国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ティアフォー「いい気分」

フランシス・ティアフォー
会見で笑顔を見せるティアフォー
画像提供: tennis365.net
男子テニスの楽天ジャパンオープンテニス チャンピオンシップス2022(日本 /東京、ハード、ATP500)は8日、シングルス準決勝が行われ、第4シードのF・ティアフォー(アメリカ)が世界ランク120位のクォン・スンウ(韓国)を6-2,0-6,6-4のフルセットで破り、大会初の決勝進出を果たした。試合後の会見でティアフォーは「とてもいい気分」と語った。

>>ティアフォーら楽天OP組み合わせ<<

3度目の楽天ジャパンオープンテニス チャンピオンシップス出場となったティアフォー。今大会、1回戦でワイルドカード(主催者推薦)で出場する世界ランク314位の内山靖崇、2回戦で同80位のB・ミラリェス(スペイン)、準々決勝で同33位のM・キツマノビッチ(セルビア)を下し、4強入りを決めた。

屋根の開けられたセンターコートで行われたこの試合、開始から主導権を握ったティアフォーは5ゲームを連取するなど圧倒。ブレークポイントを握られることなく先行する。しかし、第2セットではミスを連発。1ゲームも取ることができず1セットオールに。

迎えたファイナルセット、ティアフォーは2度のブレークに成功し、ゲームカウント5-2とリード。1度目のサービング・フォー・ザ・マッチとなった第8ゲームでブレークバックを許すも第10ゲームをキープし、1時間36分で勝利した。

試合後の会見でティアフォーは「決勝に進出することができてとてもうれしく思っている。今のところいいテニスができていると思うよ。この夏を振り返ると接戦の末にと負けるということがあったけど、そういったことも徐々に無くなり、今はとても自信を持ってプレーできている」とコメントした。

「(第2セットは)2度目のブレークを許した時にもう諦めていた。ファイナルセットに懸けようと思った。0-5のときに自身のサービスゲームをキープしてファイナルセットを自分のサービスゲームで始めたいと思ったが、それもできなかった。(ファイナルセットは)ゲームの内容が急によくなった。第1ゲームでブレークポイントを凌ぎキープできたのがよかったと思う」

決勝では第3シードのT・フリッツ(アメリカ)と第7シードのD・シャポバロフ(カナダ)の勝者と対戦する。

一方、敗れたクォンは「ATP500」で初の準決勝の舞台となったが、勝利をおさめ決勝に進出することはできなかった。

[PR]10/3(月)~10/9(日)「楽天ジャパンオープンテニス」
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ティアフォー 楽天OP決勝進出
・4強ティアフォー「とても良い」
・ティアフォー「いい試合」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年10月8日17時45分)

その他のニュース

7月24日

必ず5000円以上貰える?!テニス365大会情報 (20時48分)

西岡良仁 2回戦は世界97位に (15時31分)

前週Vの元世界6位、接戦制し2回戦へ (13時01分)

ティーム 最後のクレーは初戦敗退 (11時56分)

5連敗阻止で全仏OPぶり白星 (10時57分)

ナダル/アルカラスのペア名は? (10時05分)

大坂なおみ パリ五輪会場で連日調整 (8時54分)

錦織圭 パリ五輪会場で練習 (8時00分)

元世界1位マレー 現役引退を表明 (7時34分)

7月23日

西岡86位 22日付日本勢世界ランク (15時43分)

柴原瑛菜 シングルスツアー初白星 (14時45分)

大坂102位、内島は自己最高位へ (13時43分)

東京五輪銀メダリストがパリ欠場へ (11時50分)

ダニエル、ジョコと練習「夢みたいな貴重な経験」 (11時03分)

20歳が初のトップ20へ (9時56分)

世界7位が五輪欠場、傷癒えず (8時27分)

西岡良仁 ストレート勝ちで初戦突破 (7時29分)

7月22日

30歳で悲願のツアー初優勝 (22時02分)

第2シードの本玉真唯が初戦突破 (21時01分)

西岡良仁 初戦は予選勝者に (19時07分)

熱戦制し2連覇「厳しい試合」 (17時59分)

飛躍の20歳 全サーフェスV達成 (14時24分)

復帰後早くも2度目V「信じられない」 (12時14分)

ダニエル太郎 ジョコと五輪に向け練習 (11時10分)

20歳フィスがズベレフ破り2度目V (9時35分)

ナダル撃破しツアー初V「感動」 (8時42分)

ナダル準Vも「満足できない」 (7時42分)

7月21日

19歳 リターン無双、2年連続決勝進出 (20時02分)

今井慎太郎V 高額賞金「ありがたい」 (19時20分)

西郷里奈が高額賞金大会V (18時21分)

チチパス下し今季3度目の決勝進出 (13時31分)

ナダルと決勝「夢のよう」 (11時53分)

望月慎太郎 6連敗 遠い白星 (10時42分)

ズベレフ 快勝で2連覇王手 (9時01分)

ナダル 131度目の決勝進出、復活V王手 (8時20分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!