- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ダニエル太郎「偶然ではない」

ダニエル太郎
初戦突破を果たしたダニエル太郎
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスの楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオン シップス 2019(日本/東京、ハード、ATP500)は1日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク127位のダニエル太郎が第2シードのB・チョリッチ(クロアチア)を6-4, 4-6, 7-6 (7-5)のフルセットで下して大会初勝利をあげるとともに、初戦突破を果たした。

>>西岡ら楽天OP対戦表<<

>>西岡vsプイユ 1ポイント速報<<

4年連続の同大会出場となったダニエルはこの試合、第3ゲームで先にブレークするとファーストサービスが入ったときに94パーセントの高い確率でポイントを獲得し、第1セットを先取する。

第2セットも第3ゲームで先にブレークしたが、その後2度のブレークを許しセットカウント1−1に。迎えたファイナルセットでは互いにサービスキープが続きタイブレークへ突入。最後はダニエル太郎が2時間39分の死闘を制した。

会見では「チョリッチのサービスがすごく跳ねて厄介だったので、あまり強く打たずにリスクの少ないボールを打って、ミスを引き出そうと思いました。『ベースライン上で打てば僕の方が上かな』と。序盤はフォアで振り回せたこともよかったと思います」と振り返った。

また、西岡良仁添田豪内山靖崇らも2回戦へ駒を進めたことについては「偶然とかではないと思います。流れもよくて、勝てる可能性も上がってきていたはずです。元々ポテンシャルはある人たちなので、びっくりはしてないです」と語った。

ダニエルはベスト8進出をかけて、2回戦で世界ランク56位のJ・トンプソン(オーストラリア)と同59位のJ・ロンデロ(アルゼンチン)の勝者と対戦する。

一方、敗れたチョリッチは2015年以来4年ぶり2度目の出場だったが、大会初の初戦突破とはならなかった。

「楽天ジャパンオープンテニス」
国内で行なわれる唯一の男子テニスATPツアー。改修後、初となる有明テニスの森公園での熱戦の模様を放送する。

【放送予定】
9月30日(月)〜10月6日(日)連日生中継

■詳細・配信スケジュールはこちら>


■関連ニュース

・錦織 楽天OPなど欠場を発表
・快勝の西岡「持ち味発揮」
・大坂 なおみ「大阪Vは格別」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年10月1日18時51分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!