- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【1ポイント速報】マレーvsワウリンカ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は9日、男子シングルス準決勝が行われ、第3シードのS・ワウリンカ(スイス)が第1シードのA・マレー(英国)との死闘を6-7 (6-8), 6-3, 5-7, 7-6 (7-3), 6-1のフルセットで制し、2年ぶり2度目の決勝進出を果たした。

>>マレーvsワウリンカ 1ポイント速報<<

>>ナダルvsティーム 1ポイント速報<<

>>錦織ら全仏OP対戦表<<

両者は今回が18度目の対戦で、マレーの10勝7敗。昨年のATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)予選ラウンドロビンでは、マレーがストレート勝ちをおさめている。

初優勝を狙うマレーは今大会、初戦でA・クズネツォフ(ロシア)、2回戦でM・クリザン(スロバキア)、3回戦で第29シードJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)、4回戦でK・カチャノフ(ロシア)、準々決勝では第8シードの錦織圭を破って準決勝に駒を進めている。

一方、2年ぶり2度目の優勝を狙うワウリンカは、初戦で予選勝者のJ・コバリク(スロバキア)、2回戦でA・ドルゴポロフ(ウクライナ)、3回戦で第28シードのF・フォニーニ(イタリア)、4回戦で第15シードのG・モンフィス(フランス)、準々決勝で第7シードのM・チリッチ(クロアチア)をいずれもストレートで下して3年連続のベスト4進出を果たした。

また、同日には第4シードのR・ナダル(スペイン)と第6シードのD・ティーム(オーストリア)のシングルス準決勝も行われる。両者の試合は、フィリップ・シャトリエの第2試合に組まれ、マレーとワウリンカの試合終了後に開始予定。






■関連ニュース■ 

・錦織を地元紙が評価「劇的」
・錦織 ラケット破壊を語る
・錦織 不運、ベルダスコを祝福
(2017年6月10日0時39分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!