国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

悲願の地元Vを特集「特別」

スタン・ワウリンカ
2017年のワウリンカ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのATP公式サイトは18日、世界ランク17位のS・ワウリンカ(スイス)を特集した。2016年と2017年のバンク・エリック・ストゥルザ・ジュネーヴ・オープン(スイス/ジュネーブ、レッドクレー 、ATP250)について本人のコメントとともに紹介している。

>>YouTube テニス365チャンネル<<

【ダニエル 太郎】後編 ラケットバッグの中を公開、苦悩の2019年を明かす

現在35歳のワウリンカは、同大会が開催されるジュネーブから車で1時間ほどのローザンヌで誕生した。ワウリンカにとってバンク・エリック・ストゥルザ・ジュネーヴ・オープンは地元の大会となっている。

2016年、ワウリンカは同大会に第1シードとして出場。初戦の2回戦でA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)、準々決勝でP・カレノ=ブスタ(スペイン)をストレートで下すと、準決勝ではL・ロソル(チェコ)をフルセットで破り決勝に駒を進めた。

最後は第3シードのM・チリッチ(クロアチア)に6-4, 7-6 (13-11)のストレートで勝利し、悲願の14個目のシングルスタイトルとともに地元のトロフィーを獲得した。

ワウリンカは当時「このような大会を終えて、スイスでトロフィーを取ることができて夢のようだ。このジュネーブで優勝するのは特別なこと。ファンは最高で騒がしいくらいだった。マリン(チリッチ)は素晴らしい選手。最後までプレッシャーをかけてきた。僕も最後まで良いプレーができて良かったよ」と語っている。

同年には全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)を制するなど世界ランクも自己最高タイの3位を記録した。

また、翌年の2017年にはバンク・エリック・ストゥルザ・ジュネーヴ・オープンで連覇を達成。S・クエリー(アメリカ)A・クズネツォフ(ロシア)M・ズベレフ(ドイツ)を破っている。

「スイスで2つ目のタイトルだ。とてもうれしいし、僕にとっては他の選手よりも意味のあるもの。僕が優勝した瞬間に娘がスタジアムにいるのは初めてのことだし、それがさらに特別な演出になっているね」

その後は肩や背中の負傷に悩まされ、一時は世界ランク260位台に落ちるなど苦しい時期を過ごしたワウリンカだったが、現在は17位にまで回復。今シーズンは開幕戦の1月のカタール・ エクソンモービル・オープン(カタール/ドーハ 、ハード、ATP250)で4強入りを果たすと、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)ではD・メドヴェデフ(ロシア)J・イズナー(アメリカ)らを破りベスト8入りを飾るなど復活を遂げている。

[PR]「日本テニス史上最強の2人 錦織圭大坂なおみ
これまで放送してきたテニスのグランドスラム大会の名勝負を厳選しお届けする。男女シングルスの準決勝、決勝を中心に、錦織圭、大坂なおみはじめ日本人選手が奮闘するカードなど、今なお色あせない好試合ばかり。

【放送日】
5/3(日・祝)〜5/21(木)


■詳細・放送スケジュールはこちら>


■関連ニュース

・ワウリンカ「トップに勝てる」
・ワウリンカ 200位台へ大後退
・なぜワウリンカは人差し指を?

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年5月19日16時44分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!