- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

大坂に脱帽「信じられない」

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は24日、女子シングルス準決勝が行われ、第7シードのKa・プリスコバ(チェコ)は第4シードの大坂なおみに2-6, 6-4, 4-6のフルセットで敗れ、大会初の決勝進出とはならなかった。試合後の会見では「彼女(大坂)は信じられないような試合をした。勝者に値するし、素晴らしい選手」と脱帽した。

>>大坂vsクヴィトバ 1ポイント速報<<

>>大坂ら全豪OP対戦表<<

この日、プリスコバは第2セットを取り返すと、ファイナルセットでは4本のブレークポイントを握ったが、このチャンスを逃した。そして第3ゲームで大坂にブレークを許すと最後はセンターへのサービエースを決められ、1時間53分で力尽きた。

プリスコバは「彼女のベストマッチだったのでは。彼女からのウィナーの数、そしてミスの少なさ。自分が間違ったプレーをしたとは思っていない。もちろん、チャンスはあった。そのチャンスを手にすることができなかった。あまりできることがなかった」と振り返った。

「チャンスを待っていた。何本かブレークポイントがあったけど、取りきれなかった。今日の彼女はサービスも素晴らしかった。屋根が閉じた状況は彼女にとって完璧だったと思う。自分にとって悪かったわけではないけど、きっと彼女の方が好きだったはず。とてもタフな試合だった。ちょっとのポイントが違いを生んだのかもしれない。負けたというだけで、自分自身に憤慨はしていない。他に違うプレーをすることができなかった」

昨年9月に行われた東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント2018(東京/立川、ハード、プレミア)決勝の雪辱を許したプリスコバは「彼女は攻撃的な選手だから、いい試合もあれば悪い試合だってあると思う。言ったように自分の見解では、今日の彼女はこれまでの中で最高の試合をしたのではと感じている」と語った。

「彼女はほとんど間違ったプレーをしていなかったと思う。もう少しミスをするとは思っていたかも。いつもは、もっとミスをするプレーをしているはず。でも、今日はそうではなかった」

一方、勝利した大坂は、決勝で第8シードのP・クヴィトバ(チェコ)と対戦する。クヴィトバは準決勝で世界ランク35位のD・コリンズ(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】
2019年1月14日(月・祝)〜27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>


【全豪オープン公式タオル発売】


■関連ニュース

・錦織との不平等にジョコ不満
・錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪
・錦織「かわいそうに思った」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年1月24日18時11分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!