国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

主演ウィル・スミスが新作にコメント

ウィル・スミス
ウィル・スミス
画像提供: Warner Bros
2度のアカデミー賞ノミネート、人気・実力ともにハリウッドのトップを極めたウィル・スミスの最新作『ドリームプラン』。彼がプロデューサーとして映画化を熱望したのは、女子テニス界で世界最強だった姉妹、V・ウィリアムズ(アメリカ)S・ウィリアムズ(アメリカ)を育てた実父 リチャードの驚きの実話だった。

>>【YouTube】法政大学に潜入!打倒•早慶へ徹底的2対1練習、岡垣光祐/ 柚木武ペアが成し遂げたインカレ19年ぶり優勝の感動秘話<<

テニス未経験のリチャードが、2人の娘が生まれる前から独学で作った唯一無二の「計画書=ドリームプラン」と、その計画を信じ続けた父、娘、家族の絆、そして2人の世界チャンピオン誕生の知られざる秘密を描いた感動作。2022年の第94回アカデミー賞最有力として注目されている。

『メン・イン・ブラック』シリーズ、『アラジン』(19)などのメガヒット作に出演し、世界的な人気俳優であるウィル・スミス。これまで『幸せのちから』(06)やボクシング界のレジェンドを演じた『ALI アリ』(01)など、人々の心を震わせる実話にも挑んできた演技派でもある。今回ウィルが演じるのは、2人の娘を世界チャンピオンに育てあげた破天荒な父親リチャード・ウィリアムズ。今回はウィルのインタビューとともに役作りへの過程を追った。

「彼(リチャード)はテニスについて何も知らなかった。ビーナスが生まれる前の2年間、彼と妻のオラシーンはテニスについて独学で学び、一緒にそのスポーツを習得したんだ。家族で学んでいて、その一歩一歩が新しいことばかりだった」

リチャードの役作りのヒントになったのは、ウィルの実娘とのつながりだった。「何がその役に入り込めるきっかけになるのかわからない。警察官を演じる場合、初めて銃を腰につけて歩くことで何かが目覚め、その心情を理解することができる。リチャード役の場合、僕の実娘ウィローとのつながりが役づくりのきっかけになったんだ」と、劇中でのビーナスやセリーナと距離感を実娘とつながりから見つけたと明かしている。

ウィルが感銘を受けたのは、「押し付けたり、追い込んだり、叩き込んだりしない」リチャードの教育方針だった。「ビーナス本人から聞いたすばらしい逸話がある。彼女たちが子どもの頃に問題を起こしたとき、その罰はテニスができないということだったそうだ。そこでリチャードは、押し付けるのではなく、家族として選んだ夢に向かう彼女たちに従っていくという、すばらしい考え方を見つけたんだ」と、リチャードのユニークな教育法を演技に取り入れた。

今回、解禁されたメイキング写真2点は、テニスコートで帽子をかぶったレイナルド・マーカス・グリーン監督とネットを挟み、ピンクのシャツに赤い短パン、ハイソックスを着用しているウィルの姿がとらえられている。ウィルの役作りについて監督は、「役にふさわしい老け方を見せてくれた。それはウィルだと見てわかるが、今までとは違った感じに見える。外見上の変化は信じられないほど微かなのに、ウィルは完全に役に没入していた」と俳優としての姿勢を讃える。ウィルは南部なまりのアクセントや細やかな変化を多く取り入れることで見事にリチャードに変貌していったと語った。

最後にウィルは「ショートパンツは、リチャードについて僕がピンと来たことなんだ。なぜかはわからないけど、ショートパンツはいつもぴっちりしていて、それが彼のテニスのスタイルだ。タイトなショートパンツとハイソックスが、僕をリチャードの考え方に導いてくれたんだよ」とを教えてくれた。



ゴールデングローブ賞《作品賞》ほか4部門ノミネート!
ナショナル・ボード・オブ・レビュー《主演男優賞》《助演女優賞》2冠獲得!
ウィル・スミス渾身の演技はアカデミー賞®最有力!彼の徹底した役作りに更なる期待が高まる!観る人すべての心を揺さぶる感動作『ドリームプラン』は、2022年2月23日(水・祝)より全国ロードショー。

