国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコが明かす 自身の原点

ノヴァーク・ジョコビッチ
ノヴァーク・ジョコビッチ
画像提供: ゲッティイメージズ
スポーツ用品メーカーのアシックスジャパン株式会社は今年4月上旬、男子テニスで世界ランク3位のN・ジョコビッチ(セルビア)にインタビューを行った。今回は自身がテニスを最初に始めた場所やテニスの精神的なメリットなどについて答え、最後にこれからテニスを始めたい人にメッセージを送っている。

2018年1月1日からアシックスと契約を結んでいる35歳のジョコビッチ。今季は1月のアデレード・インターナショナル1(オーストラリア/アデレード、ハード、ATP250)と全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で優勝している。

しかし、4月のロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)では3回戦で。翌週のスルプスカ・オープン(ボスニア・ヘルツェゴビナ/バニャ・ルカ、クレー、ATP250)では準々決勝で敗れている。さらに現在行われているBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)には昨年王者として出場するも4強入りを逃している。

【ジョコビッチのインタビュー(後編)】
Q、あなたがプレーを始めた場所や、その様子について詳しく教えてください

「僕がテニスを始めたのはセルビアのコパオニク山という、以前、両親がレストランを経営していた場所です。4歳か5歳のときに両親が作ったテニスコートで初めてテニスをプレーしました。そして、コートを作る作業員の手伝いもしていました。レストランで飲み物や食べ物を彼らに差し入れする代わりに、一緒にコートを作ることを許してくれたんです」

「最初のテニスキャンプが来た際に父がテニスラケットを買ってくれました。手にした瞬間、一目惚れしたんです。その日の感動は、今でも忘れられません。僕がテニスを始めたときは、家族にも国にもテニスの伝統がなかったので、恵まれたものではありませんでした。しかし、運命は不思議と巡ってくるのかもしれないですね」

Q、その経験が次の世代にどのような刺激を与えることを願っていますか?

「次の世代を刺激するものであってほしいと思います。タイトルを獲得し、世間に認知され、その成功の恩恵を受けて、プラットフォームを持つことができた幸運なプロアスリートとして、世界中の若い子供たちにテニスラケットを握ってもらい、テニスを選ぶきっかけになってほしいと願っています。テニスは美しいスポーツであり、国際的なスポーツでもあります。世界中を旅して、素晴らしい場所を訪れ、自分の居場所を作ることができるのです」

「僕はおそらく西洋出身の選手たちとは異なるスタートを切りました。しかし、このような僕の経験は、世界中の発展途上国や恵まれない国の多くの子どもたちにとって、身近なものだと思います。僕はテニスやスポーツができない地域の人々に、その機会を提供することに情熱を注いでいます。しかし、それだけでは決して十分ではありません。子どもたちが僕を見て、僕の歩んできた道を知り、いつか自分もチャンピオンになりたいと思うようになってくれたら嬉しいです」

Q、テニスの精神的なメリットは何ですか?

「多くはありませんが、テニスは個人スポーツなので、自分で考えてプレーしなければなりません。コート上では、自分自身で解決策を見つけなければならないのです。今年になるまではコーチング(指導)が認められていませんでしたが、現在はある程度のコーチングが認められています。しかし、それでもほとんどが自分自身の判断になります。突然体調が悪くなっても、代役をしてくれる人はいません。そのため、個人競技に参加することで、自立した問題解決能力、精神的な解決能力を身に付けることができると考えています」

「また、忍耐力や選手としての心構えだけではなく、大きな夢や自分のやってきたことを信頼することを学ぶこともできます。つまり、最終的にはメンタルゲームなのです。もちろん、プロスポーツである以上、身体的にも多くのことを要求されますが、正しい努力をすれば精神面と両立することができます。これらは素晴らしい人生の教訓となって、大きく成長することができると思います」

Q、これからテニスを始めたい人に向けて一言お願いします

「どんな形であれ、是非テニスを始めてほしいです。テニスは協調性、バランス、強さ、スピード、敏捷性、柔軟性、本当にあらゆることを伴う素晴らしいスポーツです。ただ体を動かしたい人にとっても、良いトレーニングになると思います。そして、テニスを通じて自分の身体をケアできるので、健康を維持できます。プロという点では先ほども言ったように、万国共通で最も人気のあるスポーツであり、世界中を旅して様々な文化や人々の違いを体験することができます」

「ツアーでの生活は大変なことも多いですが、素晴らしいことばかりで自身の人生経験を豊かにしてくれます。もちろん、大きな成功を収めれば、そこから素晴らしい人生が待っていることだろう。そして、テニスを通じて、多くの人脈、繋がり、プラットフォームを構築して、より良い人生を送ることができると考えています」


■関連ニュース

・ジョコ 錦織は「最も速い」
・錦織 ジョコやナダルと対戦望む
・錦織vsジョコ 過去の対戦一覧

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年5月24日12時01分)

その他のニュース

2月28日

本玉真唯 予選突破も世界43位に完敗 (8時40分)

メド初戦突破、元世界6位新コーチ帯同 (7時45分)

【1ポイント速報】本玉真唯vsシニアコバ (6時55分)

2月27日

モンフィスにリベンジ成功、次戦マレー (22時56分)

予選勝者コボリがオジェ撃破 (22時04分)

ダニエル太郎「ベストは尽くした」 (19時00分)

通算2度目 トップ10撃破の金星 (18時03分)

西岡良仁「なんとか乗り切った」 (17時06分)

3時間死闘制し6連敗阻止 (16時37分)

30年前の父の記録目指し2回戦へ (15時25分)

西岡良仁 逆転勝ちで初戦突破 (14時36分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsボルジェス (14時05分)

ダニエル太郎 デミノーに完敗で初戦敗退 (13時48分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsデミノー (12時09分)

エース1本で15万円の寄付を表明 (11時03分)

2度のMP凌ぎ3度のタイブレーク制して初戦突破 (9時56分)

2年ぶり出場へ ナダルがIWで練習開始 (8時13分)

マレー 史上5人目の大台到達「悪くないね」 (7時18分)

2月26日

ジョコらテニス界から5名ノミネート (22時13分)

日本勢トップ日比野菜緒 順位9上げる (19時38分)

準V全豪OP以来の出場 ポイント防衛へ (18時22分)

ダニエル64位 西岡は82位へ (14時38分)

西岡良仁 アカプルコ本戦入りならず (13時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsモウ (11時17分)

本玉真唯 予選勝ち抜き「WTA500」本戦へ (10時02分)

ツアー5勝目で「ATP500」初制覇 (8時28分)

1日3試合 5時間戦いツアー単複2冠達成 (7時32分)

2月25日

復帰迫るナダル 練習動画公開 (19時05分)

錦織圭の新コーチ”ヨハンソン”とは (18時21分)

29歳でツアー初V「奇跡だと思う」 (16時07分)

ダニエル太郎 初戦でデミノーと激突 (15時31分)

予選勝者が第2シード撃破し決勝へ (14時57分)

マレー 南米テニスに「MSやるべき」 (14時09分)

西岡良仁 完勝でアカプルコ本戦に王手 (12時54分)

望月慎太郎 ヒジカタと熱戦も予選敗退 (12時38分)

【1ポイント速報】西岡良仁、望月慎太郎 予選1回戦 (9時51分)

逆転勝ちでキャリア最大タイトル獲得 (9時19分)

激闘の第1セット制しツアー6勝目 (8時34分)

錦織 新コーチは元全豪王者に (7時31分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!