国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル 負傷の鼻「まだ痛い」

ラファエル・ナダル
負傷し横たわるナダル
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は1日、男子シングルス2回戦が行われ、第2シードのR・ナダル(スペイン)が世界ランク60位のF・フォニーニ(イタリア)を2-6,6-4,6-2,6-1の逆転で破り、2019年以来3年ぶり14度目の3回戦進出を果たした。試合後には第4セット途中で鼻を負傷し流血するアクシデントについて「まだ少し痛い」と語った。

>>メドベージェフ、ナダルら全米OP男子 組合せ<<

>>セリーナ、シフィオンテクら全米OP女子 組合せ<<

過去2010年・2013年・2017年・2019年の計4度優勝を飾っており、今大会は優勝した2019年以来の参戦となる36歳のナダル。1回戦では世界ランク198位のR・ヒジカタ(オーストラリア)(オーストラリア)を4-6, 6-2, 6-3, 6-3の逆転で下して初戦突破を決めた。

この試合、ナダルは35歳のフォニーニに対し、ストローク戦でミスを重ね第2ゲームで先にブレークを許す苦しい立ち上がりに。その後もフォニーニに強烈なフォアハンドのダウンザラインを決められるなど挽回できずに中盤へ。第7ゲームでもピンチを招くと、最後はダブルフォルトを犯し2度目のブレークを奪われた。直後の第8ゲームではブレークチャンスを握るがこれを決め切れずにキープされ、第1セットを落とす。

第2セットでは第5ゲームまで両者1度もサービスゲームのキープができず、ナダルの2-3とシーソーゲームに。しかし、第8・第10ゲームと最終的に4度のブレークに成功したナダルがセットカウント1-1に追いついた。

第3セットでは3度のブレークに成功したナダルがブレークを1度に抑えセットカウント2-1と逆転。勝利に王手をかけると、第4セット前にフォニーニは足の治療を行った。

第4セット、第2ゲームで先にブレークを奪ったナダル。第4ゲームのファーストポイントでは、ナダルがバックハンドを打った際にバランスを崩し、1度地面に当たり跳ね返ったラケットがナダルの顔面に直撃するアクシデントが発生。鼻の一部分から出血しメディカルタイムアウトを取得する。アクシデントが起きたものの、ナダルは集中力を切らすことなく、フォニーニにブレークバックを許さず勝利。2時間42分で3回戦進出を決めた。

試合後の記者会見でナダルはラケットが鼻に当たるアクシデントを振り返り自身初の経験だったと語った。

「正直に、まだ少し痛いよ。でも勝てたから良いね。ひどいスタートから一転してハッピーだ。試合前の感触は良かったから、どうしてあんなにひどいスタートを切ってしまったのかまだ理解できていない。でも、そうだね、こういうことは時々起こる。それを受け入れて前に進むことが必要なんだ。僕はそうしてきた。ファビオ(フォニーニ)がいくつかミスをしたのが幸いして、僕はいくつかのボールを入れることができたし、試合は明らかにうまく、いいプレーで終えることができた」

「ただ、鼻は強い衝撃を受けただけなんだ。最初のうちは折れたかと思った。とても痛かったからね。英語でどう言えばいいのかわからないけど、頭の感覚が少し失われた。世界と少し離れてしまったということだ」

また、この試合では第2セット途中までリードを許し、敗北が近づいていたことにも言及。その状態のときに自身がどのような心持ちでプレーしているか明かした。

「テニスは瞬間が大事なんだ。このゲームで最も重要なことは、自分のプレーが悪いとき、あるいは相手があまりにも良いプレーをしているときスコアにこだわり過ぎないこと。そして、自分がとてもいいプレーをしているときはアドバンテージを作ることだ」

「適切な瞬間に、適切なことが起こるようにすること。今日の僕はしばらくそれができていなかった。それから、競争し始めたと思う。それが1セット半の間、僕が求めていたことなんだ。それまではいつもと違って競り合えていなかった」

「でも、ポジティブに考えてそこに留まった。ポジティブでいられたんだ。たとえ災難に見舞われたとしても、あまりイライラすることはなかった。ただ状況を受け入れて、自分が優秀だと思わないように、多くの失敗を受け入れすぎないように、謙虚でいられたことが勝因だ」

3回戦では世界ランク91位のR・ガスケ(フランス)と対戦する。ガスケは2回戦で第32シードのM・キツマノビッチ(セルビア)を下しての勝ち上がり。

同日には第3シードのC・アルカラス(スペイン)、第7シードのC・ノリー(イギリス)、第9シードのA・ルブレフ、第11シードのJ・シナー(イタリア)、第14シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)、第15シードのM・チリッチ(クロアチア)らが3回戦へ駒を進めた。

[PR]全米オープンテニス
8/29(月)~9/12(月)
WOWOWで連日独占生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信
第5日は引退示唆 S.ウイリアムズが3回戦に登場!

9/19(月)~「東レ パン パシフィック オープンテニス」、10/3(月)~「楽天ジャパンオープンテニス」も連日生中継&ライブ配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・男女の賞金格差 19歳が疑問
・錦織 サンディエゴOP出場を発表
・東レPPO 3年ぶり開催を発表

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年9月2日14時50分)

その他のニュース

6月19日

四大大会V経験者4名に主催者推薦 (21時34分)

大坂なおみ ウィンブルドン出場決定 (18時33分)

芝で転倒し叫び声、靭帯捻挫 (18時15分)

ズベレフ 世界474位に大苦戦 (16時12分)

加藤/シュアイ組 完勝で芝8強へ (14時23分)

前週Vのデミノー 中一日で挑むも初戦敗退 (11時42分)

マレー 現役5人目 1000試合に到達 (11時01分)

“世界1位”としての初戦に逆転勝ち (10時01分)

昨年王者アルカラス 芝初戦白星 (8時00分)

大坂なおみ撃破「手強い相手」 (6時54分)

6月18日

錦織圭 次週大会に向け練習公開 (22時44分)

ダニエル太郎 世界12位に完敗 (21時24分)

大坂なおみ 世界8位に惜敗 (20時26分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsフリッツ (20時00分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsジェン (17時59分)

小田凱人 2週連続Vで世界1位返り咲き (15時55分)

6月末で終了「ディアドラ」プレゼントキャンペーン実施中 (15時41分)

世界10位も五輪欠場「膝を危険にさらす」 (15時11分)

完勝ディミ 好調維持し芝シーズンスタート (12時13分)

世界3位が五輪欠場「休養を…」 (11時07分)

メド 序盤苦戦も芝初戦は白星 (10時02分)

ラオニッチ 1試合の最多エース記録樹立 (8時20分)

6月17日

日比野菜緒 世界24位に屈し初戦敗退 (22時58分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsカリンスカヤ (20時55分)

アルカラス 100週連続でトップ5維持 (19時03分)

ダニエル85位 錦織400位に (16時19分)

デミノーが自己最高へ 17日付世界ランク (15時46分)

逆転勝ちの内島萌夏が本戦入り (14時00分)

日比野菜緒 WTA500芝大会で本戦入り (12時13分)

“三度目の正直”で初V 22歳が英国勢トップへ (11時38分)

17歳の齋藤咲良 ITF大会で優勝 (10時32分)

大坂なおみ 世界ランク113位に浮上 (9時36分)

今季2度目 カップルで同週にツアーV (8時20分)

ダニエル太郎、初戦でフリッツと激突 (7時20分)

6月16日

元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

【動画】ティアフォーが転倒した場面(9:18~) (0時00分)

【動画】錦織圭 次週大会に向け練習 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!