国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織「手術して良かった」

錦織圭
錦織圭
画像提供: WOWOW
WOWOWは15日の「週刊テニスワールド」内で錦織圭の独占インタビューを放送する。インタビューでは、8月以降のツアー復帰に向けた思い、手術の決断、リハビリ、不安と戦ってきた日々が語られる。

>>大坂、シフィオンテクらW&Sオープンの組合せ<<

>>ナダル、メドベージェフらW&Sオープンの組合せ<<

昨年10月以来のツアー復帰を目指す錦織圭がWOWOWの独占インタビューに答えた。コートでの練習を再開、復帰に向け着々とトレーニングを積んでいる。自身3度目の“メス”となる股関節手術の決断、リハビリ中の不安、そして現在の心境を語ったインタビューの模様は、本日8月15日午後8時30分からWOWOW「週刊テニスワールド」で放送・配信する。また初回放送の終了後には、番組のアーカイブ配信に加え、当インタビューのロングバージョンを WOWOW オンデマンドで配信する。

WOWOWでは8月29日開幕の全米オープンテニスを連日独占生中継、WOWOWオンデマンドとWOWOWテニスワールドで全コートライブ配信する。さらに9月19日開幕の「東レ パン パシフィック オープンテニス」、10月3日開幕の「楽天ジャパンオープンテニス」を連日生中継、ライブ配信でお届けする。

【錦織圭インタビュー】

――手術した股関節の現在の状況を聞かせてください。

動き的にはかなり良い感じにはなってきています。どの動きをしてもあまり痛みはなくダッシュもできますし、横の動きもだいぶよくなってきているので、あとはポイントでどっちも動ける状況にできれば、レディーだと思います。

――32歳でメス入れるのは大きな決断だったと思いますが、悩みなどありましたか。

もう手術するしかないなってところまでいったので、心を決めて決断はできました。痛くなってから最初はだましだましやっていて、3、4カ月ぐらいは休みながらリハビリをやって治そうとやっていたのですけど、なかなか治らなくていろんな治療法を試したり、1回、テニスもトレーニングもやめて休んでみたり、いろいろやりました。でも治らなかったので、手術をすることに決めて、結果的に手術をしないと逆にかなり悪くなって人工股関節までいくところだったので、手術をして良かったかなと思っています。

――不安はどうやって乗り越えるのですか?

何回かあったのですけど、本当に無理だってなった時は、1回全部やめます。リハビリもトレーニングもテニスの練習もやめてリフレッシュしますね。1回頭の中からなくして2、3日は何もしない、それでダメだったらもうちょっと思い切って休みます。本当にレディーになって出られる、というところまできたら、もうちょっと自分をプッシュして無理やりにでも自分の背中を押してやればいけるとは思うのですが、今はそこまでいってないので、ゴールが見えない中で、もがいている時が一番どうしていいかわかんないってなっちゃうのでとりあえず休みます。

――以前(過去の怪我とそこからの復帰)の経験から、自分を自分でコントロールしているように見えます。前より落ち着いて怪我と向き合えている感じはありますか?

その経験は確実にあると思います。10年以上プロでやってきて、2、3回怪我して離脱してという経験があるからこそ、焦りは前よりはないと思うし、うまくスケジューリングできていると思います。焦りがないといえば嘘になりますが、そのなかでもうまく調整できているのではないかと思います。

――錦織選手にとってフットワークの動きは命ですが、下半身の怪我は大きな不安でしたか。

無茶苦茶怖かったですね。足(フットワーク)がなくなったら終わりだなって思っていましたし、(股関節の怪我で苦しんだ)マレーの試合を見ていても、今までの動きとは違うので。僕より深刻な状況なので僕とは違いますが、あれだけボールを取るのがマレーの良さだったのに、それがなくなっているのを見ると自分もああなっちゃうのは怖いなと思ったりします。

――ツアーを欠場した間に大きく変わったことと、変わってないことがあると思います。変わってないのはいまだにジョコビッチやナダルがトップレベルで戦い、勝っていること。変わったのは、アルカラスやシナーという若手が出てきたこと。彼らはパワーもありながら、ミスが少ない大人のプレーができます。

ジョコビッチに対してはああいう堅いプレーだし、彼の才能からしたら、まだまだあのレベルでいるのは可能なのかなと思いますし、そんなに驚きはないです。ナダルは怪我して離脱しながら、また新たな怪我がいくつも出ている中で、全仏で優勝したり、ウィンブルドンもあそこ(準決勝を負傷により棄権)までいったり、超人な感じは同じ人間とは思えない。あれはメンタルなのか体力なのか、本当にすごいなと思います。勇気をもらえますね。レベルは違うけど、あそこまで頑張っている姿にモチベーションはもらえますよね。

――アルカラスやシナーら若手の台頭はどう見ていますか?

