- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

西岡良仁 49分で決勝逃す

男子テニスツアーの下部大会であるネッカーカップ(ドイツ/ハイルブロン、レッドクレー、賞金総額42,500ユーロ/優勝賞金6,150ユーロ)は16日、男子シングルス準決勝が行われ、ノーシードで勝ち進んだ西岡良仁(日本)G・ペラ(アルゼンチン)に0-6, 1-6で完敗し、決勝進出とはならなかった。

この試合、西岡良仁はファーストサービスが入った時のポイント獲得率が試合を通して36パーセントと低く、ペラに8度のブレークチャンスから6度ブレークされ、わずか49分で敗れることとなった。

西岡良仁は今大会、1回戦でI・セイスリン(オランダ)を大接戦の末に破り、2回戦では第8シードのA・ゴルベフ(カザフスタン)のマッチポイントをしのいで逆転勝利でベスト8。そして準々決勝ではJ・コバリ(スロバキア)を下し、今季2度目のチャレンジャー大会で4強入りを果たした。

しかし、西岡良仁は14日に自身のフェイスブックで「試合中に体調が悪くなって吐き気と痙攣を起こしてしまいました。」と体調不良である中、ベスト4進出を決めるも、決勝進出とはならなかった。

一方、同日行われたシングルス準決勝では、第5シードのA・ズベレフ(ドイツ)が第2シードのJ・シュトルフ(ドイツ)を6-3, 7-6 (7-2)のストレートで下し、決勝進出を決めている。

18歳のズベレフは、昨年7月に行われたベット・アット・ホーム・オープンでM・ユーズニー(ロシア)S・ヒラルド(コロンビア)らを下す快進撃でATPツアー初のベスト4進出を決めており、昨年5月は世界ランク774位だったが、現在では自己最高位となる105位にまで上げてきている。


■関連ニュース■ 

・西岡「体調が悪く吐き気と痙攣」
・西岡「同年代には負けたくない」
・19歳西岡良仁 40年ぶり金メダル


■最新ニュース■ 

・シャラポワ リベンジ果たし決勝
・世界2位ハレプ、ラケット折る
・ジョコ、フェレール脱帽プレー
(2015年5月17日12時53分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!