国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織、満足も「ゴールはない」

錦織圭
勝利した錦織圭
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのアトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード、ATP250)は25日にシングルス1回戦が行われ、世界ランク439位の錦織圭が同63位のJ・トンプソン(オーストラリア)を7-6 (7-5), 7-6 (7-5)のストレートで破り初戦突破を果たし、約1年9ヵ月ぶりのツアー復帰戦を白星で飾った。試合後のオンコートインタビューで錦織は満足感を滲ませるとともに、今季について「ゴールはない」と語った。

>>【動画】錦織 ツアー復帰戦、勝利の瞬間両手を突き上げる<<

>>錦織 ツアー復帰大会2回戦 1ポイント速報<<

>>錦織、西岡らアトランタOPの組合せ<<

33歳の錦織は、先月のカリビアン・オープン(プエルトリコ/パルマスデルマル、ハード、ATPチャレンジャー)で約1年8ヵ月ぶりに復帰し優勝した後、チャレンジャー2大会に出場した。

今大会は、プロテクトランキング(負傷などによる長期離脱選手の救済措置)を使用して世界ランク48位として出場。2021年10月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)以来となるツアー大会復帰となる。

初戦の相手は世界ランク63位のトンプソン。錦織にとって復帰後初の世界ランク100位以内の選手との対戦となった。

ツアー復帰戦の第1セット、錦織は第2ゲームでブレークポイントを3本握るもこれを逃す。第6ゲームではネットプレーを決めるなどし再び2度のブレークポイントが錦織に訪れるも、トンプソンにサービスでしのがれる。しかし、錦織も自身のサービスゲームを着実にキープしていき、このセットはタイブレークに突入する。

タイブレークでは両者1度ずつのミニブレークで迎えた6ポイント目で、錦織が強烈なフォアハンドを打ち込み2度目のミニブレークに成功。7ポイント目でもさらにミニブレークを果たした錦織は、このリードを守り切り第1セットを1時間9分で獲得する。

続く第2セット、錦織は第4・第8ゲームで計3度のブレークポイントをトンプソンに与えるも攻撃的なプレーでこのピンチをしのぐ。一方のトンプソンも第11ゲームでブレークポイントをしのぎ、このセットもタイブレークにもつれ込む。

迎えたこの試合2度目のタイブレーク。錦織は先にミニブレークを許したものの、4ポイント目でパッシングショットを決め追いつく。その後再びリードを許した錦織だったが8ポイント目でトンプソンがダブルフォルトを犯しイーブンに。最後は先にマッチポイントを握った錦織がこれをものにし、2時間25分の熱戦を制し初戦突破を果たすとともに、復帰後初めて世界ランク100位以内の選手から白星を挙げた。

試合後のオンコートインタビューで錦織は試合を振り返るとともに、今後についての意気込みを語った。

「ジョーダン(トンプソン)と1回戦で対戦するのは簡単なことではなかったです。彼はベースラインからとても安定していてあまりミスをしないので、僕は常にアグレッシブにプレーしなければいけませんでした」

「でも今日のプレーには満足しています。もう少しステップアップすべきだった場面もありましたが、このタフなコンディションの中、2セットで勝ててよかったです」

「いいプレーができました。ここの前に何度かチャレンジャー大会に出場しましたが、2年ほどプレーしていなかったんです。なので、かなりいいレベルだったと思います。今週もベストのプレーを続けて、勝ち残れることを願っています」

「(今季の)ゴールはありません。ただ1試合1試合、タフな試合に勝てるように頑張るだけです。トップ選手たちと戦うためには、もっと自信が必要です」

勝利した錦織は2回戦で第6シードのB・シェルトン(アメリカ)と予選勝者で世界ランク156位のシャン・ジュンチェン(中国)の勝者と対戦する。

[PR]錦織 圭 ツアー復帰戦 7/24~「男子テニスATPツアー250 アトランタ」、7/31~「ATP500 ワシントンD.C.」をWOWOWで放送・ライブ配信・アーカイブ配信

■WOWOWオンデマンドはこちら>




■関連ニュース

・錦織、アルカラスら若手と対戦熱望
・芸術ロブに相手立ち上がれず
・あの試合から2年でウィンブルドン優勝に驚き

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年7月26日5時06分)

その他のニュース

6月15日

大東建託OP有明 、決勝カードが決定 (18時18分)

ダブルス新ルール 改善し試験導入は継続 (16時44分)

17歳新星にWC 芝ツアー初参戦 (15時53分)

31本エース 逆転勝ちで芝4強へ (14時03分)

デミノー、ラオニッチに快勝で4強 (12時56分)

大坂なおみ 次戦は17日開幕の独大会 (11時42分)

大坂撃破「本当に勝ちたかった」 (10時39分)

世界15位ルーネ、ジャパンOP出場へ (9時34分)

大坂なおみ 元世界4位に屈し4強ならず (2時59分)

6月14日

【1ポイント速報】大坂なおみvsアンドレースク (22時00分)

ナダル 7月クレーに19年ぶり出場 (17時31分)

ウィンブルドン賞金 10年で2倍に (16時24分)

フェデラー 特別上映会に出席 (14時09分)

世界400位が第1シード撃破の金星 (13時03分)

ベレッティーニ8強 シャポ撃破 (12時14分)

ラオニッチ 25本エースで8強 (11時26分)

ナダル ウィンブルドンを欠場 (10時17分)

6月13日

コレあの素材で出来てます テニスクラファン実施中 (18時55分)

錦織圭と大坂なおみ 五輪出場権獲得 (17時52分)

西岡良仁 2年ぶりトップ100陥落 (17時07分)

世界232位が元王者破る番狂わせ (15時58分)

ナダルとフェデラーに共通する価値観 (14時47分)

大坂と自身「似たようなキャリア」 (13時36分)

ナダルとアルカラス 五輪で複出場 (10時34分)

女王 ぶっつけ本番でウィンブルドンへ (9時09分)

大坂なおみ 芝のプレーに「自信」 (8時24分)

大坂なおみ 54分完勝で芝6年ぶり8強 (0時13分)

6月12日

【1ポイント速報】大坂なおみ リベマOP2回戦 (23時11分)

得意の芝で元世界6位が復帰 (16時18分)

元世界3位ラオニッチ 復帰戦の芝で快勝 (14時28分)

ズベレフ 疲労の蓄積で母国大会欠場 (12時39分)

柴原瑛菜 ラドゥカヌに屈し初戦敗退 (12時16分)

マレー 今季芝初戦で黒星 (11時37分)

島袋 ノリーにフルセットで敗れる (10時59分)

【動画】大坂なおみ撃破の瞬間!アンドレースクが熱戦制し4強 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!