国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ティーム 復帰戦「大きな感動」

ドミニク・ティーム
昨年6月のティーム
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのエニーテック365・アンダルシア・オープン(スペイン/マルベーリャ、クレー、ATPチャレンジャー)は29日、シングルス1回戦が行われ、第1シードで出場しているD・ティーム(オーストリア)は同228位のP・カチン(アルゼンチン)に3-6, 4-6のストレートで敗れ、9ヶ月ぶりの復帰戦を勝利で飾ることはできなかった。試合後、ティームは「大きな感動と複雑な心境の一日」と振り返った。

>>大坂 なおみvsベンチッチ 1ポイント速報<<

>>マイアミOP男女組み合わせ・結果<<

元世界ランク3位で2020年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)チャンピオンのティームは、昨年6月のマヨルカ・チャンピオンシップス(スペイン/マヨルカ、芝、ATP250)2回戦の途中に右手首を負傷。長期離脱をし、その後幾度もツアーへの復帰を表明するも大会直前での欠場が続き、9ヶ月振りの復帰戦を迎えた。

初顔合わせとなったカチン戦、ティームは7度掴んだブレークチャンスを1度しか決め切ることができず、逆にカチンに計3度のブレークを許し、1時間21分で敗退。昨年5月のBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)以来となる10カ月ぶりの白星はならなかった。

敗れたティームは試合後、インスタグラム上で次のようにつづっている。

「今日は、大きな感動と複雑な心境の一日だった。今日、僕がテニスコートで最も好きなこと、つまりテニスをすること、そして再び競技に参加できたことがどれほど嬉しかったか、想像がつくだろう。この数カ月挫折を味わった後、再びプレーして競技のアドレナリンを感じることができた。再びプレーヤーになった気分だった」

「もちろん、今日の結果は苦いものだった。勝ちたかったし、敗戦は謙虚に受け止めなければならない。これは、僕のゲームの頂点への長い道のりの始まりに過ぎない。こうなることは分かっていたことなので、ただひとつ言えることは自分のベストのレベルに戻るためにすべてを出し切るということ」

「もう一度、皆さんの応援に感謝したい。そして、僕がベストを尽くすことに期待してほしい」

なお同日には元世界ランク3位のS・ワウリンカ(スイス)も同大会で1年ぶりのツアー復帰を果たすも、初戦敗退を喫している。




>>ティームのインスタグラム<<




■関連ニュース

・ティーム 手首負傷で今季終了
・ワウリンカ左足「小さな手術」
・ティーム&ワウリンカ 初戦決定

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年3月30日11時01分)

その他のニュース

8月19日

オジェがシナー下し8強入り (10時47分)

クヴィトバ8強 ジャバー撃破 (9時24分)

チチパス完勝 3年連続の8強 (8時30分)

全米OP 賞金総額が過去最高に (8時00分)

フリッツ 逆転で8強、次戦メド (7時31分)

メド 4年連続8強、シャポ撃破 (7時01分)

ナダル撃破「名誉なこと」 (6時31分)

女王敗退 2週連続で8強逃す (5時55分)

8月18日

キリオス「休養の時間だ」 (23時46分)

日本代表監督に添田、杉山 (21時27分)

コルダ 米対決制し16強 (19時05分)

敗退ナダル「練習しないと」 (15時58分)

全米OP ティームらにWC (15時34分)

19歳大学生 ルード撃破で16強 (14時59分)

ラドゥカヌ 完勝で16強 (14時01分)

ナダル 熱戦落とし初戦敗退 (13時08分)

シナー 相手棄権で大会初16強 (11時09分)

オジェ 2年連続の16強 (10時53分)

元1位ハレプ 史上3人目の記録 (10時10分)

クヴィトバ 6度目の16強 (9時28分)

ジョコ、バスケ親善試合を観戦 (8時57分)

チチパス 完勝で3年連続の16強 (8時28分)

ダニエル太郎 全米OP本戦入り (7時58分)

錦織、全米OPのWCに含まれず (7時30分)

マレー撃破「簡単ではない」 (7時01分)

フリッツ 50分でキリオス撃破 (6時30分)

マレー 逆転負けで16強逃す (6時00分)

8月17日

土居「気持ちを切り替え」 (23時35分)

モンフィス 全米OP欠場 (21時33分)

「プレッシャーに負けない」 (19時53分)

元70位 尾﨑里紗が今季引退 (18時40分)

ナダルと初対戦は「夢の中」 (18時12分)

全米大学王者がソネゴ撃破 (17時05分)

フリッツ 2年ぶりの初戦突破 (14時54分)

第1シードの西岡が途中棄権 (13時35分)

メド「初戦はトリッキー」 (12時24分)

セリーナと対戦「光栄な事」 (11時30分)

ヴィーナス撃破で初戦突破 (11時00分)

わずか55分の完勝で初戦突破 (10時21分)

引退意向のセリーナ 初戦敗退 (9時40分)

大坂、敗退後にセリーナを観戦 (9時15分)

デ ミノー 初戦突破、次戦オジェ (8時55分)

ポール 米国対決制し初戦突破 (8時31分)

シナー 3時間超えの激闘制す (8時00分)

キリオス初戦突破「満足」 (7時26分)

ナダル 初戦は元12位チョリッチ (6時38分)

元世界3位ワウリンカ「光栄」 (6時00分)

大坂なおみ 2週連続の初戦敗退 (1時22分)

【1ポイント速報】大坂vsザン (0時07分)

8月16日

元世界3位 3年ぶり初戦突破 (22時39分)

カレノ=ブスタ浮上、最終戦ランク (19時19分)

土居美咲 17歳新鋭に敗れる (18時31分)

21歳で世界1位「長期的に考える」 (15時48分)

31本エース 辛くも初戦突破 (14時45分)

デ杯GS ジョコら出場 (13時51分)

ベレッティーニ下し初戦突破 (12時13分)

フェルナンデスが初戦敗退 (10時10分)

マレー激闘制す「疲れ感じる」 (9時00分)

キリオス 2年半ぶり20位台へ (8時49分)

アルカラス「自分への挑戦」 (8時29分)

ナダル「最後まで戦えるよう」 (7時55分)

ワウリンカ 4大会連続の初戦敗退 (6時59分)

マレー初戦突破 ワウリンカ撃破 (6時14分)

【1ポイント速報】マレーvsワウリンカ (3時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!