- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

西岡 元15位のベテラン下す

男子テニスツアーの下部大会であるサバンナ・チャレンジャー(アメリカ/サバンナ、クレー、賞金総額50,000ドル、優勝賞金7,200ドル)は21日、シングルス1回戦が行われ、第8シードの西岡良仁(日本)が元世界ランク15位で32歳のR・ジネプリ(アメリカ)を6-4, 6-1のストレートで下し、2回戦進出を決めた。

この試合、西岡良仁はファーストサービスが入った時に67パーセントの確率でポイントを獲得し、ジネプリのサービスゲームを7度のブレークチャンスから5度ブレークに成功して1時間10分で勝利をものにした。

2回戦で西岡良仁は、J・マクジー(アイルランド)と対戦する。

西岡良仁は、2月に行われたデルレイ・ビーチ・オープンで、予選3試合を勝ち抜いてグランドスラム以外ではATPツアー初の本戦入りを果たし、本戦では1回戦で世界ランク133位のI・セイスリン(オランダ)、2回戦ではM・マトセビッチ(オーストラリア)を破り、ツアー初のベスト8進出を果たした。

《西岡良仁 ツアー初8強果たす》

先日行われたサラソータ・チャレンジャーでは、F・デルボニス(アルゼンチン)に敗れて初戦敗退となっていた。

一方、敗れた32歳ベテランのジネプリは、現在世界ランク263位だが自己最高ランクは2005年12月に記録した15位。

2005年の全米オープンでは、準決勝でA・アガシ(アメリカ)に敗れるもグランドスラム初のベスト4進出を果たしている実力者で、2010年9月に起こしたバイク事故のため左腕を手術。2011年6月に復帰を果たしたが、現在はツアー大会の予選、チャレンジャー大会などに出場している。


■関連ニュース■ 

・18歳西岡良仁の活躍に注目
・西岡「同年代には負けたくない」
・ジネプリ、復活に向け好発進


■最新ニュース■ 

・連覇狙う錦織「勝てて嬉しい」
・元8位ティプ 第1シードと対戦へ
・新星17歳 ベルダスコ下す金星


■最新動画■ 

・次世代のテニス界を担うラオニチを特集
・錦織が自身初で大会初の3連覇達成
(2015年4月22日6時53分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!