国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

高3関東男子、篠田玲が優勝

全国高3テニス チャレンジトーナメント
関東大会男子優勝の篠田玲
画像提供: tennis365.net
高校3年生のテニスプレーヤーに「3年間の集大成となる大会を提供したい」との想いから実現した「全国高3テニスチャレンジトーナメント(後援:文部科学省スポーツ庁)」は21日に関東大会(千葉県長生郡/アポロコーストテニスクラブ/砂入り人工芝)が行われ、男子決勝は篠田玲(ミナミグリーンテニスクラブ)が鈴木久統(荏原SSC)に6-3で勝利し、優勝をおさめた。

決勝戦、序盤からフォア、バックの強打で試合の主導権を握って先にブレークに成功した篠田がリードを保ち勝利した。
全国大会は11月7日・8日に清水善造メモリアルテニスコート(群馬県高崎市/ハードコート)で行われ、関東大会からは男女の上位各6名が出場する。

関東大会・男子の上位6名は以下の通り。

【関東大会・男子】
優勝:篠田玲(ミナミグリーンテニスクラブ)
準優勝:鈴木久統(荏原SSC)
3位:佐藤瑛輝(TENNIS SUNRISE朝霞)
4位:小林良徳(東洋大学附属牛久高)
5位:中野龍一郎(Team YUKA)
6位:青木一晟(湘南ローンテニスクラブ)

>【関東大会】男子ドロー/結果はこちら<

>【関東大会】女子ドロー/結果はこちら<

>【動画】男子決勝(5:56:00より)<


男子準優勝の鈴木久統


(左から)準優勝の鈴木、優勝の篠田

【全国出場者のコメント】

優勝:篠田玲
「今日は久しぶりに大会に出て仲の良い選手や強い選手と試合をして、とても楽しむことができました。全国大会は地元の群馬県で開催されるので、また良い結果を残せるように頑張りたいです」

準優勝:鈴木久統
「まずこの大会を開いていただき、ありがとうございます。結果は準優勝で終わってしまいましたが、全国大会では1位を取れるように頑張ります」



3位:佐藤瑛輝
「今日は久々の試合で緊張もありましたが、強い選手がいるなかで自分のテニスを発揮して勝つことができたので嬉しいです。全国大会も、この(コロナ禍の)状況のなかで開催していただいたことに感謝しつつ、頑張りたいと思います」

4位:小林良徳
「今日は久しぶりの大会だったので、良い緊張感のなか、楽しく試合ができたと思います。全国大会でも楽しくテニスができるように頑張っていきたいと思います」

5位:中野龍一郎
「練習でやっていることがなかなか出せず課題が残る試合でしたが、5位に入れて全国を決められたのは良かったです。全国大会までに関東大会の反省点を修正して全国大会で優勝を目指します」

6位:青木一晟
「今日は久々の試合でしたが、楽しんでプレーすることができました。全国大会ではもっと良い結果が出せるように頑張りたいと思います」





各大会の日程、会場は以下の通り

■北海道大会 9月6日:手稲稲積公園
■東北大会9月12日:アリーナまつお
■関東大会 9月21日:アポロコーストテニスクラブ
■北信越大会 9月26日:大原運動公園
■東海大会10月3日:岐阜メモリアルセンター
■関西大会 9月5日:マリンテニスパーク北村
■中国大会 9月12日:福山市竹ケ端運動公園庭球場
■四国大会10月3日:愛媛県総合運動公園
■九州大会10月3日:海の中道マリーナ&テニス
■沖縄大会 9月 19日:沖縄総合運動公園
■全国大会11月7日8日:清水善造メモリアルテニスコート
 ※北海道を除く地方大会は翌日が予備日


選手の想いが綴られた横断幕


1試合終了ごとにベンチやスコアボードを除菌

各大会は、新型コロナウイルスの感染症対策として、ダイヤモンドプリンセス号の除染消毒を行った世界最高峰のコロナ除染技術をもつ「一般社団法人 日本特殊清掃隊」の監修のもと、試合会場の除染消毒および出場選手・運営スタッフへの感染対策指導を実施するほか、全会場とも保護者、選手関係者を含む無観客(報道メディア、大学スカウトは除く)にて開催される。

>最新情報:大会公式Twitter<

>大会公式サイトはこちら<


■関連ニュース

・高3テニス大会 沖縄代表が決定
・関西大会男子 川田瑞基が優勝
・関西大会女子 児山心美が優勝
■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年9月22日6時44分)

その他のニュース

6月17日

逆転勝ちの内島萌夏が本戦入り (14時00分)

日比野菜緒 WTA500芝大会で本戦入り (12時13分)

“三度目の正直”で初V 22歳が英国勢トップへ (11時38分)

17歳の齋藤咲良 ITF大会で優勝 (10時32分)

大坂なおみ 世界ランク113位に浮上 (9時36分)

今季2度目 カップルで同週にツアーV (8時20分)

ダニエル太郎、初戦でフリッツと激突 (7時20分)

6月16日

元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

6月15日

大東建託OP有明 、決勝カードが決定 (18時18分)

ダブルス新ルール 改善し試験導入は継続 (16時44分)

17歳新星にWC 芝ツアー初参戦 (15時53分)

31本エース 逆転勝ちで芝4強へ (14時03分)

デミノー、ラオニッチに快勝で4強 (12時56分)

大坂なおみ 次戦は17日開幕の独大会 (11時42分)

大坂撃破「本当に勝ちたかった」 (10時39分)

世界15位ルーネ、ジャパンOP出場へ (9時34分)

大坂なおみ 元世界4位に屈し4強ならず (2時59分)

6月14日

【1ポイント速報】大坂なおみvsアンドレースク (22時00分)

ナダル 7月クレーに19年ぶり出場 (17時31分)

ウィンブルドン賞金 10年で2倍に (16時24分)

フェデラー 特別上映会に出席 (14時09分)

世界400位が第1シード撃破の金星 (13時03分)

ベレッティーニ8強 シャポ撃破 (12時14分)

ラオニッチ 25本エースで8強 (11時26分)

ナダル ウィンブルドンを欠場 (10時17分)

【画像】本田尚也とナダルの2ショット写真 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!