明らかにパワープレーヤーで、若い頃から成熟した身体があって、さらに、しっかりしたテニスができるところが最近では、なかったような感じかなと思います。(オジェ)アリアシムもそうだし、アルカラス、シナー、ルードもそうですよね。完成されたテニスが若い頃からできているところが、新しいところなのかなと思います。シナーとかは昨年まで粗さはあったけど、それもなくなって強くなってきているし、今の位置に来ているのが早いなと思いますね。

画像提供:ゲッティイメージズ

――まだほとんど対戦はないですが、早く戻って戦いたいですか?

唯一アルカラスの球は受けてみたいですね。どのぐらい吹っ飛ばされるのか。あのフォアはツアー内でも強烈でトップ10にいると思いますし、それに加えてドロップだったり、ネットプレーも上手かったりするので、パワーだけじゃないところが彼の魅力だと思いますし、やってみたいのはあるかもしれないですね。あのフォアは、僕の中で衝撃的だったデルポトロに匹敵するようなすごさを持っていると思います。なかなかテクニックだけで彼を翻弄するのは...あれは強烈ですね。見ていてほかにいない選手かなと思います。

――同世代のチリッチが今年頑張っていますが励みになりますか?

そこまで意識はしてないですが、それよりいろんな選手が引退していくのは寂しいですね。デルポトロもそうですし、ツォンガとか。僕はやっぱフェレールからはじまって、戦ってきた選手、自分を育ててくれた選手が辞めていくのが寂しいですね。もう戦えなくなるのだ、という気持ちです。

――3年ぶりに楽天ジャパンオープンが開催されます。日本開催ですし、いろんな思い出があると思いますが、久しぶりに楽天でプレーできるのはどういう思いですか。

楽しみですね。(コロナ禍で)これだけ日本でプレーできていないのは初めてですし、すごく寂しかったですね。日本の観客の前でプレーするのは励みになるし、過去に優勝もしていますし、自分の実力を示せる場所としては楽しみな大会ではあります。

――過去のインタビューでも、逆境、怪我を乗り越えたことがキャリアの中で大きな前進、成長、転機になったと思いますが、今回の怪我はどういう転機になって欲しいですか?

これで最後であって欲しいというのはあります。若干リハビリ疲れが発生しているので。この機会にいろんなところを治してと思っていますね。なんだかんだ逆境は好きなのか得意なのか、テニスの試合中でもそうですけど、5セット目いったら最後まだ力を残して戦い抜けるとか、そういうところも性格だと思うので。乗り越えたところに必ず楽しいことが待っているのは間違いないので、そこ目指して無心で走り抜けられたらいいなと思っています。

【番組情報】
8/15(月)午後 8:30「週刊テニスワールド」【WOWOW ライブ】
※WOWOW オンデマンドで放送同時配信・アーカイブ配信あり
※放送終了後、WOWOW オンデマンドで錦織圭インタビュー ロングバージョンを公開
※お申し込み当月中は無料で WOWOW オンデマンドをご利用いただける無料トライアル実施中

【関連情報】

「全米オープンテニス」
8/29(月)~9/12(月)WOWOW で連日独占生中継&ライブ配信!
WOWOW オンデマンド&WOWOW テニスワールドで全試合・全コートをライブ配信!
2022 シーズン最後となるグランドスラム。大坂なおみの3度目の優勝なるか?前哨戦で準優勝した西岡良仁の活躍にも期待がかかる。

「東レ パン パシフィック オープンテニス」
9/19(月・祝)~9/25(日) WOWOW で連日生中継&ライブ配信!
東京・有明で行なわれる女子テニスWTAツアー公式戦。3年ぶりとなる開催で、2019 年大会の覇者・大坂なおみが連覇を狙う。

