- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

サンティラン 初勝利ならず

ゼネラリ・オープン対戦表
ゼネラリ・オープン対戦表
画像提供: tennis365.net
男子テニスツアーのゼネラリ・オープン(オーストリア/キッツビュール、レッドクレー、ATP250)は19日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク295位のサンティラン晶(日本)は第8シードのJ・シュトルフ(ドイツ)に2-6, 2-6のストレートで敗れ、ATPツアー初勝利とはならなかった。

この試合、2度のブレークを許して第1セットを落としたサンティランは、第2セットに入っても主導権を掴むことが出来ず、52分で敗れた。

現在19歳のサンティランは、オーストラリア人の父親と日本人の母親を持つハーフで、以前はオーストラリアに国籍を置いていたが現在は日本に変更。ジュニア時代には全豪オープン・ジュニアのシングルスでベスト4進出などの成績を残している。

今シーズンは5月の下部大会で2週連続優勝を含む4度の優勝と頭角を現しており、世界ランキングを現在は295位まで浮上している。

今大会がツアー大会本戦初出場だったが、初勝利をあげることは出来なかった。

勝利したシュトルフは、2回戦で世界ランク138位のD・ムニョス-デラナバ(スペイン)と対戦する。

また、今大会には日本勢からダニエル太郎(日本)が出場しており、1回戦で主催者推薦出場のJ・メルツァー(オーストリア)と対戦する。

35歳のメルツァーは左肩の故障で長期間ツアーから離れていたが、今年6月の下部大会で復帰。2010年の全仏オープンではベスト4へ進出しており、世界ランキングでは2011年の8位が自己最高。

今大会のシード勢は第1シードにD・ティエム(オーストリア)、第2シードにP・コールシュライバー(ドイツ)、第3シードにM・グラノジェルス(スペイン)、第4シードにP・ロレンジ(イタリア)となっており、上位4シードは1回戦免除で2回戦からの登場。






■関連ニュース■ 

・ダニエル太郎 ティエムと練習
・ダニエル、対戦相手と口喧嘩
・サンティラン晶 ツアー初出場
(2016年7月19日20時06分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!