- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

革命ラケット クラッシュ公開

ウイルソンクラッシュ
ウイルソン「クラッシュ」全貌が明らかに
画像提供: アメアスポーツジャパン株式会社
テニスメーカーのウイルソンは1日、「ウイルソンの革命」と題した最新ラケットの「CLASH(クラッシュ)」を2月15日の発売に先駆けて、全貌を公開した。



このクラッシュは昨年11月より、ダズル柄と呼ばれる白黒の特殊な迷彩模様を施したテスト用ラケットを用いた試打会が全国各地で開催され、その様子がSNS上で公開されたほか、錦織圭伊藤竜馬内山靖崇らウイルソンのラケットを使用する日本のトッププレーヤー、そしてG・ディミトロフ(ブルガリア)G・モンフィス(フランス)S・チチパス(ギリシャ)M・ラオニッチ(カナダ)A・デ ミナー(オーストラリア)F・ロペス(スペイン)ら海外のトッププレーヤーらが打っている映像が一部配信され、話題となっていた。

【動画】錦織圭、クラッシュの感想は?

【動画】チチパス、ディミトロフらが試打!

ではこのクラッシュは、何が革命的なのだろうか。従来、ラケットの特徴を表現するうえで、「硬い・柔らかい」、「しなる・しならない」という表現が多く用いられてきたが、クラッシュはそれらの概念に一石を投じるラケットと言える。



今回ウイルソンは、この「硬い・柔らかい」、「しなる・しならない」という表現には、打球時の感触が「硬く感じる、柔らかく感じる、しなっているように感じる」というプレーヤーの感覚と、フレームの材質や構造上の「硬い・柔らい」「しなり、捻れ」が混在していることに着目。

結論として、フレームが硬く安定性があることで飛びとコントロールに優れ、フレームのしなりがフィーリングの良さを生むことから、これらを1本のラケットに集約することを、新テクノロジーを開発することで実現した。

新テクノロジーの1つ目がカーボン繊維の特殊に編む「フリーフレックス」。これによりウッド(木製)ラケットのようなしなりを生み出す。但し、しなりは打球時に良いフィーリングが得られる一方で、しなりが大きいほどラケットの面は安定せず制御がしきれない。そこで新テクノロジー「ステーブルスマート」によりラケットの安定性を高め、「しなるがぶれない」ラケットが誕生した。



既存のウイルソンのラケットのラインナップを比較として用いると、「しなるラケット」の代名詞である「BLADE(ブレイド)」シリーズよりもしなり、「ULTRA(ウルトラ)」と同等のコントロール&パワーに優れたラケットである。

【動画】クラッシュ、打ってみました!

製品は、幅広いプレーヤーに適した重量295グラムのクラッシュ100と、スイングスピードの速いプレーヤーに適した310グラムのクラッシュ100ツアーの2機種が発売される。



>クラッシュのスペック詳細・予約はこちら<


■関連ニュース

・錦織圭 新ラケットの全貌公開
・錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪
・錦織「かわいそうに思った」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年2月1日0時00分)

オススメ記事
その他のニュース

5月24日

錦織ら全仏OP組み合わせ発表 (4時07分)

大坂ら全仏OP組み合わせ発表 (3時47分)

全仏予選 日比野と奈良が王手 (0時30分)

5月23日

ダニエル太郎 今季初4強ならず (21時48分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsジャリー (20時22分)

錦織 全仏向けチチパスと練習 (19時58分)

ドルゴポロフ 復帰の可能性 (18時59分)

全仏OP 賞金総額は52億円 (17時04分)

ツォンガ ピンチ切り抜け8強 (14時41分)

全仏欠場 ベルディヒ「残念」 (12時05分)

ワウリンカらシード初戦敗退 (10時45分)

添田豪、全仏OP本戦へ王手 (7時39分)

5月22日

ダニエル太郎 今季2度目8強 (22時43分)

錦織 ベルダスコと打ち合う (20時55分)

大坂 全仏へ向け初練習 (18時45分)

錦織0-15からブレーク率3位 (17時03分)

サーシャ・バイン氏 ナダル称賛 (16時10分)

オジェ アリアシム「気分いい」 (13時53分)

予選からのディミトロフは敗退 (12時32分)

ATPカップ詳細 2020年開催 (11時51分)

ズベレフ、ガルビス破る (7時19分)

全仏OP予選 日比野らが勝利 (6時39分)

5月21日

マレー「複プレーできるだろう」 (20時27分)

全仏予選2日目、日本勢男子結果 (20時26分)

錦織、全仏へ向け現地初練習 (19時07分)

錦織7位 日本勢の世界ランク (17時05分)

ティプサレビッチ 2回戦へ (16時24分)

騒動キリオス 次はクレー批判 (13時41分)

MP2本しのぎ世界199位撃破 (11時44分)

錦織8位 20日付最終戦ランク (10時34分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!