- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

MP2本しのぎ逆転で8強へ

グリゴール・ディミトロフ
ベスト8進出を果たしたディミトロフ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのアビエルト・ メキシコ・テルセル(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)は26日、シングルス2回戦が行われ、第7シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)が世界ランク42位のA・マナリノ(フランス)を6-7 (8-10), 6-2, 7-6 (7-2)の逆転で破り、2016年以来4年ぶり3度目のベスト8進出を果たした。

2014年覇者のディミトロフは第1セットをタイブレークの末に落とすも、第2セットでは2度のブレークに成功してセットカウント1‐1と追いつく。

ファイナルセットは第10ゲームでマナリノに握られた2本のマッチポイントをしのぐと再びタイブレークを制し、2時間44分の激闘を制した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはディミトロフのコメントが掲載されており「僕のやるべきことは戦い続けることだった。ここの雰囲気も素晴らしく、この瞬間に感謝したい」と試合後に語った。

準々決勝では、第3シードのS・ワウリンカ(スイス)と対戦する。ワウリンカは2回戦で世界ランク113位のP・マルチネス(スペイン)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日の2回戦では第1シードのR・ナダル(スペイン)、第5シードのJ・イズナー(アメリカ)らが8強入り。第2シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第8シードのD・ラヨビッチ(セルビア)は2回戦で敗退した。

「男子テニス国別対抗戦デビスカップ 予選ラウンド 日本 vs エクアドル」
母国の名誉と威信を懸けてしのぎを削る“テニスのワールドカップ”こと男子テニス国別対抗戦デビスカップをWOWOWで放送。11月にスペイン・マドリードで開催されるファイナルズ出場権を懸けて行なわれる、日本とエクアドルの予選ラウンドの模様をお届けする。

【放送予定】
3月6日(金)、7日(土)連日生中継


■詳細・放送スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ディミトロフ「信じ続けた」
・錦織を警戒するディミトロフ
・シャラポワとディミトロフが破局

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2020年2月27日16時04分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!