国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

準Vルバキナ「質は良かった」

エレナ・ルバキナ
(左から)サバレンカとルバキナ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は28日、女子シングルス決勝が行われ、第22シードのE・ルバキナ(カザフスタン)は第5シードのA・サバレンカに6-4, 3-6, 4-6の逆転で敗れ、昨年のウインブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)に続く2度目の四大大会制覇とはならなかった。

>>チチパスvsジョコビッチ 全豪OP決勝 1ポイント速報<<

>>青山/柴原ペア全豪OPダブルス決勝 1ポイント速報<<

決勝戦、過去3度対戦し1度もサバレンカに対し勝利できていなかった23歳のルバキナはサービスを中心にサービスゲームのキープを続けると、リターンゲームでは第3ゲームで40-0からポイントを連取しブレークに成功。その後1度は追いつかれるも、第9ゲームではブレークチャンスでサバレンカがダブルフォルトを犯し再びブレーク。第1セットを先取した。

第2セットでも第1ゲームで2度ブレークチャンスを掴むなどルバキナペースで推移したが、第4ゲームでブレークを許すと、そのままセットを落とし1セットオールに。ファイナルセットでは互いに譲らずキープが続くが、ニューボールとなった第7ゲームでこのセット唯一となるブレークを奪われ、2時間28分で力尽きた。

今回の準優勝で初の世界ランクトップ10デビューを果たすことになるルバキナ。昨年のウインブルドンは優勝を飾ったもののロシアによるウクライナ侵攻の影響でポイントが加算されず、世界ランクの上昇はなかった。

試合後の会見でルバキナは「アリナ(サバレンカ)は第2セットからレベルが上がったと思う。彼女はとてもいいプレーをしていたし、アグレッシブでミスも少なくなっていた。私ももっとアグレッシブになるべきだった。確かに、逆転のチャンスは何度かあったんだけどね。でも、彼女は今日本当にいいプレーをしていた。精神的にも肉体的にも強かったわ」と語った。

また、試合中に大きなリアクションや声出し、表情の変化などを見せることが少ない自身のプレーについても明かしている。

「私にプレッシャーを与えてくる女子選手はそう多くはないと思う(笑)。彼女(サバレンカ)は素晴らしいサーブを持ち、攻撃的なプレーをするから簡単ではない。彼女のボールはとても重いの。このようなプレーをする選手は、おそらくほとんどいない。こちらもいいサーブを打たなければならないと思っていた。最終的にはプレッシャーになったね。チャンスがあればすぐにそれをものにしなければいけない。今日は、何度かチャンスがあったんだけど取れなかった。試合は私の思い通りにはいかなかったの」

「試合の質は良かったと思う。互いにとてもパワフルな試合だった。ツアーではパワフルなプレーヤーはあまりいない。このようなテニスが他のプレーヤーにもっとアグレッシブになるように仕向けているのかもしれないね」

世界ランクが大幅に上昇することについては「ランキングが上がったからと言って、私が変わるとは思わないわ」と話した。

「でも、小さな大会では、確実に違うものになると思う。私はシードされるだろうからいくつかの大会では1回戦を戦うことはないはず。だから、もちろんこれによるメリットもある。期待とか、そういうことは考えないようにしようと思っている。でも、プレシーズンがうまくいったから、それをコートで見せないといけないと思っていた。そうすれば、当然結果はついてくる」

「最終的には、前進すること。努力し続けることへの自信につながると思う。体力的にも今はいい感じ。これからも努力を続ければ、必ず結果はついてくると思っている。目標は変わらず、グランドスラムの2週目に入り決勝を戦うことなの」

一方、勝利したサバレンカは四大大会シングルスで初のタイトルを獲得となった。ダブルスでは2019年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)と2021年の全豪オープンで優勝を経験しているため、単複合わせて3度目の制覇となる。

[PR]全豪オープンテニス 青山 修子・柴原 瑛菜ペア悲願の優勝なるか
1/29(日)女子ダブルス決勝 午後0時50分からWOWOWで生中継

西岡 良仁ら出場「デビスカップ 日本vsポーランド」
2/4(土) 2/5(日)WOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・全豪オープン女子シングルスの組み合わせ・結果
・全豪オープン男子シングルスの組み合わせ・結果
・錦織 圭「名を刻めて嬉しい」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年1月29日9時19分)