「男子テニス団体戦 レーバーカップ 欧州選抜 vs 世界選抜」
9/23(金・祝)~9/25(日) WOWOW オンデマンドで配信!
TOP選手が欧州選抜と世界選抜にわかれ、シングルス・ダブルスで対戦するエキシビションマッチ。今年はジョコビッチ、ナダル、フェデラー、マレーの“ビッグ4”がそろう夢の大会となる。

「楽天ジャパンオープンテニス」
10/3(月)~10/9(日) WOWOW で連日生中継&ライブ配信!
錦織圭出場予定!3 年ぶりの開催となる同大会には、東京五輪金メダルのズベレフ、今年の全仏オープン準優勝のルード、今年のウィンブルドンで“生涯ゴールデンスラム”を果たした国枝慎吾らが出場予定。

「WOWOW 女子テニス未来応援プロジェクト〜Go for the GRAND SLAM〜」
WOWOW が伊達公子氏のジュニア育成プロジェクトに参画。「コンテンツによる情報発信(番組、WEB、SNS)」と「テニスファンによる金銭応援(応援グッズ販売の売上寄附)」を通じて、ジュニア選手を応援し、日本テニス文化のさらなる発展を支える企画。現在、選手の応援グッズを販売中。

【放送予定などの最新情報は番組公式サイト、公式SNSをチェック!】
WOWOW番組オフィシャルサイト:>>https://www.wowow.co.jp/sports/tennis/<<




■関連ニュース

・男女の賞金格差 19歳が疑問
・錦織 サンディエゴOP出場を発表
・錦織 ミニオンコラボ動画投稿

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年8月15日11時00分)

その他のニュース

9月27日

綿貫陽介「骨は大丈夫そう」 (9時27分)

守屋宏紀 6年ぶり本戦も敗退 (8時44分)

内田海智 ツアー本戦初白星 (8時18分)

ティーム 激闘制し初戦突破 (7時37分)

9月26日

【告知 西岡vsエヴァンス】 (22時17分)

YouTube 白石光ら出場の夏関を取材! (22時07分)

西岡56位、錦織748位に (22時03分)

柴原瑛菜がファンと交流 (20時30分)

シナー 3連覇目指し出場 (16時35分)

3年ぶり東レPPO 約3万人来場 (15時40分)

ストレート勝ちで今季2勝目 (14時37分)

綿貫陽介 足首負傷で途中棄権 (13時56分)

大坂なおみ 46位へ浮上 (12時41分)

ナカシマ 地元で初V「ありがとう」 (12時11分)

ティアフォー 4度のMP凌ぎ大逆転 (10時54分)

ジョコ撃破のオジェ「良かった」 (9時26分)

ソネゴ 失セット0で完璧V  (8時24分)

レーバー杯 チーム・ワールドが初V (7時32分)

9月25日

フェデラー 偉大な記録の数々 (21時27分)

綿貫陽介、韓国OP本戦出場 (20時16分)

西岡とダニエル 2回戦で激突も (18時49分)

東レPPO複制覇、今季2勝目 (18時05分)

19歳が準V「これを糧に」  (17時33分)

東レV「精神面で疲れあった」 (17時11分)

東レPPO初V「言葉が出ない」 (14時59分)

サムソノヴァ 東レPPO初V (14時16分)

ワウリンカ 途中棄権で決勝逃す (13時34分)

ナカシマ 地元で初V王手 (11時34分)

ラドゥカヌ途中棄権、決勝ならず (9時43分)

ジョコ 2カ月ぶり復帰戦は完勝 (8時31分)

フェデラー「魔法のような夜」 (7時26分)

9月24日

フェデラーと対戦「感謝」 (21時25分)

綿貫、守屋、望月が予選決勝 (20時04分)

フェデラー「終わりではない」 (18時51分)

バックハンドを強化するラケット発売 (18時15分)

19歳ジャンが初の決勝進出 (17時18分)

サムソノヴァが東レ決勝進出 (14時32分)

ナダル「素晴らしい瞬間」 (13時02分)

フェデラー涙も「ハッピー」 (11時50分)

アルカラス 今季の目標明かす (11時43分)

ジャン「ベストを尽くす」 (11時34分)

東レPPOを支えるヨネックスストリンギングチーム (10時19分)

フェデラー 涙で引退試合終える (8時26分)

【1ポイント速報】フェデラー引退試合 フェデラー/ナダル組 (6時05分)

ワウリンカ 2年8カ月ぶり4強 (5時32分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!