国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル 史上最多21度目GS制覇

ラファエル・ナダル
優勝を果たしたナダル
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は30日、男子シングルス決勝が行われ、第6シードのR・ナダル(スペイン)が第2シードのD・メドベージェフを2-6,6-7 (5-7),6-4,6-4,7-5の逆転フルセットで破って2009年以来13年ぶり2度目の優勝を果たすとともに、史上最多となる四大大会21勝目を飾った。

>>全豪OP 男女シングルス組合せ・結果<<

>>YouTube 大学選手のラケットバッグの中身は?法政女子全部員一言コメント<<

決勝戦、互いに高い集中力を持ってサービスゲームのキープが続くなか、第5ゲームでロングラリーなどを落としたナダルは1ポイントも取れずにブレークを許す。直後の第6ゲームでは強烈なフォアハンドウィナーを決めるも守り切られると、第7ゲームでもポイントを取れず再びブレークされる。結果的に第4ゲームから5ゲームを連取され、42分で第1セットを落とした。

第2セット、第4ゲームでナダルは40本のラリー戦をものにしブレークチャンスを握ると、最後はメドベージェフのショットがアウトになりこの試合初のブレークに成功する。第7ゲームでブレークバックを許すも、第8ゲームでは絶妙なドロップショットを放ち再びブレーク。ゲームカウント5-3とリードして迎えた第9ゲームだったが、スマッシュミスなどもあり再び追いつかれてしまう。

セット終了後に両者トイレットブレイクを取得し仕切り直しとなった第3セットの第6ゲーム、ナダルはミスを重ねるとメドベージェフにジャンピングバックハンドのダウンザラインを決められ0-40とブレークチャンスを与える。しかしその後追いつくと、最後はメドベージェフのショットがアウトになりキープした。すると迎えた第9ゲームではナダルのパッシングショットが決まりブレークに成功。セットカウント1-2と反撃を開始する。

第4セット、ナダルは第3ゲームで先行すると最後はメドベージェフのダブルフォルトにより先にブレーク。このゲーム間でメドベージェフは太もものマッサージを受けた。直後の第4ゲームではブレークバックを許すも、第5ゲームではネット前の攻防を制し再びブレーク。セットカウント0-2から2-2に追いついた。

勝負が決まるファイナルセット、互いにサービスゲームのキープが続くなか、第5ゲームでフォアハンドのダウンザラインを放ち先にブレーク。その後も幾度となくピンチを迎えるとサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップとなった第10ゲームでブレークバックを許す。それでも集中力を切らさなかったナダル第11ゲームでブレーク。そのリードを守り切り、今大会最長となる5時間24分の死闘を制した。

35歳のナダルはN・ジョコビッチ(セルビア)R・フェデラー(スイス)と並び四大大会優勝回数が20となっていたが、今回の制覇で単独史上最多の21度目の優勝となった。さらに、すべてのグランドスラムを2度ずつ制するダブルグランドスラムも達成した。

一方、敗れたメドベージェフは昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)に続き四大大会2大会連続優勝がかかっていたが、あと一歩のところで敗れることとなった。

また、メドベージェフは1968年のオープン化以降 男子では初となる四大大会初優勝から2大会続けての制覇もかかっていたものの、こちらも達成することはできなかった。

[PR]全豪オープンテニス
1/17(月)~30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織 、歩行のリハビリ公開
・敗退の西岡 良仁「あと2年」
・メド「ラファは偉大な選手」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年1月30日23時13分)

その他のニュース

6月18日

ダニエル太郎 世界12位に完敗 (21時24分)

大坂なおみ 世界8位に惜敗 (20時26分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsフリッツ (20時00分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsジェン (17時59分)

小田凱人 2週連続Vで世界1位返り咲き (15時55分)

6月末で終了「ディアドラ」プレゼントキャンペーン実施中 (15時41分)

世界10位も五輪欠場「膝を危険にさらす」 (15時11分)

完勝ディミ 好調維持し芝シーズンスタート (12時13分)

世界3位が五輪欠場「休養を…」 (11時07分)

メド 序盤苦戦も芝初戦は白星 (10時02分)

ラオニッチ 1試合の最多エース記録樹立 (8時20分)

6月17日

日比野菜緒 世界24位に屈し初戦敗退 (22時58分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsカリンスカヤ (20時55分)

アルカラス 100週連続でトップ5維持 (19時03分)

ダニエル85位 錦織400位に (16時19分)

デミノーが自己最高へ 17日付世界ランク (15時46分)

逆転勝ちの内島萌夏が本戦入り (14時00分)

日比野菜緒 WTA500芝大会で本戦入り (12時13分)

“三度目の正直”で初V 22歳が英国勢トップへ (11時38分)

17歳の齋藤咲良 ITF大会で優勝 (10時32分)

大坂なおみ 世界ランク113位に浮上 (9時36分)

今季2度目 カップルで同週にツアーV (8時20分)

ダニエル太郎、初戦でフリッツと激突 (7時20分)

6月16日

元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

6月15日

大東建託OP有明 、決勝カードが決定 (18時18分)

ダブルス新ルール 改善し試験導入は継続 (16時44分)

17歳新星にWC 芝ツアー初参戦 (15時53分)

31本エース 逆転勝ちで芝4強へ (14時03分)

デミノー、ラオニッチに快勝で4強 (12時56分)

大坂なおみ 次戦は17日開幕の独大会 (11時42分)

大坂撃破「本当に勝ちたかった」 (10時39分)

世界15位ルーネ、ジャパンOP出場へ (9時34分)

大坂なおみ 元世界4位に屈し4強ならず (2時59分)

【動画】大坂なおみ撃破の瞬間!ジェンがフルセットの熱戦制す (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!