その他のニュース

4月15日

【告知】島袋将 CH1回戦 (21時46分)

シャラポワ「記憶に残る試合は敗戦」 (18時58分)

チチパスVで世界6位以下が混戦に (18時01分)

37歳ガスケがツアー1000試合目へ (17時05分)

マッケンロー以来 34年ぶり快挙 (16時02分)

前週Vの内山靖崇 74上げ167位に (14時59分)

大坂なおみ 1つ上げ192位 (14時01分)

チチパス父「息子の力疑ったことない」 (10時46分)

準Vルード「追いかけ続ける」 (9時57分)

チチパスV「信じられない」トップ10復帰へ (8時39分)

ダニエル太郎 初戦は世界62位と対戦 (7時04分)

チチパス 2年ぶり3度目の優勝 (0時04分)

【1ポイント速報】ルードvsチチパス (0時00分)

4月14日

錦織圭 マドリッドOP欠場 (22時15分)

アルカラス 負傷で2週連続欠場 (20時49分)

ナダル「人生の一部を過ごした場所」 (19時48分)

内山 5年ぶりV「更に上を目指す」 (19時03分)

単敗退ズベレフ 5年ぶり複V王手 (18時03分)

誤審が影響「全く違う結果になった」 (16時28分)

【初中~中級】男子ダブルス大会開催 (15時44分)

幻の焼き芋 貰える!混合ダブルス大会開催 (15時25分)

内山靖崇 4年半ぶり6度目の優勝 (14時55分)

【1ポイント速報】内山靖崇 2年7ヵ月ぶり決勝戦 (12時34分)

ジョコ撃破 6度目の対戦で初 (12時10分)

シナー敗退、重要場面で誤審の不運 (10時43分)

大坂なおみ 2年ぶりクレー 相手決定 (9時11分)

ジョコ 準決勝で敗退「がっかり」 (7時18分)

4月13日

内山靖崇 2年半ぶりCH決勝へ (22時25分)

大坂なおみら全選手がBJK杯振り返る (20時56分)

杉山愛監督「世界一は夢じゃない」 (20時32分)

大坂なおみ パリ五輪出場に意欲 (19時36分)

日本 11月開催BJKファイナルズ出場決定 (19時09分)

青山/柴原ペアは敗北、日本3勝1敗で予選突破 (17時58分)

「大坂はGSを1つ、2つ獲れる」 (17時40分)

【1ポイント速報】BJK杯「日本vsカザフスタン」2日目 (16時54分)

日比野「自然に涙が出ました」 (16時49分)

日比野 激闘制し3連勝、ファイナル進出決定 (15時21分)

チチパス 失セット0で4強へ (12時09分)

ティアフォー 4ヵ月でコーチと別れ (11時09分)

熱戦制したシナー、ルーネ撃破で4強 (9時28分)

ジョコ 不調乗り越え9年ぶり4強 (8時37分)

4月12日

【会見全文】大坂なおみ「特別な感情」 (21時13分)

杉山監督「2人とも素晴らしかった」 (19時06分)

大坂なおみ「とても緊張した」 (18時44分)

日比野「攻守のバランス良かった」 (17時22分)

大坂なおみ 相手エース撃破!日本勝利に王手 (17時15分)

【1ポイント速報】BJK杯「日本vsカザフスタン」初日 (15時25分)

日比野菜緒が完勝で日本が先勝! (15時20分)

“指揮者”ジョコがブーイングに応戦 (11時56分)

大会史上最長3時間30分の死闘制す (11時33分)

好調シナー 今季3度目MSで8強 (10時27分)

大坂ら日本代表5選手にインタビュー (9時10分)

ジョコ 昨年負けた相手に雪辱果たす (0時06分)

【動画】シナーが誤審でブレークを逃した場面 (0時00分)

【動画】ジョコビッチ撃破!ルード勝利の瞬間 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!