 部屋に帰るのか、ウォーミングアップに行くのかも分からなかった。僕らは座って待っていたんだ。しばらくして、ようやく彼がプレーすることがわかったんだよ」

「彼と一緒に成長するのは非常に難しいことだね(笑)。彼はボレーの類、ネットでのプレーやネットでのポジションを大きく改善したと思う。今日は簡単なボレーをいくつかミスしたけど、今年は全体的に素晴らしいボレーをいくつかプレーしているね。サーブだってセカンドサーブでも時々時速200キロを超えているんだ。彼はただ勝利に向かって進んでいる。常にね」




■関連ニュース

・ジョコ 最終戦Vで3つの大記録更新へ
・シナー「来シーズンに繋がる」
・ATP最終戦、賞金は史上最高額

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年11月20日12時40分)

その他のニュース

4月16日

【速報中】西岡良仁vsムナル (20時00分)

ダニエル太郎 ストレート勝ちで2回戦へ (19時48分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsオコネル (19時25分)

驚異のバウンド 相手頭上超えるエース (19時23分)

ポール回し成功!相手呆然 (18時07分)

大坂のクレー&芝参戦「GS優勝目指す表れ」 (17時30分)

大きく腫れ上がった足首公開 (17時13分)

世界1位在位99週、歴代単独9位に (16時31分)

勝利目前で負傷、先月ジョコ撃破20歳 (16時04分)

「引退は退屈だった」復帰表明 (15時00分)

ドミニカ出身の23歳がツアー初白星「特別」 (14時31分)

島袋将、快勝で光州CH初戦突破 (12時33分)

【1ポイント速報】島袋将 CH1回戦 (11時02分)

負傷続くアルカラス「できる限りのことを」 (9時01分)

ナダル「最後の年として、1秒1秒を楽しみたい」 (7時32分)

4月15日

シャラポワ「記憶に残る試合は敗戦」 (18時58分)

チチパスVで世界6位以下が混戦に (18時01分)

37歳ガスケがツアー1000試合目へ (17時05分)

マッケンロー以来 34年ぶり快挙 (16時02分)

前週Vの内山靖崇 74上げ167位に (14時59分)

大坂なおみ 1つ上げ192位 (14時01分)

チチパス父「息子の力疑ったことない」 (10時46分)

準Vルード「追いかけ続ける」 (9時57分)

チチパスV「信じられない」トップ10復帰へ (8時39分)

ダニエル太郎 初戦は世界62位と対戦 (7時04分)

チチパス 2年ぶり3度目の優勝 (0時04分)

【動画】ポール回し成功!スーパープレーに拍手喝采 (0時00分)

【動画&画像】カゾーが負傷した実際のシーンとカゾーの腫れ上がった足首 (0時00分)

【1ポイント速報】ルードvsチチパス (0時00分)

4月14日

錦織圭 マドリッドOP欠場 (22時15分)

アルカラス 負傷で2週連続欠場 (20時49分)

ナダル「人生の一部を過ごした場所」 (19時48分)

内山 5年ぶりV「更に上を目指す」 (19時03分)

単敗退ズベレフ 5年ぶり複V王手 (18時03分)

誤審が影響「全く違う結果になった」 (16時28分)

【初中~中級】男子ダブルス大会開催 (15時44分)

幻の焼き芋 貰える!混合ダブルス大会開催 (15時25分)

内山靖崇 4年半ぶり6度目の優勝 (14時55分)

【1ポイント速報】内山靖崇 2年7ヵ月ぶり決勝戦 (12時34分)

ジョコ撃破 6度目の対戦で初 (12時10分)

シナー敗退、重要場面で誤審の不運 (10時43分)

大坂なおみ 2年ぶりクレー 相手決定 (9時11分)

ジョコ 準決勝で敗退「がっかり」 (7時18分)

4月13日

内山靖崇 2年半ぶりCH決勝へ (22時25分)

大坂なおみら全選手がBJK杯振り返る (20時56分)

杉山愛監督「世界一は夢じゃない」 (20時32分)

大坂なおみ パリ五輪出場に意欲 (19時36分)

日本 11月開催BJKファイナルズ出場決定 (19時09分)

青山/柴原ペアは敗北、日本3勝1敗で予選突破 (17時58分)

「大坂はGSを1つ、2つ獲れる」 (17時40分)

【1ポイント速報】BJK杯「日本vsカザフスタン」2日目 (16時54分)

日比野「自然に涙が出ました」 (16時49分)

日比野 激闘制し3連勝、ファイナル進出決定 (15時21分)

チチパス 失セット0で4強へ (12時09分)

ティアフォー 4ヵ月でコーチと別れ (11時09分)

熱戦制したシナー、ルーネ撃破で4強 (9時28分)

ジョコ 不調乗り越え9年ぶり4強 (8時37分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!