国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

アルカラス完敗 ジョコに脱帽

カルロス・アルカラス
最終戦初の決勝進出を逃したアルカラス
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスの最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)は18日、シングルス準決勝が行われ、第2シードのC・アルカラス(スペイン)は第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に3-6, 2-6のストレートで敗れ、初出場で決勝進出とはならなかった。試合後、アルカラスはジョコビッチについて「彼は改めて、自分が世界最高の選手である理由を証明した」と語った。

>>【動画】ジョコビッチ 最終戦の準決勝でアルカラス撃破、試合終了の瞬間<<

>>最終戦 予選ラウンドロビン 結果<<

Nitto ATPファイナルズは今季の獲得ポイント上位8選手が出場するシーズン最後の大会。8選手が4名ずつに分かれ予選ラウンドロビンを戦い、各グループの上位2名が準決勝に駒を進める。

両者は5度目の顔合わせ。初対戦でアルカラスが勝利して以来交互に勝利を収めており、現在2勝2敗となっている。直近では今年8月のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)決勝で対戦しており、この時はジョコビッチが3時間49分の死闘の末に5-7, 7-6 (9-7), 7-6 (7-4)の逆転で勝利した。

36歳で世界ランク1位のジョコビッチは同大会6年連続16度目の出場。過去6度(2008,2012-2015,2022)の優勝を飾っている。今大会は予選ラウンドロビンのグリーングループ第1戦で第8シードのH・ルーネ(デンマーク)に勝利したものの、第2戦で第4シードのJ・シナー(イタリア)に敗れ1勝1敗に。それでも第3戦で第9シードのH・フルカチュ(ポーランド)に勝利し、2勝1敗のグループ2位で準決勝に駒を進めた。

一方、20歳で同2位のアルカラスは同大会初出場。昨年は出場権を得ていたが、直前に左わき腹を負傷し欠場していた。今大会は予選ラウンドロビンのレッドグループ第1戦で第7シードのA・ズベレフ(ドイツ)に敗れたものの、第2戦で第5シードのA・ルブレフ、第3戦で第3シードのD・メドベージェフを下し、2勝1敗のグループ1位で4強入りを果たした。

この日、アルカラスは10本のサービスエースを決めファーストサービスを84パーセントの確率で成功させた。それでもジョコビッチが最高のリターンゲームを展開したことでポイント獲得率は62パーセントに留まった。ストローク戦では10本のアンフォーストエラーを犯すなどし8度のブレークポイントを握られるとその内3度をものにされ、1時間28分で力尽きた。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトにアルカラスのコメントを掲載し「彼は試合中ずっと同じレベルでプレーしていてショットの質は信じられないほどだった。そこからアドバンテージを得るのは本当に難しかった。彼は改めて、自分が世界最高の選手である理由を証明した」と語った。

「室内コートでは明らかに彼のレベルには達していないと感じている。ウィンブルドン、シンシナティ、全仏オープンでは素晴らしい試合をした。でも、彼は僕よりも多くの大会において経験が豊富だ」

勝利したジョコビッチは決勝で第4シードのシナーと対戦する。シナーは準決勝で第3シードのメドベージェフを6-3, 6-7 (1-7), 6-1のフルセットで下しての勝ち上がり。

最後にアルカラスは来季に向けて「コーチのJ・C・フェレーロ(スペイン)とはプレシーズンのこと、練習でやらなければならないことについて話さなければならない。もちろん、自分の弱点を知るために試合を見直すし、それを改善してより良い選手になるためにね。ウィンブルドン、シンシナティ、全仏オープンなどノヴァークとの対戦は全て忘れて、来年に集中するつもり」と述べた。

【ジョコビッチvsアルカラス 今季の対戦結果】

・2023年6月
全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)準決勝
ジョコビッチ 6-3, 5-7, 6-1, 6-1 アルカラス

・2023年7月
ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)決勝
アルカラス 1-6, 7-6 (8-6), 6-1, 3-6, 6-4 ジョコビッチ

・2023年8月
W&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)決勝
ジョコビッチ 5-7, 7-6 (9-7), 7-6 (7-4) アルカラス

・2023年11月
最終戦Nitto ATPファイナルズ準決勝
ジョコビッチ 6-3, 6-2 アルカラス




■関連ニュース

・ジョコ 最終戦史上最多7度目V王手
・ジョコ「本当に完璧なテニス」
・ジョコ「ラファと全く違う選手」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年11月19日12時51分)

その他のニュース

6月17日

日比野菜緒 世界24位に屈し初戦敗退 (22時58分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsカリンスカヤ (20時55分)

アルカラス 100週連続でトップ5維持 (19時03分)

ダニエル85位 錦織400位に (16時19分)

デミノーが自己最高へ 17日付世界ランク (15時46分)

逆転勝ちの内島萌夏が本戦入り (14時00分)

日比野菜緒 WTA500芝大会で本戦入り (12時13分)

“三度目の正直”で初V 22歳が英国勢トップへ (11時38分)

17歳の齋藤咲良 ITF大会で優勝 (10時32分)

大坂なおみ 世界ランク113位に浮上 (9時36分)

今季2度目 カップルで同週にツアーV (8時20分)

ダニエル太郎、初戦でフリッツと激突 (7時20分)

6月16日

元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

6月15日

大東建託OP有明 、決勝カードが決定 (18時18分)

ダブルス新ルール 改善し試験導入は継続 (16時44分)

17歳新星にWC 芝ツアー初参戦 (15時53分)

31本エース 逆転勝ちで芝4強へ (14時03分)

デミノー、ラオニッチに快勝で4強 (12時56分)

大坂なおみ 次戦は17日開幕の独大会 (11時42分)

大坂撃破「本当に勝ちたかった」 (10時39分)

世界15位ルーネ、ジャパンOP出場へ (9時34分)

大坂なおみ 元世界4位に屈し4強ならず (2時59分)

6月14日

【1ポイント速報】大坂なおみvsアンドレースク (22時00分)

ナダル 7月クレーに19年ぶり出場 (17時31分)

ウィンブルドン賞金 10年で2倍に (16時24分)

フェデラー 特別上映会に出席 (14時09分)

世界400位が第1シード撃破の金星 (13時03分)

ベレッティーニ8強 シャポ撃破 (12時14分)

ラオニッチ 25本エースで8強 (11時26分)

ナダル ウィンブルドンを欠場 (10時17分)

【画像】本田尚也とナダルの2ショット写真 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!