- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】ジョコ マレーに圧勝

男子テニスツアーの上海マスターズ(中国/上海、ハード)は17日、シングルス準決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第3シードのA・マレー(英国)との29度目の対戦を6-1, 6-3のストレートで制し、2年ぶり大会3度目のタイトル獲得に王手をかけた。

>>上海マスターズ対戦表<<

今回の勝利により、ジョコビッチはマレーとの対戦成績を20勝9敗とした。

過去同大会でジョコビッチは、2012年と2013年に大会2連覇を達成しており、昨年は準決勝でR・フェデラー(スイス)に敗れてベスト4に終わった。

今大会では初戦となった2回戦でM・クリザン(スロバキア)、3回戦で第15シードのF・ロペス(スペイン)、準々決勝でB・トミック(オーストラリア)を下しての勝ち上がり。

今季ジョコビッチは、今大会含め出場したマスターズ7大会全てで決勝進出。グランドスラムでも4大会全て決勝進出し、そのうち3大会でタイトルを手にしている。

決勝では第16シードのJW・ツォンガ(フランス)と対戦する。

ツォンガとは今回が20度目の顔合わせとなり、対戦成績は13勝6敗でジョコビッチがリードしている。最後に対戦したのは昨年のロジャーズ・カップ男子で、その時はツォンガがストレートで勝利している。

一方、敗れたマレーは過去同大会で2010・2011年に2連覇を達成。今大会は初戦となった2回戦でS・ジョンソン(アメリカ)、3回戦で第13シードのJ・イズナー(アメリカ)、準々決勝で第5シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)を下してジョコビッチとの準決勝に駒を進めたが、ジョコビッチに敗れて4年ぶり大会3度目のタイトル獲得とはならなかった。


■関連ニュース■ 

・ジョコビッチ 錦織を称賛
・ジョコビッチ 王者在位歴代6位
・ジョコ、ナダルに完勝で優勝
(2015年10月17日22時19分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!