<作品情報>
製作:ウィル・スミス、ティモシー・ホワイト、トレバー・ホワイト、セリーナ・
ウィリアムズ、ヴィーナス・ウィリアムズ
監督:レイナルド・マーカス・グリーン
脚本:ザック・ベイリン
撮影:ロバート・エルスウィット(『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』)
出演:ウィル・スミス、アーンジャニュー・エリス、サナイヤ・シドニー、デミ・シ
ングルトン、トニー・ゴールドウィン、ジョン・バーンサル
映倫区分:G 配給:ワーナー・ブラザース映画

[PR]全豪前哨戦!ATP250 アデレード2
1/10(月・祝)〜15(土)
WOWOWオンデマンドでライブ配信!

全豪オープンテニス
1/17(月)~30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>





■関連ニュース

・ドリームプラン 伊達 公子が字幕監修
・ドリームプラン 日本版予告が公開
・ウィリアムズ姉妹の父題材映画 来年公開

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2021年12月23日10時12分)

その他のニュース

2月23日

昨年Vアルカラス出場「楽しみ」 (22時46分)

過密日程が影響、体調不良で棄権 (20時27分)

12度BPセーブ 苦戦もズベレフ4強 (19時11分)

女王が7連勝、全豪準Vを撃破 (18時09分)

錦織圭に並び17歳6カ月で8強 (17時15分)

2連覇目指すチチパスが4強 (16時41分)

ガウフが主審に猛抗議、父「娘は誇り」 (15時32分)

17歳の超新星フォンセカが8強へ (15時05分)

元世界2位の決意 テニスへ「全てを捧げる」 (13時51分)

予選からガウフ撃破し4強へ (12時31分)

37歳モンフィス 大会最年長で4強入り (11時03分)

マレー&ルブレフ撃破の18歳が4強へ (10時02分)

母国への侵攻 歌で苦しみ表現 (8時29分)

綿貫「治療に専念」膝の負傷明かす (7時19分)

2月22日

レジェンド審判が死去、悲しみ広がる (23時10分)

フェデラー 華麗なプレー公開にファン歓喜 (22時05分)

完敗の西岡良仁「苦しい試合」 (20時05分)

元世界4位に罰金850万円、賭博規則違反 (19時08分)

【出場選手一覧】ジョコらマイアミOP (17時44分)

【出場選手一覧】大坂なおみらマイアミOP (16時50分)

20試合目で”天敵”以外に初黒星 (15時30分)

対トップ20は13連勝 上位勢に負けないシフィオンテク (14時54分)

西岡良仁 ズベレフに完敗で8強ならず (13時24分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsズベレフ (11時58分)

【特典あり】アンケート開催中 テニスとストレッチ (11時55分)

17歳 期待の逸材がツアー初勝利 (11時19分)

捻挫で離脱へ Pt失効多い来月に間に合うか (10時44分)

年齢差2倍 マレーとの死闘制し8強 (9時09分)

錦織「Working hard!」練習動画公開 (8時00分)

ルーネとムラトグルー 再タッグ発表 (7時22分)

2月21日

ハレプ「1年半の悪夢が終わった」 (22時35分)

世界10位が手首の手術成功を報告 (19時05分)

ツアー10連敗阻止 ガスケ初戦突破 (18時01分)

44歳カルロビッチ 正式に現役引退 (17時06分)

前週V ワウリンカ撃破「うれしい」 (16時03分)

勝負分けた1ポイント「これがテニス」 (15時38分)

西岡 ズべレフ戦へ「反省踏まえる」 (14時47分)

アルカラス 2ポイント目で転倒し棄権 (13時04分)

ダニエル太郎 好調世界44位に屈する (12時03分)

西岡良仁 失ゲーム1の圧勝で初戦突破 (10時43分)

ご乱心 重要ポイント手放すまさかの行動 (10時26分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎&西岡良仁 1回戦 (9時38分)

マレー 連敗脱出、全身で喜び表現 (8時44分)

杉田祐一【引退コメント全文】 (7時28分)

日比野菜緒、善戦も16強ならず (0時08分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsジェン (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!