- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー 全英3年ぶり2度目V

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は10日、男子シングルス決勝戦が行われ、第2シードのA・マレー(英国)が第6シードのM・ラオニチを6-4, 7-6 (7-3), 7-6 (7-2)のストレートで下し、2013年以来3年ぶり2度目の優勝を果たした。四大大会は3勝目、キャリア通算では38勝目となった。

>>マレーvsラオニチ1ポイント速報<<

>>ウィンブルドン対戦表<<

今年の全豪オープン・全仏・オープン決勝で世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)に敗れて準優勝だったマレーは、この日ビッグサーバーのラオニチを圧倒。第1セットの第7ゲームでブレークに成功すると勢いに乗った。

そして第2・第3セットをタイブレークの末に連取し、自身2度目の地元優勝。マレーは決勝戦で1度もブレークを許さない完璧なサービスゲームを展開した。

今年の全仏オープン終了後、2014年まで共に戦っていた元世界ランク1位のI・レンドル(アメリカ)を再びコーチに招き、前哨戦の(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)で2連覇達成と大会史上最多5度目の優勝を飾って今大会へ臨んでいた。

マレーは2012年の全米オープンで四大大会初優勝を果たした。2013年のウィンブルドンでは1936年のフレッド・ペリー以来77年ぶりの地元優勝の快挙を達成。今大会を含め、グランドスラム3つのタイトルを獲得した時のコーチはレンドルとなっている。

一方、男女を通じてカナダ人初の四大大会初優勝とはならなかったラオニチは、準決勝でウィンブルドン7度の優勝を誇る第3シードのR・フェデラー(スイス)との死闘を制し、四大大会初の決勝進出を果たしていた。

ラオニチの他にカナダ人では、2014年のウィンブルドン女子シングルスでE・ブシャール(カナダ)が準優勝を飾っている。


【マレーvsラオニチ 過去の対戦成績】

<2016年>
ウィンブルドン決勝 A・マレー 6-4, 7-6 (7-3), 7-6 (7-2) M・ラオニチ

AEGON選手権決勝 A・マレー 6-7 (5-7), 6-4, 6-3 M・ラオニチ

モンテカルロ・マスターズ準々決勝 A・マレー 6-2, 6-0 M・ラオニチ

全豪オープン準決勝 A・マレー 4-6, 7-5, 6-7 (4-7), 6-4, 6-2 M・ラオニチ


<2015年>
ムチュア・マドリッド・オープン準々決勝 A・マレー 6-4, 7-5 M・ラオニチ


<2014年>
ATPツアーファイナル予選 A・マレー 6-3, 7-5 M・ラオニチ

BNPパリバ・オープン4回戦 M・ラオニチ 4-6, 7-5, 6-3 A・マレー


<2012年>
楽天ジャパン・オープン準決勝 M・ラオニチ 6-3, 6-7 (5-7), 7-6 (7-4) A・マレー

全米オープン4回戦 A・マレー 6-4, 6-4, 6-2 M・ラオニチ

W&Sマスターズ3回戦 M・ラオニチ 棄権 A・マレー

バルセロナ・オープン準々決勝 M・ラオニチ 6-4, 7-6 (7-3) A・マレー

マイアミ・オープン3回戦 A・マレー 棄権 M・ラオニチ






■関連ニュース■ 

・フェデラー 芝で足滑らせ転倒
・マッケンローの教えで決勝へ
・ラオニチ マッケンロー継続希望
(2016年7月11日1時00分)

その他のニュース

10月31日

ダニエル太郎 9カ月ぶり決勝へ (16時36分)

ジョコ 最終戦へ「最善の準備」 (15時37分)

メドヴェデフ撃破で4強入り (15時00分)

約3時間の死闘制し4強 (14時17分)

元世界17位が引退を発表 (13時19分)

ジョコ撃破の大金星「最高」 (12時01分)

ルブレフ 昨年覇者ティーム撃破 (11時37分)

ジョコビッチ LLに完敗の波乱 (10時37分)

10月30日

全日本選手権 男女4強出揃う (16時18分)

第1シードのペール撃破で8強 (12時19分)

メドヴェデフ8強「うれしい」 (11時51分)

ロックダウンでパリは無観客 (10時54分)

ズベレフが父親に DVは否定 (7時55分)

ディミトロフ、チチパス撃破 (7時06分)

10月29日

杉田祐一 完敗で8強ならず (18時35分)

【1ポイント速報】杉田vsマナリノ (18時31分)

元王者ヒューイットが殿堂入りへ (16時58分)

14本エースでアンダーソン8強 (14時30分)

ベルダスコ 今季終了を発表 (13時40分)

ダニエル太郎 熱戦制し8強入り (12時04分)

チチパス 苦戦も逆転で勝利 (12時04分)

ジョコ8強 4本のSPしのぐ (7時44分)

錦織、今季終了を発表 (0時28分)

10月28日

約9カ月ぶりに大会8強入り (22時49分)

日比野 全日本選手権で初戦突破 (20時50分)

第2シードに快勝で8強入り (19時04分)

ジョコ「子どもは夢持つべき」 (19時03分)

ハチャノフ/ルブレフが勝利 (17時37分)

ワウリンカ 熱戦も初戦敗退 (15時00分)

ハチャノフ撃破で初戦を突破 (12時51分)

シード破り2回戦へ「タフ」 (12時05分)

今季終了と全豪OP欠場を発表 (10時53分)

「圭との戦いに準備していた」 (8時51分)

ジョコ 同胞に苦戦も初戦突破 (8時04分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!