- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

モンフィス 17度目の正直なるか

ガエル・モンフィス
世界ランク9位のモンフィス
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)は27日、シングルス準々決勝が行われ、第3シードのG・モンフィス(フランス)が世界ランク56位のR・ガスケ(フランス)を6-3, 6-3のストレートで破り、2年連続2度目のベスト4進出を果たした。

この試合、モンフィスは8本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに77パーセントの高い確率でポイントを獲得。ガスケに1度ブレークを許したが、自身はそれを上回る4度のブレークに成功して1時間13分で勝利を決めた。

また、今回の勝利により2月の南フランス・オープン(フランス/モンペリエ、室内ハード、ATP250)、ABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)から続くシングルスの連勝記録を12に伸ばしている。

33歳で世界ランク9位のモンフィスはドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権初の決勝進出をかけて、準決勝で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。両者は17度目の顔合わせでモンフィスの0勝16敗。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはモンフィスのコメントが掲載されている。

「これまで16回もジョコビッチとの対戦でミスを犯し続けてきたから、よく分からないよ。うまくいけば17度目の正直になるだろう。僕はずっと負けてきた。彼は世界1位で今年もまだ負けていない。調子は良いはず。新しいゲームプランを用意して、試合でどう機能するか確認したい」

自身の連勝記録については「数えていない。毎日、『最高のテニスをしよう』と思っているわけではないが、『良い毎日を過ごそう』とは思っている。自分の試合をコントロールして堅実にプレーしようとしている」と話した。

一方、準々決勝で第7シードのK・ハチャノフ(ロシア)をストレートで下したジョコビッチはATP公式サイトで「モンフィスは今、自分のテニスを持っている。彼は世界トップ10の選手で、おそらく今までプレーした中で最高のテニスをしてくるだろう」と語った。

「ガエル(モンフィス)は最高のアスリートの1人。とてもよく動き、身体もフィットしている。さらに言えば、彼は最も面白いテニスをする選手。プレーを見るのも好きだし、対戦するのも大好きだ」

同日行われた準々決勝では第2シードのS・チチパス(ギリシャ)、世界ランク37位のD・エヴァンス(イギリス)が4強入りを決めている。

「男子テニス国別対抗戦デビスカップ 予選ラウンド 日本 vs エクアドル」
母国の名誉と威信を懸けてしのぎを削る“テニスのワールドカップ”こと男子テニス国別対抗戦デビスカップをWOWOWで放送。11月にスペイン・マドリードで開催されるファイナルズ出場権を懸けて行なわれる、日本とエクアドルの予選ラウンドの模様をお届けする。

【放送予定】
3月6日(金)、7日(土)連日生中継


■詳細・放送スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ジョコ戦のモンフィスに非難
・ジョコ 引退発表は「驚いた」
・ジョコら シャラポワにコメント

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2020年2月28日17時45分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!