国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ティアフォー 楽天OP決勝進出

フランシス・ティアフォー
決勝進出を果たしたティアフォー
画像提供: tennis365.net
男子テニスの楽天ジャパンオープンテニス チャンピオンシップス2022(日本 /東京、ハード、ATP500)は8日、シングルス準決勝が行われ、第4シードのF・ティアフォー(アメリカ)が世界ランク120位のクォン・スンウ(韓国)を6-2,0-6,6-4のフルセットで破り、大会初の決勝進出を果たした。

>>シャポバロフら楽天OP組み合わせ<<

>>フリッツvsシャポバロフ 1ポイント速報<<

屋根の開けられたセンターコートで行われたこの試合、第2ゲームのリターンゲームで苦しい体勢ながらバックハンドのダウンザラインを決めたティアフォーがポイント先行すると、最後はストロークの打ち合いから強烈なフォアハンドウィナーを放ち先にブレーク。

その後も緩急織り交ぜたドロップショットやスライスなどを駆使し中盤5ゲームを連取する。サービスゲームではファーストサービスが入ったときに75パーセントの確率でポイントを獲得。ブレークバックの機会を与えることなく第1セットを先取した。

しかし、第2セットでは第2ゲームでこの日初めてのブレークを許しリードされるとクォンの勢いに押されミスを連発。6ゲーム連取を許し一方的な展開とし、セットカウント1-1に追いつかれた。

ファイナルセット、互いにサービスゲームのキープが続くと、ティアフォーが第5ゲームで先にブレーク。クォンはブレークポイントを握られたなか積極的にネットに出たもののボレーがアウトとなった。第7ゲームでもブレークに成功したティアフォーは、その後1度クォンにブレークを返されたもののリードを守り切り、1時間36分でシーソーゲームをものにした。

今年の全米オープン(アメリカ/ニューヨークハード、グランドスラム)で自身初の四大大会ベスト4進出を果たした勢いそのままに決勝へ駒を進めた。

決勝では第3シードのT・フリッツ(アメリカ)と第7シードのD・シャポバロフ(カナダ)のどちらかと対戦する。

一方、敗れたクォンは「ATP500」で初の準決勝の舞台となったが、勝利をおさめ決勝に進出することはできなかった。

[PR]10/3(月)~10/9(日)「楽天ジャパンオープンテニス」
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・男女の賞金格差 19歳が疑問
・フェデラー「終わりではない」
・錦織 楽天OP欠場「残念」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年10月8日15時47分)

その他のニュース

7月19日

ナダル戦へ「厳しい試合になる」 (12時51分)

島袋将、前週のリベンジ果たし8強 (11時55分)

重要局面で誤審 ズベレフ猛抗議 (10時57分)

ツアー史上最も低いランクで4強 (10時05分)

ナダル8強も「改善しないと」 (8時58分)

錦織圭が世界1位シナーと練習 (8時00分)

錦織圭 モントリオールは予選から出場 (7時20分)

ナダル 五輪前哨戦で圧巻の8強 (0時29分)

7月18日

【1ポイント速報】ナダルvsノリー (22時20分)

ダニエル太郎 惜敗で複初の4強逃す (20時04分)

2年ぶりツアー復帰戦で8強 (19時13分)

ズベレフ「かなり痛み感じてた」 (15時57分)

ノアがデ杯日本代表スポンサーに (14時43分)

錦織圭 五輪に向けパリへ出発 (13時13分)

前週準Vの島袋将、完勝で初戦突破 (9時42分)

世界121位が世界8位撃破の金星 (8時53分)

ナダル/ルード組、接戦制し4強 (7時55分)

7月17日

選手を誹謗中傷から守るAI導入へ (15時39分)

39歳ワウリンカ 初戦敗退 (14時05分)

野口莉央、予選から3連勝で初戦突破 (12時22分)

世界102位の大坂、全米OP本戦漏れ (11時15分)

全米OP 錦織は主催者推薦でのみ出場可能に (10時27分)

昨年王者撃破で‘18年王者が初戦突破 (10時02分)

望月 第7シードに屈し初戦敗退 (8時20分)

ナダル「成功を祈る」ボルグ息子へ (7時25分)

ナダル、ボルグに完勝で初戦突破 (0時50分)

【1ポイント速報】ナダルvsボルグ (0時00分)

7月16日

ダニエル太郎 激闘の末に初戦敗退 (22時44分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsスカトフ (19時00分)

西岡良仁86位浮上、日本勢トップに (18時43分)

四大大会2大会連続準Vで初トップ5へ (17時50分)

「ラファの誘いに答えるのは簡単」 (16時49分)

「マイシン」日本リーグから撤退 (15時32分)

全チームに賞金!テニス365団体戦開催 (14時51分)

アルカラスはBIG3にないオーラがある (12時34分)

小国から史上初の世界1位が誕生 (11時18分)

”サーブロボット” 2年ぶりツアー白星 (9時13分)

ナダル狂騒曲 月曜昼に異例の超満員 (8時11分)

【動画】ナダル 圧巻のストレート勝ち!ノリー撃破の瞬間! (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!