- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

最終戦複 第2シード組が2連覇

男子テニスの最終戦であるNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は大会最終日の19日、ダブルス決勝が行われ、第2シードのH・コンティネン(フィンランド)/ J・ピアース(オーストラリア)組が第1シードのL・クボット(ポーランド)/ M・メロ(ブラジル)組を6-4, 6-2のストレートで破り、2連覇を飾った。

>>ATP最終戦 組み合わせ表<<

>>ゴファンvsディミトロフ 1ポイント速報<<

この試合、序盤からポイントを先行したコンティネン/ ピアーズ組が1ブレークを守りきって第1セットを先取。続く第2セットでもクボット/ メロ組に1度もブレークさせず、1時間10分で頂点に立った。

昨年のATPファイナルズ決勝では、R・クラーセン(南アフリカ)/ R・ラム(アメリカ)組を下して初優勝を飾っていた。

表彰式のスピーチでコンティネンは「向上心を常にもって戦い続けている。去年に続けてATPファイルズで勝てて良かった。来年も頑張ります」とコメントした。

今大会は、予選ラウンドロビンで第8シードのR・ハリソン(アメリカ)/ M・ヴィーナス(ニュージーランド)組に敗れたが、第3シードのJJ・ロジェール(アンティル)/ H・テカウ(ルーマニア)組と繰り上がりで出場のクラーセン/ ラム組を下し、グループ・エルティン/ハーフースを2位通過でベスト4に進出。

準決勝では、第4シードのJ・マレー(イギリス)/ B・ソアレス(ブラジル)組に7-6 (7-2), 6-2のストレートで勝利し決勝に駒を進めていた。

ダブルスの世界ランクで3位のコンティネンと同4位のピアースは今季、開幕戦のブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン 、ハード、ATP250)1回戦で錦織圭/ D・ティーム(オーストリア)組に敗れたものの、続く全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、 グランドスラム)で優勝を飾るなど、4大会でタイトルを獲得した。

一方、敗れたクボット/ メロ組は惜しくも初のタイトル獲得とはならなかった。今シーズンはウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)をはじめとする6大会で優勝を飾っていた。

また、同日にはシングルスの決勝も行われる予定で、初出場初優勝をかけて第6シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)と第7シードのD・ゴファン(ベルギー)が激突する。両者の試合は、日本時間20日の3時(現地19日の18時)以降に開始予定。

アシックス




■関連ニュース■

・最終戦複 第5シード組が初V
・フェデラー 錦織ら復帰に期待
・フェデラー 有終の美ならず
(2017年11月20日2時28分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!