国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

人種差別へのメッセージ掲載

セリーナ・ウィリアムズ
世界ランク9位のセリーナ
画像提供: ゲッティイメージズ
スポーツブランドのナイキは30日にツイッターを更新し、アメリカのミネソタ州で起きた白人警官による拘束時の黒人男性暴行死に端を発する人種差別撲滅の運動において、約1分間のメッセージを投稿した。

>>YouTube テニス365チャンネル<<

【YouTube】緊急事態宣言解除後、初のテニスに挑む

25日に黒人男性が拘束時に白人警察官に首を圧迫されて死亡した問題。目撃者による動画が広まり、事件は人種差別の象徴と見なされて社会問題となっている。

ナイキはツイッターで「今回限り、もうやらないで。アメリカでの問題ではないと偽らないで。人種差別に背を向けないで。罪の無い命を奪われることを受け入れないで。もうこれ以上言い訳はしないで。これがあなたへ影響を与えないと思わないで。黙って見ないふりをしないで。変化の一部にはなれないとは思わないで。みんなで変化の一部になろう」というメッセージを掲載した。

このメッセージは現時点で630万回以上再生され、女子テニスで世界ランク9位のS・ウィリアムズ(アメリカ)は引用リツイートするかたちで「アメリカでの問題ではないと偽らないで」と綴っている。

また、世界ランク10位の大坂なおみもツイッターで「自分に起こっていないからといって、実際に起こっていないことでは決してない」と綴ると、同52位のC・ガウフ(アメリカ)も、これまで人種差別による事件の被害者を動画で紹介し「これが私が差別と闘うために自分の声を使う理由」と記した。

今回の事件にはセリーナや大坂、ガウフのみならず世界中の多くの著名人たちがSNSなどで強い反感の意を示している。






■関連ニュース

・大坂 人種差別事件にコメント
・大坂 ナイキ契約の想い綴る
・錦織 ナイキとシューズ契約

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年6月1日10時44分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!