国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

国枝「現状に満足しない」

国枝慎吾
引退会見の国枝慎吾
画像提供: tennis365.net
ユニクロは7日、先月22日に現役引退を発表した車いすテニス元世界ランク1位の国枝慎吾の引退記者会見を都内某所で開催。国枝は世界王者として長年戦うことができた要因として「現状に満足せずに常に自分の中で課題を見つけ続けてきた」と語った。

【画像】国枝慎吾、錦織ら豪華メンバーと写真

38歳の国枝は現役時代、グランドスラムの車いすテニス部門で男子歴代最多となる50回(シングルス28回、ダブルス22回)の優勝を記録。さらに2021年の東京パラリンピック(日本/東京、ハード)で金メダルを獲得、昨年7月にはウインブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で念願のシングルス優勝を果たし、四大大会とパラリンピックを制覇する生涯ゴールデンスラムを達成した。

また、パラリンピックにおいてはシングルスで金メダルを3個、ダブルスで1個獲得。2004年のアテネ大会~2021年の東京大会の5大会で連続のメダル獲得を成し遂げている。

国枝は引退会見で、世界のトップで戦い続けられた理由について語った。

「どのスポーツにも言えることだと思いますが、年々スポーツのレベルは上がっていきます。僕自身も今の自分とプロに転向した2009年の時の自分が戦ったら間違いなく(今)勝てると思えるぐらい、車いすテニスのレベルは年々上がっていますし、今でも成長中だと思います」

「『俺は最強だ』って言って世界1位を2006年から続けてきて何が難しかったと言うと、2位や3位の時は1位の背中を見て1位の選手に勝つためにどうすれば良いのかを組み立てていきますが、1位になった瞬間に誰の背中も見えなくなってしまうことが難しさとしてありました」

「でもスポーツのレベルは上がっていき、自分自身が現状維持のままだと相対的には衰退している状態になってしまうので、1位でも自分の中で課題を見つけていかに成長していくのかが難しさでもあり、面白さでもあったかなと。2006年から2023年まで長いこと1位を続けられた理由は、現状に満足せずに常に自分の中で課題を見つけ続けてきた、その難しさにチャレンジしてきたことが要因として挙げられると思います」

また国枝は今後の活動について、「引退発表からだいたい2週間くらい経って、何となく自分の中では何をしていきたいのか、ぼんやりと出てきた」としながらも、「ちょっとまだ心の中に秘めておきたいと思います」とコメントしている。




■関連ニュース

・国枝慎吾に国民栄誉賞の授与検討
・フェデラーが国枝慎吾を激励
・国枝 生涯ゴールデンスラム達成

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年2月8日7時55分)

その他のニュース

3月5日

元世界21位が引退、五輪でメダルも獲得 (19時19分)

柴原瑛菜 シングルス初優勝 (18時08分)

西岡 3時間死闘の末に予選敗退 (12時37分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsシャン (11時55分)

ナダルとラオニッチ 初戦で激突 (11時50分)

ダニエル太郎 初戦は世界84位 (10時53分)

大坂なおみ 初戦は予選勝者に (10時24分)

ルブレフ 賞金&ポイント没収なし (7時36分)

望月慎太郎 シュワルツマン撃破 (6時47分)

綿貫陽介 BNPパリバOP予選欠場 (5時51分)

3月4日

西岡良仁 日本勢トップに返り咲き (18時05分)

カップルで同週V!ATP&WTA500制覇 (17時11分)

同国対決制しツアー初V「本当によくやった」 (15時23分)

2週連続Vでキャリアハイ19位へ (13時50分)

西岡、綿貫、望月がIW予選に出場 (11時51分)

日比野と本玉 揃って予選決勝へ (10時59分)

アルカラスがナダルに逆転勝ち (10時14分)

ジョコ 同胞ヨキッチと旧交温める (8時59分)

優勝後に大移動、恋人の決勝に間に合うか (7時39分)

3月3日

BNPパリバOP 日比野と本玉が予選出場 (17時52分)

地元の期待背負い決勝へ 単複2冠に王手 (16時42分)

デミノーが連覇 通算8勝目 (15時25分)

18歳新星に主催者推薦 BNPパリバOP (14時21分)

ATPが150万円、チチパスは225万円を寄付 (12時10分)

ナダル&アルカラス 復帰はエキシビションから (11時07分)

ルブレフ失格に「マイナーリーグだ」 (10時16分)

好調のアンベールが今季2勝目 (9時11分)

【動画】現役最後の試合を終え、涙を流すジョンソン (0時00分)

【動画】カップルで同週V!熱い抱擁で喜びを分かち合うデミノーとボールター (0時00分)

3月2日

復帰迫るナダルがディミトロフと練習! (17時14分)

逆転勝利の要因に”まさかの例え” (16時19分)

連覇に王手「彼の1日も早い回復を」 (15時25分)

優勝候補撃破も大ブーイング (13時20分)

メド撃破し決勝進出「完璧な試合」 (12時07分)

相手失格も擁護「彼はそんな男じゃない」 (10時37分)

失格に物議「確認すべき」 (9時30分)

世界5位が線審を怒鳴りつけ失格 (8時31分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!