国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ゲームペナルティ受け猛抗議

イリヤ・イヴァシカ
イリヤ・イヴァシカ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのサンクトペテルブルク・オープン(ロシア/サンクトペテルブルグ、室内ハード、ATP500)は13日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク141位のI・イヴァシカ(ベラルーシ)が同39位のA・マナリノ(フランス)を6-3, 7-6 (8-6)のストレートで下し、初戦を突破した。

>>YouTube 東京国際大学テニス部に潜入! 灼熱の炎天下で選手と対決<<

この日、2時間2分で勝利したイヴァシカだったが、試合中に問題が発生した。その様子は、男子プロテニス協会ATPのツイッターに掲載されている。

イヴァシカはメディカルタイムアウトの間に、緊急でトイレに行くことができると主審から伝えられ、バスルームブレイクを取る。ウォーミングアップ中にもトイレへ行っていたイヴァシカはできるだけ早く済ませるようにと注意を受けていた。

戻ってきたイヴァシカは2度のバスルーム使用でコートを離れたことにより警告を受ける。これにイヴァシカは緊急だったと抗議するとメディカルタイムアウトと加え、3度試合を遅らせたとみなされて警告。ポイントペナルティ、ゲームペナルティを一気にもらいゲームを失った。

これにイヴァシカは大声をあげて猛抗議をしたが、試合はそのまま再開された。

2回戦では、第2シードのD・シャポバロフ(カナダ)と世界ランク197位のV・トロイキ(セルビア)の勝者と対戦する。

同日の1回戦では第3シードのA・ルブレフ(ロシア)、第4シードのK・ハチャノフ(ロシア)、第6シードのM・ラオニッチ(カナダ)らが2回戦へ駒を進めた。

[PR]「男子テニスATPツアー500 サンクトペテルブルク」
10月12日(月)〜10月18日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!


■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・全身けいれんに敗者は怒り
・錦織との不平等にジョコ不満
・試合直後の対応へ怒り

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年10月14日11時53分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!